Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

専属スタイリストさん来襲

雨上がりのブリスベンからこんにちは。

試験休みが終わったところなのについ遊んでしまった月曜日。

何かと言うと前からお願いしていたスタイリストさんが月曜しか空いてない!というので
我が家に来てもらいました。

スタイリストさんっていうか、お友達のCちゃんなのですが
前には化粧品のオンラインショップをやっていたり
ファッション関係で働いていたり
将来はファッションかデザイン関係のお店を持ちたい、と思ってたり、と
そんな子なので

「うちに来てどれが似合って、どれが似合わないか分別するの協力して!
お礼はいらない中から好きなの持って行っていいから」

とお願いしたら快くOKしてくれたのです。

さて、第三者に見てもらったわけですが
なるほど~と思わせられる選択が多かったです。

最近

「大人なんだからいつまでも派手な色着てたらダメだ!」

とワードローブを変えていたわけですが
どうやらその選択は間違っていたらしい。

基本的に色が白いので(でも日本にいる人よりははるかに黒いけど…)
暗い色を着ると顔色が悪く見える。
淡い色でピンクやオレンジ系を着た方がよい。

袖を通していないチャイナカラーのワンピースは
前のジッパー次第で色々なイメージにできるし
デニムなのでカジュアルにも
オフィスにも着ていけるし
スカーフ巻いたりしてもいいから絶対処分してはダメ。

もう少しやせていたときに買ったワンピースは
色はとってもよく似合うけど、きついのはやっぱりダメ。
どうしても着たいなら、2キロやせろ。

多少気に入らなくてもオフィスに着ていけるような服はとっておけ。
どうせオフィスなんだから、誰も見ていない。

というわけで復活したものもあれば
さようならすることになったものもあり。

まるで人生の縮図を見ているよう。

お手伝いしてくれたお礼はアラナ・ヒルのパンツ。
Cちゃんがお店で着られるかも、というので、これに合わせて他にも黒ものを選択してまとめて進呈。

正直アラナ・ヒルのパンツなら値段が高かったし
Ebayで売ってもよさそうかな、とも思ったし、
チャリティショップに出してもいいかな、とも思ったけれど
ヴィンテージ!と、業者さんにいいお値段で売られそう。
それなら毎日着てくれる人にもらっていただいた方がアラナも本望だろう!

遅くなったので泊ってもらったのですが
さっそくアラナのパンツと一緒に進呈した黒いカーディガンでお店に出るそうです。
活用してもらえるようで箪笥のこやしになっていたお洋服たちも喜んでいることでしょう。

スポンサーサイト

| オーストラリア | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/974-549ddb0a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT