Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヴァレンティノ展覧会へ

ご無沙汰してます。

一応元気です。
…試験すぐなんですけどやる気が出なくて出なくて困ってます。

気分転換のためにパリ以外ではブリスベンでしか開催されてないという
ヴァレンティノ展覧会へ行ってきました。
…逃避です。

本当は日曜に行ったのですが
会場の外まで行列ができていてそんなに待ってられない!ということで
自由な身をいいことに平日に行ってみました。

混んではいませんでしたがほどほどの人出で助かりました。

で、ヴァレンティノ展覧会だからひどい恰好もはばかられる、と思って
それなりにきちんとしたこじゃれた格好で行ったんですけどね。

中に入ったら

Tシャツに短パンにつっかけ
頭もボサボサ
年のころなら50歳くらいの おばさま が…。

いや服装は自由なんですけど
観覧客の90%が女性とはいえ
度の方もブリスベンとは思えないくらいきれい目ファッションだったのですね。

男性も女性のおつきで来場した方も多いようだけど
スーツをびしっと着こなしていたり
スマートカジュアルで決めていたり
と、素敵な殿方ばかりで
そんな中、その女性は非常に目立っていました。

そういう観客は置いておいて
肝心の感想。


…きれいだった~~~~~~~~(ため息)。

どのドレスも全部手縫いなんですよね。
ファスナーとかも本当にぜ~~~~~~んぶ手縫いで
プリーツや造花などもすべて手縫い。

背が高くてスタイルよかったら
一生に一度でいいので着てみたい!

と思わせるドレスがたくさんありました。

全体的に見て
気に入ったものはほとんどが60年代~70年代のものばかりでした。
普段の格好の延長上にあるといえばそうなのですが
60年代のきちんとした感と
70年代のヒッピーテイストが
プロのお針子さんの技術に裏打ちされて
デザインが引き立っていました。

でも、展覧会の最後にあった
ヴァレンティノの最後のコレクションのドレス。
ピンクで大きな花がついたものが
何より気に入ってしまい
しばらく前に佇んで観賞させていただきました。

その一方で、ハリウッド女優に提供したドレスもあったのですが
ジュリア・ロバーツが着用したこれは結構ゴージャスで
いかにもジュリア・ロバーツ!ってイメージが湧いたのですが
ジュリア・ロバーツ ヴァレンティノ

こちらのケイト・ブランシェット着用分は
ケイト・ブランシェット ヴァレンティノ

正直、舞台映えがする衣装なのでしょうか。
実物を見てもそんなにぱっとしませんでした。
誰かが着て、歩いていると違うのかもしれませんね。

お値段20ドルでめったに見られない美しいものがたっぷり見られるこの展覧会
11月半ばで終了です。
まだ足を運んでいらっしゃらない方はぜひ。

こちらのサイトから展覧会の内容が確認できます⇒Gallery of Modern Arts Valentino, Retrospective: Past/Present/Future

大人20㌦です。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/970-efc8eb28

PREV | PAGE-SELECT | NEXT