Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国際留学生協会による怪しい計画

明るいブリスベンからこんにちは。

またもやあやしいニュースを発見。

こちらです。

http://www.ifsa.jp/index.php?1010-top

大阪、京都、名古屋、新潟などで留学生のための外国人特区計画が進行中。
内容はサイトを参照していただくとして、

「通訳案内士の資格がないものも通訳できるようにする」

なるシステムが提案されています。

オーストラリアで通訳士という資格が国家資格なことはご存知でしょうか。
そして若い方はご存知ないでしょうが、かつて日本人が東南アジア経由でオーストラリアに入国。

人を疑わなかった日本人観光客は借り物のスーツケースに麻薬が仕込まれていることも知らず入国したため
入管で発覚、そのまま警察へ。

当然取り調べになったわけですが、その際通訳に当たった人間が無資格者だったため
適当な通訳をして不利な材料となり、かなりの間投獄されていた、という記憶があります。

そういう事態を防ぐためにも、通訳はきちんとした資格を持つ人しか
公的機関を通す場合には雇いません。

このシステムなしに留学生に対して通訳を行った際、
通訳の不手際による冤罪
または通訳の不手際だと主張しての冤罪裁判
もしくは通訳側がわざとミスリーディングして隠ぺいする

そんな事態も考えられなくもありません。

大体留学生にお金を与えて人材育成するのではなく
どうして

日本人の優れた学生、特に大学院生への補助
全体的な底上げ

といった方面に力を入れるべきでは。

日本が留学先として魅力的ではない、というのは
英語で勉強できない、という面はあるにせよ
ノーベル賞受賞者を出した大学もある現在

内容こそがモノを言う

そして内容を底上げし、卒業生に安定した就職先をあっせんすることに
力を入れることこそが国力UPにつながるのではないでしょうか。

安易に留学生を入れるより
日本人の奨学生に外国人並みの待遇を与える方が先決です。

外国人留学生に年間350万円にものぼる補助を与えていることはあまり知られていません。
その一方で、財政難を理由に日本人学生が進学をあきらめる。

何か間違っていないでしょうか。
なぜ日本人が我慢して
外国人を優遇しなくてはならないのでしょうか。

該当する県にお住まいの方々、またはお友達をお持ちの方は
自治体に抗議の声を挙げるか、または周知をお勧めください。

なんだか最近「愛国」っぽくて申し訳ありません。

でも外国でみる日本は、外国人の友人、知人からもおかしな方向に向かっている、と言われています。
皆さん日本へ旅行して、日本なんて…と思っていた方も2度、3度と足を運ぶほど
日本ファンになってくれています。
そうした日本がいつまでも続いてほしい、という一心です。

スポンサーサイト

| ニュース | 11:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/967-c58a1bfa

PREV | PAGE-SELECT | NEXT