Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

堕天使のパスポート - イギリスは 移民国家

オーストラリアは 多文化多言語国歌のために 各国語放送をしている局がある と 前に書きましたが 先日 この堕天使のパスポートが 放映されていたので また観る事に決定。

一度観てるけど 主演のオードリー・トトゥがすきなのと 監督のスティーブン・フリアーズが好きなので もう一回観てもいいや と。

さて 一度観てるので ストーリーに全然新鮮味はなかったので のんびり観てました。
するとまあ イギリスって もしかしたら オーストラリア以上に移民が それも 不法移民が多いかも。

主役のオクウェは ナイジェリアから 
オードリー演じる シェナイはトルコから 
ホテルのいやな支配人フリオは スペイン 
オクウェの死体置き場で働く友人は 中国 
セナイの働く縫製工場支配人は どうやら パキスタン 
などなど 不法/正規に関わらず あらゆる国の人がいるよう。

オーストラリアでこんなに 色々な人に会う場所はそれほどないかも。

そして 当然 英語の聞き取りにも苦労が。

コックニーのほうがよほどわかるぜ

などと 強がりを言いたくなるくらいでした。

そのうち慣れてきましたが 最初の10分間は辛かった。

映画の終わりは ちょっとカンのいい人なら予想できるかもしれませんが イギリスの闇を描くのと 不法移民のおかれた辛い立場 ただ よい生活を求めて なのに どうしてもいやなことに手を染めなくてはならない 弱い立場を 目の前に突きつけて ただ 不法だから というだけで 基本的人権も否定していいのか と 言うよう。勿論 映画に出てくる人たちだけのように 全員が真面目に頑張ってるとは 思わないし 犯罪に関わる人間も多いかもしれないけれど もしかしたら それだって 何かのっぴきならぬ事情があるのかもしれないし。

イギリスにしてみたら そんな悠長なこと言ってられないくらい 不法移民が多いので 取締まりや移民する条件をどんどん厳しくしているのだろう。オーストラリアも 確実に その道を歩んでいる。最近のイスラム教圏からの 移民に対する風当たりも その辺に根ざしている。

また 今問題になっている イスラム教の女性に対する抑圧 というのも ちょっと見える。多分 セナイはそれがいやで トルコを逃げ出したのだろう。

今 オーストラリアで話題になっている イスラム教指導者の
肌を露出した女性は 強姦されても仕方ない という 考えは 今でも根強く残っており 映画の中のシェナイも教えを守っているのに 周囲に翻弄されるハメになる。

日本で虐げられている女性も そこまで深刻じゃないけれど 同じような理由で「海外脱出」を夢見るのかもしれない とか ちょっと 考えました。

オードレイはフランス人ですが 監督のフリアーズ 実はフランス語を話せるのに 撮影中は一言もフランス語を使わずに 彼女に自国語を使えない不自由さを わざわざ味あわせたとか。根性ですね。

さて 邦題の 堕天使のパスポート というのは 多分 原題のDirty Pretty Things から 連想したのでしょう。ちょっとカワイイ女の子が悪いことをする とでも匂わせるタイトル。Pretty thingsには 誰かを喜ばせるようなこと という意味もあるので オクウェが医師ということで 不法に働くことを指して そうすることで誰かを喜ばせる 不法で得たもので誰かが喜ぶ という 意味もあるのかも。上手なタイトルだし ターゲットになる層である オードレイファンにもアピールしています。映画内で取り上げられたパスポートもきちんと出ているし 映画会社の人 お疲れ様でした。

イギリスの文化的に暗い面を知りたい人にも お勧めです。

後、先日試写会で Pan's Rabirynth という スペイン映画を観たのですが、その中に出てくるスペイン軍の将校さんに見覚えがあり、どこだろう? と 考えていたら この映画の支配人でした。
IMDBで検索すると ハリー見知らぬ友人のハリー だの ジェット・ラグだの 果ては ポルノグラフィックな関係(ひそかに名作) にも出ていました。結構有名らしいです。
この映画 オスカー有力と言われていますが 本当にそれくらいパワフルな映画でした。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| エイガ | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/93-2ac04df2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT