Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハッピー・フィート - アニメ版 不都合な真実?

今一番人気の映画 それが ハッピー・フィート
オーストラリアの監督による作品で ボンド映画を興行成績で破った!ということで ゴールデングローブが期待されておりました というくらいの ヒット作。
声の出演も 多くがオージー俳優で  両親ペンギン役のヒュー・ジャックマンとニコール・キッドマン始め ヒューゴ・ウィービング、アンソニー・ラパーニャ、マグダ・ズバンスキ。主役の イライジャ・ウッドはLOTRからみで オーストラリアも好きになったのかも。

軒並み批評は5つ星。

・・・でも

正直言って 

それ ちょっと点数甘すぎ・・・?

ゴメンナサイ!


確かに 映像はすごい。
ペンギンの羽毛のふわふわ感まで 再現。
ペンギンが海中を泳ぐシーンは圧巻。

CGって ここまで出来るようになったのねぇ・・・

と 感動しました。
CGアニメの草分け Toy Storyも凄かったけど もう 最近では技術の進歩に感動する限りです。

だけど 去年観た March of The Penguins にも 同じように 海中を 泳ぎ回るシーンがあったし 同じように海の生き物に襲われたりするシーンもあったし 生き物好きの人なら ドキュメンタリーで似たようなシーンを何度も見てるはず。
それに ペンギンの泳ぐのだって 本物を見たほうがよほど感動するってもんです。

ただ そういうものに 関心のない層に ペンギンの生態を教えたり 南極の状況を訴えるには よい手だと思いますが。

後半 話はシリアスになるのですが 多分あちこちで言われているように 環境保全を訴えるわけですが そのきっかけになるのが どうも弱い というか 結構あっさり 人間が環境を守る重要さに気づいちゃって 


そんな簡単にことが運ぶもんか?

と 年を取ったワタシは 思ってしまったのですよ。

だけど オーストラリアで暮らしていると こういう形で 普通の人々 特にこれからの世代を担う子どもたちに 自分たちが普通に受け止めていること ゴミのポイ捨てが 自分以外の地球の生き物たちに 深刻な影響を与えている ということを 教える必要があるな と 考えざるを得ないわけです。多分 アメリカとかも同じなのかもしれないけど。

初めてオーストラリアに来たとき ゴミの分別のいい加減さに呆然としたものです。

日本から来たワタシがそう思うんだから ノルウェイだのドイツから来た留学生たちは もう それは大変だった。

「どうして オーストラリアでは ごみの分別をしないわけ?」

日本人のワタシに くってかかられても困るんですが。

「リュックをしょって スーパーマーケットに行ったら 頼みもしないのに ポリ袋に品物を入れるのよ。
だから いらない!って いったら変な顔して ここに入れてクダサイ と リュックを開けたら 中をチェック始めて ビックリよ。
それで 『なんですか これ』とか 飲みかけの水のボトル 胡散臭そうに見るのよ 遅れてる!」

などなど エコバッグが普及していないことに憤慨されたものだ。

スーパーでエコバッグというか ポリ袋の代わりのバッグを使う という行為は 2001年ごろには 相当稀なことでした。
一応 スーパーにもエコバッグらしきものは 置いてあったものの くたくたの木綿で出来ていて 2~3回使って洗ったら すぐにぼろぼろになってしまって 再利用なぞできない代物。

次に 自然派食品などを売ってるお店で 同様にエコバッグを買ったら 今度は肩紐が長すぎる(そりゃ 日本人が背が低いから というのは 置いといて)。
結んで調節すると 異常に貧乏くさい。

というわけで なかなか 「環境に配慮した」 生活を送ることが不可能だったオーストラリアだが 最近 不織布でできたエコバッグが大流行り。
あざとい緑色がいやらしい代物であるが その メッセージ性(ワタシ、環境に気を使ってます!)と 何度使ってもくたっとしない 耐久性が人気が出たのだろう すっかり定着したようで このバッグを8個くらい持って買い物している人をよく見るようになった。
いいことです、うん。

しかし 弊害もあって 元々


オシャレ


などという言葉には ちと疎い オーストラリア女性。
いえ 最近は本当にオシャレになりました。
ステキなドレスに ハイヒールとか よく見かけます。
前みたいに キャミソールやTシャツと 短パンに ビーチサンダルを 制服のように着てた時代からは はるかに進化したことは確か。
そして スーツに アウトドア用のリュックしょってることも 稀になりました。
ステキなスーツには ステキなバッグ。ヴィトンだの、オロトン(オーストラリアの有名ブランド。ちとグッチっぽい)もってる人もいます。

なのに この エコバッグを サブバッグとして 堂々と持っているのはどーなんですか。
余計なお世話だろうけど それはやめたほうが・・・。
 
話はすっかりずれていますが 主人公のMumbleくん 訳したら 「もごもご」ちゃんなわけで・・・。
皇帝ペンギンは 「心の歌」を連れ合いを見つけるために 歌えないとダメなのに オンチだ ということなんでしょうが ちょっとひどくない?と。
そんな名前付けるから オンチになっちゃうんだよ!と 周りが グロリアだの メンフィスだの まっとうな名前なだけに気の毒になりました。
どうせなら 足パタパタちゃん とか つけてあげれば より ハッピーフィートになるのに・・・。

そして 怖いことに Mumbleくん 主役だとはっきりさせるためなんでしょうが 頭が成長してなくて 雛のまま。

それが 皇帝ペンギンの体についてるわけで。

正直言って 



怖かった


です。

とりあえず 環境問題に子供に関心を持たせるには 最高の映画なので 学校などで環境教育の一環として見せることを希望します。

サントラは とてもいいので それだけでも観る価値はあると思いますよ。


人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| エイガ | 21:42 | comments:10 | trackbacks:6 | TOP↑

ハッピーフィートのぬいぐるみだとかクリスマスの時結構出てましたね。顔がもっと可愛いと良かったのにと個人的には思うんですが、あれはあの顔だからいいんでしょうか。

綺麗な格好にエコバック、ありがちですね。それにビーサン履いてたらオージーとして100点満点!

| Key | 2007/01/18 19:47 | URL |

Keyさんへ

>顔がもっと可愛いと良かったのにと個人的には思うんですが、あれはあの顔だからいいんでしょうか。

いいえ、私には本当に本当に怖かったです。

ま、他のペンギンと差別化するためなんでしょうし 最後のほうでそれに意味がついてくるので いいんですが・・・。

Carsとどっちが優れているか という 論争が SMHサイトでされていて 面白いですね~。ご覧になりました?

ビーサン、オージーには欠かせません。あれは・・・高そうなドレスでもあれは・・・日本人としては・・・ううん・・・。

| プリシラ | 2007/01/18 21:20 | URL |

そうですか、他のペンギンと差別化していることに最後の方で意味を持ってくるんですね、それなら納得ですが、怖いのは容易に想像がつきますw。

Carsとの比較の論争ですが見てません。前にSMHのサイト教えていただいたので見てきます。が、おもちゃ売り場ではCarsの方が優勢です。個人的にはあまりCarsには興味ないです。

| Key | 2007/01/20 11:08 | URL |

Keyさんへ

それがないと ただのペンギンで 他と全く見分けつかないし。どうせなら 全身白いペンギンとかで 差別されちゃうとか♪ ジャングル大帝ですね。

Carsの方が オモチャ的には楽しいですよ!車だし。映画としては 古きよきアメリカの さびれたコミュニティが蘇る というのと 高慢だった主人公が 仲間の大事さを 思い知る という点で 受けたんだと 思うんですが じゃータラデガ・ナイトは・・・って まだ 言ってる!

| プリシラ | 2007/01/20 18:53 | URL |

"Mr. Mumble"って

 隣のGloriaちゃんが、殻をかぶってもごもご言ってる彼に"Hey! Come back here, Mr. Mumble."って呼びかけて、それが名前になったんだよね。
 顔がいつまでも幼かったり、歩き方がヘンなのは、卵を地面に落としちゃったからじゃないかと、気に病んだ父ちゃんが自閉症になっちゃったりしてるんで、それなりに説明つくかなと。
 それからこの物語、環境問題というよりは、(ペンギン的)SFファンタジー・アドベンチャーだと思うんですよ。「2001:A Space Odyssey」の決めゼリフをぽろっと出してみたり(しかもD.Rainのマネ声で)、ラストなんか、まんま「未知との遭遇」だし(笑)、ほかにもネタが散らばってるし。そう見ていくと、また別の面白さがあったりします。
 日本では来月公開なので、ネタバレはこの辺にしときますね(私はUSA版で観たので)。息子(音痴の)を連れて吹き替え版を観に行きます。
 ※検索でやって来て、この記事だけ読んでコメントしてしまいました。失礼の段はご容赦を。

| いわひばり | 2007/02/21 09:00 | URL |

いわひばりさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

おっしゃる通りなんですが でも そ憂いう風に 映画のまんまを観るだけではなくて その後ろにあるもの 製作者がこっそり伝えたいものを 考えたいな というのが コンセプトですので ご容赦を!

ハッピー・フィートなので どうせ違う点を出すなら 「足バタ」ちゃんとか どうでしょうね??? その方が タイトルともつながってていいと 思うんですが・・・。

未知との遭遇とかSFネタは 結構あちこちで 指摘されていますよね♪ やっぱり皆好きなのね・・・と 思うけど 物体Xとかのパロもして欲しいです わかりやすいものばっかりじゃなくって☆

息子さんも この映画ご覧になったら 踊りだしちゃうかもしれませんね~。

| プリシラ | 2007/02/23 12:28 | URL |

歌えない・踊れない

 どうも、突然お邪魔して、場違いなこと書いちゃったかなと思って気になってました。ごめんなさいね。うちの息子は音痴な上にリズム感もないんで、たぶんペンギン界では生きていけんでしょう(笑)。それでは失礼いたします。

| いわひばり | 2007/02/23 23:04 | URL |

いわひばりさんへ

こちらこそ お気遣いいただきまして 申し訳ございません!どうぞ お気になさらずに・・・。

音痴でリズム感なし だと 「ミュージシャンになる!」と 言いだして 毎日大音響で ギターの練習なんぞをすることがなくて そういう意味ではいいかもしれませんね♪

| プリシラ | 2007/02/24 22:02 | URL |

こんばんは!プリシラさん♪
コメントありがとうございました!

因みにワタシも満点出しちゃいました(^^;
ペンギン目線で観てたので、ラストは一緒に踊りたくなりましたよ~☆

日本ではチラシの隅まで見たって、それらしいことが書いてなかったんで、観てビックリだったんですが
先入観があるのとナイのとじゃ観た時の印象が違うのかも知れないですね。
音楽もとっても楽しめましたヨ~♪

| 小紅 | 2007/03/07 19:46 | URL | ≫ EDIT

小紅さんへ

こんにちは、小紅さん!
こちらこそコメント&TBありがとうございます!

何も知らないって 先入観なしって いいですよね~。
こちらなんてもう 本当に全て丸わかりでした。
ネタバレとか そんなに気にしてないし 映画評とかも 平気でネタ出してたりします。
で オーストラリア映画だったもんで もう・・・。
一個見たら 全部わかってしまったんですよ~~~~!

でも 環境保全は大事なことだし 子供たちにそれを教えよう!という姿勢は とても好感が持てました。
こうやって 楽しい形で教えていってくれるのって いいですよね♪

これからも どうぞよろしくお願いします!

| プリシラ | 2007/03/07 21:08 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/91-22e8cd16

ハッピー フィート

全米でこの冬No.1の大ヒットとなり、第79回アカデミー賞のアニメ部門にもノミ...

| 燃える!! ショッピング@アマゾン | 2007/02/21 16:23 |

ハッピー フィート

ハッピー フィート  2/28(水)@一ツ橋ホール(試写会)監督?:?ジョージ・ミラー 声の出演?:?イライジャ・ウッド?、?ヒュー・ジャックマン?、?ニコール・キッドマン?、??ロビン・ウィリアムス?他配給:ワーナー・ブラザースチラシやポスターを見

| シュフのきまぐれシネマ | 2007/03/07 18:47 |

ブランドを考える

制服の意義・機能制服を設けるもっとも重要な目的は、組織内部の人間と組織外部の人間、組織内の序列・職能・所属などを明確に区別できるようにすることである。また、同じ制服を着ている者同士の連帯感を強めたり、自尊心や規律あるいは忠誠心を高める効果が期待される場合

| ブランドを考える | 2007/03/08 06:07 |

ハッピー フィート HAPPY FEET

歌あり、踊りあり、メッセージありの踊るペンギン・ムービー。2007年アカデミー賞 長編アニメーション賞受賞作品。皇帝ペンギンの棲む、南極のどこかの場所。ペンギンの習性として、母ペンギンは魚を探して海へ、父ペンギンは陸で卵を長い間温める。そして生まれた子ペ

| シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー | 2007/03/14 19:34 |

ハッピーフィート(先行上映)

【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 泳ぐぜ!歌うぜ!タップだぜ! 

| カリスマ映画論 | 2007/03/15 08:42 |

「ハッピーフィート」 か~わ~い~い~~

「ドリームガールズ」に続いて同じ日に観賞しました「ハッピーフィート」です。 今日

| はらやんの映画徒然草 | 2007/03/20 06:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT