Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Refrockなるイベントに行ってみた

一転快晴のブリスベンからこんにちは。

忙しくしてた先週から今週の中でめぼしいことといえば
このイベント、Refrock

要はファッション専門のフリマ

以前参加したスワップとは違って今回はリサイクルでの販売専門で
前回は都合が悪く(テスト直前だった)参加できなかったので
今回は1か月前から友人に声をかけてやる気まんまん。





しかしどんなものがあるのかわからない。
サイトを見てもブランド名が列挙されているけどはてどんな感じ?

当日はあいにくの雨降りでしたが
お友達が車を出してくれたので助かりました。
日曜なので路註もOKだったためすぐそばに停車して
入場料の5ドルを片手に入口へ。
開場して15分ですが結構人が来てました。
当然といっていいことに全員女性。

入場して中に入ると体育館みたいなところにだだーっとテーブルが並んでいて
インドアマーケットみたいになってました。
お天気のせいか、結構人は少なめでした。
結構大人数を予想してたので拍子抜け。

全部で出店数は40くらいでしょうか。
素人さんで余ったお洋服やもう使わないアクセサリーを売っている人もいれば
プロの古着屋さんもいたりして。

きちんとしたブランドのものを販売しているのは素人さんに多く
なんだこれー、みたいなものを売っているのはプロの人が多い。

素人さんは値段が安く、プロの人はお値段高め。

しかしプロの人の場合手入れやコンディションがよかったけど
素人さんの場合、悪いところでは

「洗濯してないんじゃないの、これ…」

みたいな匂いがするものも正直言ってありました。

そして会場内にはやたらと背の高い女性が。
元々オージー女性は背が高いのですが
そんなものではなく多分180センチは超えている。
もしかして元はモデル?みたいな美形の人がたくさんいました。
頭も小さいし背も高いし手足も長いし、ただただ羨ましい。

あと、若い女の子が開いてるところは、やっぱりかわいらしいものが多くて
ああ後10歳若かったら買うんだけど、みたいな気持になる一方
妙齢の奥様といった方が開いているところは
センスとサイズが今一つ微妙。
細身の人は若い女性が多いので
やたらと露出が高く
妙齢の女性になるとこれまた資産は見せてなんぼ、のため
やたらと露出が高い。
どっちも露出が高いのです。

なので貧相な日本人にとってはちょっとな~みたいなものが多かった。

来場してる人はやっぱりファッション好き!って感じの女性が多く
細身の若い女の子がわんさか。
いるとこにはいるのね~。

私の買ったお店は細身のお姉さんがやっていたのですが
そこからたくさん持ってきてた女の子、ブロンドで細身で何を着ても
よく似合う!隣で見てて「似合いますね」って言ったら嬉しそうにしてました。
この女の子にいいな、って思ってたものをほとんど買われてしまいましたが
私が着るより似合ってたので、それでよかったな、と正直に思います。

そしてなによりびっくりしたのが
あるブランドものばかりを販売してるお店ですが
見るとマックス・マーラとか、バリーとか高級なものが多く
サイズがあえばね~みたいに見ていたところ
お友達が
「ちょっとこのパンツステキじゃない?」
と差し出してきました。

黒に白のストライプで結構地味だけど何にでも合いそうですね~

と言いつつ何気なくサイズを見ようとすると、
なんとそこには

「Lifeline 9.50」

の表示。

そう、チャリティーショップで売られていたものを販売しているのです。

それは結局チャリティーショップにとっては収入になるからいいのですが
問題はそのお店がつけていた売値。

なんと、40ドル。

…4倍かい。

それを見てすっかりそこでは買う気が失せてしまいました。
奥様は多少気に入ったものもあったようですが
「これはだましよね、私いらないわ」
とバッサリ。

この一緒に行ったお友達はお金持ちの奥様なのですが
一緒に行って正解。

何点か選んで試着したところを見てもらったら
きちんと良い悪いを言ってくれるうえに
なんと値引き交渉までしてくれるじゃないですか。
私なら足元見られて駄目、って来そうなのが
さすがオージー奥様、貫録のせいか値引きOK。

結局私は4点も購入する羽目に。
それでも最初は10点手に持っていたので
ずいぶんふるい落としました。

で、何を買ったかというと。

merino cardi

メリノウール100%のカシュクール・カーディガン。
最近は高くてもアクリル混紡だったりするのでお買い得。
ちょっと丈が短いのですが、羽織るのには丁度いいかも。
お値段は$10⇒$8。

ダイアナトップ

ダイアナ・フェラーリのシースルートップ。
一体いつ着るのかわかりませんが、こういうの好きなので…。
$10⇒$9

同じお店から買ったのがこちら。
ダイアナワンピ1

ダイアナワンピ2

会社勤めてないのですが、サイズがぴったりだったので、つい。
胸元のタックが平たい胸を、後ろのマーメイドが太い足をごまかしてくれる優れモノです(爆)
$15(こちらは値引きしてもらえませんでした)

コートドレス

最後に何気なく見たお店で発見したのがこちら。
ウールではないのですがツイードの感じが好き。
最初は$30が$20に下げられていましたが、
シミがついてたのを発見したので最終的に$15にしてもらえました。

うちに帰って強力シミ取り剤で何度か洗ったら目立たなくなり、
コートにしてもよし、ワンピにしてもよし。

しかしこうやって見ると地味な色ばかり。
秋なのね~。

この他にもスカートやバッグなど欲しいものがたくさんありましたが
初回ということでこれくらいにとどめておきました。
大体クローゼットぎゅうぎゅうだし。

新しいものを買うのも嬉しいけど
中古品を買うことで資源の無駄も防げるし
売り手も不用品を整理でき
買い手もいいものを安く手に入れられて
皆幸せになるこのイベント
結構楽しかったので次回も参加しようと思ってます。
できたらお店も出したいもんです。
参加したい方いないかなぁ。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 19:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

ものが溢れ有り余っているこの世の中に新しい洋服をまた生産しても結局タンスの肥やしやWarehouseで眠るだけになるんですよね。

こんなSwapはとってもりエコでいいと思います!NZでもあるんですがまだいったことありません。

いつきるか分からないけどその服が好きで買っちゃうって言う気持ちわかります~。私も同じです。あとオジーも同じだと思いますが、サイズがアジア人の私たちにとって大きすぎるので、「サイズがピッタリ」という理由で買っちゃったりすることもあります。次いつこんな機会が来るか分からないから一応・・・と、お洋服は増えていきます。う~ん。

| Summer | 2010/04/28 21:39 | URL | ≫ EDIT

Summerさんへ

お返事遅くなり申し訳ありませんです。

タンスのこやし、耳が痛い~~~~!
Swap、ぜひ参加なさってください。
結構面白いですよ。
自分なら買わないけど、みたいなものが出ていたりします。

サイズ問題は切実ですよね。
それでもオーストラリアはラテン系やアジア系の小柄な人がいるようなので
小さいサイズもないこともないのですが
NZはイギリス系白人が多そうなのでSummerさん、御苦労されているのでしょうね。
日本へご帰国の際に買いこんできてください。
そして不要なものはスワップへ笑

| プリシラ | 2010/05/04 09:37 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/909-3cd132b0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT