Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語ニットパターンに四苦八苦

曇り空のブリスベンからこんにちは。

今日は映画観に行こう!と思っていたのですがあいにくのお天気で外出する気になれず
仕方なく朝から教科書を読んでます。

読んでますが頭にはいっこうに入っておらず
つい気晴らしにニットパターンを検索している始末。
手に負えない…。

で、先日アップした斜め編みのパターンなど
結構気に入っているものを発見しても海外の英文パターンって本当にわかりづらい。

日本の編み図は機械編みが基本なのでああいう風に図解してくれてわかりやすいのに
慣れてしまっているので、誰かさんが傍で教えてくれてるみたいな英文パターン

たとえば

「ここは表編みして、次が裏目、でここで3目一度」

なんて書いてあっても実際にどうやるか図解がないと皆目見当がつかないこともしょっちゅうです。
どうしてそうするのか理由がわかればなんとかわかりそうな時もありますが
それでも日本の編み図って本当に便利、と思ってしまいます。

さて斜め編みのパターンでひっかかったのがこの箇所でした。

p2tog through back loops

Pがpurl、つまり裏目
tog が toghther 一緒

裏目で二目一度までは解読できましたが
バックループ??? 
2目の裏からってどういうこと???

いくら考えてもわからないし
調べても調べても出てこないし。

困っていたところでやってみたのが画像検索。

そしたら発見できました。
p2tog through back loops
そうか!そういうことか!

これで少しは英文パターンの解析ができるようになるかも。
やる気が出ました(あれ勉強は???)
スポンサーサイト

| 編みもの | 08:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/16 20:29 | |

http://knitstreet.blogspot.com/
すいません(笑)、典型的ですね、これが彼女の編み物ブログリンクです。つけ忘れちゃいました。

| Summer | 2010/04/16 20:30 | URL | ≫ EDIT

Summerさんへ

NZからなんてありがとうございます。
ご紹介いただいたサイトも拝見させていただきましたが
手つむぎだなんてすごすぎる。
楽しみに訪問させていただくことにします。
ご紹介、ありがとうございます!

| プリシラ | 2010/04/22 20:13 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/906-f4017862

PREV | PAGE-SELECT | NEXT