Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア=レッドネック?

くもり空のブリスベンからこんにちは。


ロビン・ウィリアムズがコメディアンだったのははるか遠い昔の話。
今ではファミリー向け映画に出ているけどなんとなくぱっとしない、という印象しかありません。

そんなロビンがオーストラリアを訪問した感想をデビッド・レターマンに問われて

「いやぁイギリスのレッドネックだね。
ダーウィンがオーストラリアに上陸してたら「間違った!」って思ったに違いないよ」

と述べたそうで。

それを聞いた現オーストラリア首相ケビン・ラッド怒った怒った。
kevin rudd


で、メルボルンのラジオでこんな発言をしてしまった。

「レッドネックっていうならまずアラバマ行けばいいだろうに」

…これ、まずくないですか???

と思ったらアラバマ知事が

「ラッド首相がかつてアラバマに来たことがあるかどうかはわかりませんが
もしいらしたことがあるならアラバマ州民は真面目でよく働く、クリエイティビティーのある人たちだと
わかっていると思いますよ。
だからオーストラルといったオーストラリアの大手企業がアラバマ進出を決めているのです」

とまっとうなコメントを出していました。

確かに最初の報道ではレッドネックあたりしか出ていませんでしたが、
ロビンはこうも言っています。

「「俺の説は間違ってた!」って思ったに決まってるよ。
オーストラリアの動物を見たら、最後の日に天国にオープン・バーが開いてたってわかるよ」

本当にダーウィンの進化論が間違ってた、と思うくらい
不思議な動物がたくさん、って言いたいがために
レッドネックなんて出してきたのかも、と思わされます。

まあ、元々よい意味の言葉ではないのですから
公開前からミソつけちゃいましたね、ハッピー・フィート。

ロビン・ウィリアムズ昔はよかったんですけど。
「ガープの世界」とか「今を生きる」とか「フィッシャー・キング」とか
いい作品に出てたのに。
なんかファミリー路線ではぱっとしなくなったから
毒舌路線に戻ろう、って思ったんでしょうか。

どっちにしても成功してないような…。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/897-dfa76226

PREV | PAGE-SELECT | NEXT