Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】ファッションが教えてくれること

秋の近付きつつあるブリスベンからこんにちは。

飛行機で観た映画その4がこれ。

「ファッションが教えてくれること」で。


実はドキュメンタリー好きなのでこの映画もわりかし楽しく鑑賞しました。




ファッション好きな方にはこたえられないかと思いますが
主人公、「プラダを着た悪魔」のモデルになったというVogue編集長よりも
その長年の友人というかパートナー役の女性にロックオンされちゃいました。
この人の撮った写真の数々が本当~~~~~~にきれい!
Vogueってめったに読まないのですが
これは売れるのよくわかる!というくらいきれい。

オーストラリアとは多分写真家も違うので仕方ないのですが
これはいわゆるテーブルに置いておいてインテリアにするのも当然!と言ったところです。

主役のアナ・ウィンターの毅然たるビジネス・パーソンぶりと
ヴォーグ誌クリエイティブ・ディレクターである
グレイス・コディントンのアーティスト魂のぶつかりあいが見もの。

アナのデザイナーへの影響や大物ぶり
セレブを表紙にするためのおだてっぷりと
フォトシュートの後の駄目だしぶり。
そういう裏事情ももちろん面白いのですが
今では年を重ねて魔女っぽくなってしまったグレイス
実はイギリスはウェールズ出身でかつてはモデルをしていたものの
事故に遭いやむなくモデル業を廃業。
優れた写真のアイディアを見るだけで

「こんなアイディアもあるんだ!」

と目を開かされること請け合いです。

パリの退廃的な写真シリーズがセレブ写真に負けてどんどん減って行くときの
グレースの悲しげな表情。
結局どれもこれもだめ、で最終的にグレースのアイディア一発で撮った
裏方さんとモデルのコラボ写真がいきいきとして
それまでに会心の写真をアナに落とされまくった
(しかもシエナ・ミラーなんだから…いやだよなぁ)せいもあって
グレース的には「どうだ!!!!」みたいなところ。
観てるこちらもすかっとしました。

こうしたアーティスト気質の人とお友達になりたいもんです。
なんかいい刺激が受けられそう…。

しかし「ファッションが教えてくれること」ってなんだろう。
すんごいお金が渦巻くビジネスなんですよ!ってことなのかなぁ。

スポンサーサイト

| エイガ | 20:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

「スーパーモデル」という本(戦前の話からはじまる歴史本のような暴露本のような文庫本)を読んだとき、そのなかにあった写真のいくつか(Vogueのドビマと象etc)が、まさにアートという感じで強烈な印象として残っていまして、この作品、面白そうと思ってしまいました。

飛行機でいろいろ面白い映画があってラッキーでしたね。
私は行きはみたいのがひとつもなくて
帰りはシャーロックホームズや2010を見ました。

| Happy Gilmore | 2010/04/07 13:51 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

> 「スーパーモデル」という本(戦前の話からはじまる歴史本のような暴露本のような文庫本)を読んだとき、そのなかにあった写真のいくつか(Vogueのドビマと象etc)が、まさにアートという感じで強烈な印象として残っていまして、この作品、面白そうと思ってしまいました。

私もその本買ったと思います。親近感~。
>
> 帰りはシャーロックホームズや2010を見ました。

JALを利用したのですがとにかくたくさん映画の種類がたくさんありました。
帰国は夜だったのですが、本数はやはりたくさんでしたが
既に観たものばかりだったのと夜中なので2本だけになりました。

| プリシラ | 2010/04/08 09:43 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/890-3847c252

PREV | PAGE-SELECT | NEXT