Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】サロゲート

うすぼんやりした天気のブリスベンからこんにちは。

飛行機で観た映画その3
それがこの「サロゲート」

軽妙洒脱な話術の使い手だったのが
いつの間にやらアクション俳優になっていたブルース・ウィリスが主演です。

サロゲート

この監督の前作「アイ、ロボット」と同様に
扱っている題材はなかなかに興味深いけど
仕上がりは軽めの娯楽作になっているという。

色々考えると怖くなるけれど娯楽仕立てなので考えずに観てしまえますが
よくよく考えると人類の今後を示唆するような不思議な作品です。
志が高いんだか低いんだか。


アバターもそうなのですがテクノロジーの進化と安全対策があいまって
仮の体にコネクトしてすべてを代用させてしまう。
中身は自分なので全部自分でやっていることには代わりなし。
感覚すべてが同じ。

アバターの場合は作戦の一部ですが
サロゲートは日常生活になってしまっている。
いわば携帯電話依存症が公認された形とでもいうか
常時世界と接続されているというか。
攻殻機動隊みたい。

この現象の裏にある思想は
精神さえ健全ならば形態が違えどそれこそが自分
ということなのでしょうが
実際のところ肉体が精神に及ぼす影響というのも否定できないほど大きく
それゆえ美容整形なんかがはやっているのでしょう。

なので自分の姿形に自信がない人は危険かつメンテが必要な美容整形に頼らずとも
美しい姿を手に入れられるので精神衛生上すこぶるよいし
外出が困難な障害を抱えた人やお年寄りも自由に出歩けるため
社会的にも平等公平さが進む、バンザイな社会になる
はずなのですが、しかしそれが果たして

「本当の自分」

なのか、と考えると、

本当の自分とは一体なんなのか、
精神なのか
肉体も含めてなのか
肉体が含まれるならアバターやサロゲートも自分の延長なのだから
それも自分なのだろうか
では精神はひとつしかないのに肉体が二つあるということがあってもいいのか
それがOKならばクローンはだめだろうか
クローンに自分の精神や記憶を移植して自分のスペアを作ってはだめなのだろうか
そしてそれが許されたら形も中身も変わらないもののうち
どれが「本当」の自分なのだろうか

と頭が痛い事態になってしまいます。

そして誰もが若く美しい肉体を手に入れられるという
一見するとユートピアな事態も
現実の自分は老いていってしまうのをとめることはできず
その現実が受け入れられず、目を向けたくないから
かえって自らの殻に引きこもってしまう
という危険性も示唆されていて興味深かったです。

だけど映画を観終わった後なにより考えさせられたのは

「ブルースのハゲはNGなのか」

でした。

監督側がそうしたのかブルースがそう希望したかは不明ですが
ブルースはかっこいいハゲグループに私の中では入っているので
いつまでもカツラなどかぶらず、堂々とハゲらかしていてほしい!
心からそう思っております。
スポンサーサイト

| エイガ | 19:45 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

はじめまして

突然おじゃまします。はじめまして。日本に住む早太郎(女子)と言います。偶然プリシラさんのブログを見つけたのは2007年(そのいきさつはちょっと笑えるかもしれません)。それ以来、ちょこちょこ読ませていただいています。特に映画評はいつも素晴らしく、いつかコメントさせていただこうと思っていました。ブルースのはげ、NGなんですね。サロゲートは少し前まで劇場公開していたのでDVDになったら是非見てみようと思います。では、これからも楽しみにしています。

| 早太郎 | 2010/03/19 15:55 | URL |

早太郎さんへ

はじめまして。
コメントどうもありがとうございます。

どうして発見されたのか興味があります!よかったらこっそりでもいいので教えてください。
映画評もおほめいただきありがとうございます。こんなんでよかったら読んでやってください。

ブルースのハゲですが、エド・ハリスと並びいけてるハゲと思います。
マルコビッチも味があるし、ショーン・コネリーなんてとっても素敵。
刑事ニコラスも早くカミングアウトしたらいいと心の底から思います。破産しちゃったらしいし、心機一転ハゲで売り出すことをお勧めしたい。
でもアメリカン的にはハゲはだめなんでしょうか。ひどすぎる。

つい熱くハゲについて語ってしまいましたが、これからもどうぞよろしくお願いします。

| プリシラ | 2010/03/19 19:43 | URL |

お返事ありがとうございます!

プリシラさんと直接お話(?)できる日が来るなんて!感激です。
「こっそりでもいいので・・」なんて大丈夫です、こっそりしなくても(笑)

2007年の11月にオーストラリアに旅行に行ったんです。11月と言えばそちらは春~夏の季節ですよね。それで、現地の人たちはいったい普段どんな服装をしているんだろう・・?流行は・・?と、「オーストラリア ファッション 写真」みたいなキーワードで検索したところ、たくさんある中から、以前プリシラさんがそちらで(一般人の)ファッションチェックをした時のエントリー(写真たくさん!)が引っかかってきたと言うわけです。
そのほかの検索結果はほぼ全てがファッションショーやモード系の記事ばかりで、結局参考にさせていただいたのはプリシラさんのブログだけでした。おかげさまで当初の予定より2ランクくらいカジュアルダウンした洋服を詰めて行きました(笑)

帰国後、お気に入りに入れてあったこちらのブログをちょこちょこと読み出したら、まあなんておもしろい!文章がお上手でよく笑っています。ちなみに私も猫を飼っています!

映画「暴走特急」、先日テレビでやっていたので見ました。こちらの映画評そのままでけっこう楽しめました。スペインのノリエガさん、好きなんです。
長くなってすいません。また、いずれコメントさせていただきます。

| 早太郎 | 2010/03/19 21:47 | URL |

早太郎さんへ

>(一般人の)ファッションチェックをした時のエントリー(写真たくさん!)が引っかかってきたと言うわけです。

なるほど!あったあった、そういうの書きました。
写真盗み撮りとかしました!

>当初の予定より2ランクくらいカジュアルダウンした洋服を詰めて行きました(笑)
>
今も皆さんカジュアル度は変わりません(爆)
一応おしゃれな服も置いてあって、パーティーとかもあるのですが
あいにくそういう席には出ない(出られない)ので縁もありません。
書いてて悲しくなってきました…。

>ちなみに私も猫を飼っています!
>
猫仲間としてもよろしくお願いします。どんな猫さんでしょうか?

> 映画「暴走特急」、先日テレビでやっていたので見ました。こちらの映画評そのままでけっこう楽しめました。スペインのノリエガさん、好きなんです。

ノリエガさんもあれですが、スペインは結構顔面偏差値の高い人が多くて
嬉しいです。でも日本と違ってスペイン映画ってあんまり上映されないんですよ…。

またよろしかったらコメントください。よろしくお願いします。

| プリシラ | 2010/03/20 23:17 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/885-f399dc2b

「サロゲート」

わりと好き。

| 或る日の出来事 | 2012/01/29 21:50 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT