Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホリディ - 30過ぎの女性への 応援歌

お正月なので 楽しい映画を観たい!

というわけで The Holiday を チョイス。

何せ 大好きなキャメロン・ディアスに ケイト・ウィンスレット ジュード・ロウという 豪華な顔揃え。お正月のお年玉?

さて 内容ですが。

よくある恋愛もの。 
女性向けの 気持ちよくなる映画
プラダを着た悪魔のような 社会人としての心構えや メンターがいるといないかの違い なんぞという 男性も楽しめる側面などなし!
いや もしかしたら ジャック・ブラックのキャラに多少男性は共感できるか?
でも 相当お金持ちの役だったからなー。現実味 薄し。

こちらの映画評では 今までのロマコメの焼き直し!
どの道 二人の女性が 新しい恋を見つけるのは わかりきってて つまらない!

と 散々な評価。

確かに 

「う~ん どっかで 観たシーンだ」

と 考えちゃうシーンは続出でしたが 似たシーン探すのもそれはそれで楽しい。

そして 女性陣のファッションも 見もの。

何せ キャメロン・ディアスの役柄は ハリウッドのエグゼキクティブなわけで 当然 着てる服もステキ。
だけど そのお高そうな服で ロンドン郊外のコテージに到着。 暖かいLA育ちの彼女、イギリスの家とかって 暖房が全然効いていないので 寝巻きのズボンの裾を 靴下の中に入れてるの すっごくリアル!

そこへ 登場する ジュード・ロウの 酔っ払いぶりも見事。

眼で勝負する ジャック・ブラックのいつもながらの 決め決めの目も 力が入りすぎてるくらい。

それと 最近の整形手術 大流行のハリウッドですが キャメロン ケイト 共に 整形、皺伸ばしなど全くしてないことが 画面を見てるとわかります。
皺できたって いいじゃない!
それが 当たり前!と叫ぶかのよう。
特にケイトは 最近の拒食症を促進するような風潮にも 問題提議をしているような人でもあり ふっくらボディが魅力的。

と ミーハーな見所満載、軽~い Feel-good 映画ではあるものに こっそり ひそかに メッセージが。

それは この映画を観ている ワーカホリックの女性たち。
仕事面では成功しているけれども 恋愛ではうまく行かず。

キャメロン・ディアス演じるアマンダは コントロールフリークで いつもカリカリ。とにかく いつでも 別れる覚悟でいっぱい。

対する ケイト・ウィンスレット演じる アイリスは 恋愛には臆病で どっちつかずの男と3年間 ウダウダやっている。

どちらのタイプも 近頃の30代女性には見られるパターン。

そして言う。

「あ~ どっかに いいオトコ いないかなぁ」

映画の中では失恋した二人は 男っ気抜きの生活しよう と 思い立って 反対にステキなオトコを捕まえる。

予定調和だよ というなかれ。

よく見れば この二人の男 一般的に言う いいオトコ ではない。

ジュード・ロウ演じるグレアムは いつでも携帯電話を手放さぬモテ男。そこには 大きな秘密あり。

ジャック・ブラック演じるMは 外見的に少々難があるせいか 「いい人」すぎて 彼女をキープできない。

普通なら 色々見てきて 目の肥えた30代女性が選ばないような 殿方二人。映画は そういう女性に 

「もしかしたら たいしたことない って 思っているオトコだって 違う相手から見たら 実は ものすごい いい男かもしれないよ。だから ちょっと 距離を置いて 見る目が厳しすぎないようにするのもいいかもよ」

と ちょっと忠告してるのかも。

「あ~ 周りにいい男いないわぁ」

と 言ってる皆様。

今まで 「この人ダメ」 と 減点していた 相手 今度は 加点性で 見てみてはいかがでしょう? もしかしたら 今まで気づいていなかっただけで 実はとっても いい人かもしれませんよ?

そして 人生うまくいかない、と お嘆きの方。

映画中で言う

「親友症候群」

に陥っていませんか?

恋愛に限らず 自分の人生 自分が主役。
それなら 失敗を恐れずに 頑張ってみようよ

と 背中を一押し してくれるような そんな映画でした。

英語的には ケイトの英語が 本当にきれいな イギリス英語で嬉しかった!聞き取りがしやすくて 助かりました。

人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| エイガ | 22:55 | comments:9 | trackbacks:8 | TOP↑

こ、これは

先日、映画話に出てきたお勧め映画かな。
いわゆるchick flick だと云うので、あたしゃこれはきっと典型的ラブストーリーか。と感じたのですが。
ジュードロウがかっこいいんだと云ってました。

なんとなくchick flick という言葉に偏見を感じてしまう。

| siorin | 2007/01/12 00:48 | URL | ≫ EDIT

siorinさんへ

>なんとなくchick flick という言葉に偏見を感じてしまう。

まあ、女の子がみるよーな 甘い映画 ってことなんで・・・野郎映画ってのもありますから!

ジュード・ロウは かっこいいけど 変なオンナとつきあっててやだなー と 思ってたけど 最近 いい映画に出てるし 自分がカコイイというのを 逆手に取ってるので 頭いいんだ、と。
ヒュー・グラントとか イギリス俳優は ナルシシズムを笑うゆとりがあるから 好きです!

| プリシラ | 2007/01/12 07:06 | URL |

こんばんわ!

たしかにありがちで、非常に分かりやすい物語ではあるけれど、それはそれで私は入り込みやすくて、とっても観やすかったと思いました。とっても素直に面白かったです♪

おっしゃるように・・・
ジュードの王子様みたいなステキっぷり!
泣き虫の酔っ払いは最高でした♪
ジャックの力みっぷり全開のアツイ視線(笑)。
ケイトのセクシーな健康体!
キャメロンの自然なキュートさ!

キャストが抜群で、物語も優しい・・・。
たまにこういうロマンティックコメディを観るのもいいなあ・・とつくづく思いました♪

| 睦月 | 2007/03/11 22:17 | URL |

睦月さんへ

素直で面白い映画を作ったら 批評家に叩かれ ひねった映画を作れば 難解と酷評され・・・ 映画って大変ですよね~。
やっぱり みてるのが一番?

キャストも 期待されるとおりの演技をしていて わかりやすすぎ!って 言われたらそれまでだけど 悪い人が一人もいない映画は 絶対必要ですよね。
心の清涼剤とでもいうか。
本当に たまにはこういうのも観ないといけませんよね!と 自戒。

| プリシラ | 2007/03/12 07:43 | URL |

カジノ

<a href="http://www.gamblegate-jp.com">カジノ</a> room heading for the front door He pauses at the door next to it the http://www.gamblegate-jp.com カジノ Professor Brown snatched the bottle from Martys hands He poured some Donaldson one of his friends stood next to him He looked at Martys .

| カジノ | 2007/03/26 05:46 | URL |

初めまして

コメントありがとうございました。
そうですね!素直で楽しい映画でした。
分かりやすいけれど、温かいテイストが感じられて、とても良かったと思います。
確かに、30代女性のワーキング・ウーマンは、男を見る目が肥えすぎてて、逆にチャンスを失っているのかもしれませんね・・・v-13

| とらねこ | 2007/04/03 00:47 | URL | ≫ EDIT

とらねこさんへ

コメントありがとうございます。

わかり易すぎ 当たり前すぎ!という 評もあったけれど Chick Flic に 他に何を期待する・・・とw

やっぱり 目が肥えてしまったら 一回リセット 自分で育てる!って いうのも 手かもしれませんよね!
せっかく肥えた目ですから 利用したいもんです。

| プリシラ | 2007/04/03 14:08 | URL |

楽しめましたよ~

散々な映画評とのことですが、ラブコメは焼き直しでOKじゃないですか。うるさいこと言わずに、楽しめればいいのですよねー。

ケイトが、振られた彼に、またもやダマされるのか! おいおい! と思って見てましたが、無事に切り抜けてよかったです。

| ボー・BJ・ジングルズ | 2008/02/27 02:15 | URL | ≫ EDIT

# ボー・BJ・ジングルズさま

そうですよね ラブコメは楽しめればよし 美男美女が出てて お茶目なことをしてくれたらなおよし ですよね。
あんまり こう わざとらしいのは ちょっと嫌なのですが この作品ではイヤミというか 

「オンナってこーゆーので いいんだよね」

みたいなのがなくって よかったですね。

ケイトって 昔は重い役しかやらなかったのに 最近はこういう ちょっと軽いのもできるようになって 先がますます楽しみですね。
とはいえ 朗読者は なんとなく ニコール・キッドマンの方が あってる感じがするんですが その辺を演技力でカバーするのも楽しみです。
私なら レイチェル・ワイズにオファーするかな。
ドイツ系ですし I want you とか やってますから。

| プリシラ | 2008/02/28 22:23 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/88-e994c892

ホリデイ(試写会)

【映画的カリスマ指数】★★★★☆ あたしを変える、運命のホリデイ 

| カリスマ映画論 | 2007/03/11 20:26 |

ホリデイ /the Holiday

大好きなキャメロン・ディアス、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック{/3hearts/}+ケイト・ウィンスレットが揃って『ハート・オブ・ウーマン』『恋愛適齢期』{/fuki_osusume/}の監督、ナンシー・マイヤーズが撮ると聞いてからずーっと楽しみにしてた作品{/kirakira/}yueがト

| 我想一個人映画美的女人blog | 2007/03/16 14:08 |

ホリデイ

《ホリデイ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE HOLIDAY

| Diarydiary! | 2007/03/25 18:49 |

ホリデイ

ナンシー・メイヤーズ監督の『恋愛適齢期』は大好きな作品なので、この映画をとっても楽しみにしていた~ちょっと熱があったんだけど、根性で公開日に劇場へ―【story】アイリス(ケイト・ウィンスレット)はロンドン郊外に住む新聞記者。アマンダ(キャメロン・ディアス)

| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2007/03/26 00:14 |

感想/ホリデイ(試写)

オレがラブロマンス好きなのを差し引いても、十分に楽しい『ホリデイ』3月24日公開。LA在住の会社経営者アマンダとロンドンの新聞記者アイリスはともに失恋。「ホームエクスチェンジ」のサイトを通じて知り合った2人は、意気投合して互いの家を交換する。期限はクリスマス休

| APRIL FOOLS | 2007/03/26 04:11 |

The Holiday(ホリディ)観ました☆

アメリカでは去年の12月8日から始まった「The Holiday 」クリスマスに観て来ました♪こ~んなにラブリーな映画を観たのは久しぶりですキュートで心温まるラブロマンス・コメディですそれもそのはず、監督は

| 映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記 | 2007/03/28 06:35 |

#48.ホリデイ

ラブコメって・・・やめられない。なんだかんだ言って、時々観たくなってしまうのは、こんな風に、女性心理が描かれていたり、自分を当てはめてしまったりして、ついつい主人公を応援しながら、見てしまうんだよね。しかも私、このナンシー・メイヤーズの、『ハート・オブ・

| レザボアCATs | 2007/04/02 23:55 |

「ホリデイ」

ケイト・ウィンスレット嬢が出ているので、映画館で観たいなと思いながら、機会を逃した作品。 上出来なラブコメだった。観客を楽しませると...

| 或る日の出来事 | 2008/02/27 00:05 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT