Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1粒で3度

暑さたけなわのブリスベンからこんにちは。

Triple Dさんと Gさまにお会いした後
バスで帰宅することにしました。

通常は電車なのですが 帰りにスーパーで猫のご飯を買っていきたかったから。

バス停で待っているとほどなくして スーパーのまん前で停まるバスが到着。
乗り込んだところ たぶんトンガとかあの辺り系の若い夫婦とその弟らしき一団が 何やらごたごたとやっており ベビーカーをたたまず乗せようとして怒られ 外でグダグダベビーカーをたたもうとする。
しかし 空の飲み物のペットボトルだの ごみだのも大量に積んでいるためなかなかたためず とうとう業を煮やしたのか放り出してバスに乗った。

ここまでおそらく5分以上。

バスの中は外の暑さもあってか イライラモードが高まっています。
いや 自分が一番イライラしたんですけどね
土曜日スーパーしまるの早いし。

でも これだけでは済まなかった。


その後バスは土曜日帰宅する人でぎゅうぎゅうで
急行だったのですが 3つ先のバス停まで混雑状態は引き続いておりました。

3つ先のバス停で大量に人がおり やっとゆとりができたところ
前のほうで年配の女性客と通路に立ったまま話しこんでいるアフリカ人の若い男性。
バスに乗りたい人はたくさんいるのに迷惑この上なし。
でも アフリカンでまだ慣れてないからかな? と 思ったのもつかの間。

手にはビールの大瓶。

かなり酔っぱらっている様子。

そして 

私の隣の席に座った。

そして もたれかかってくると 触ってくるじゃあないですか。

その様子を見た運転手さんが近づいてくるのと
他の乗客が おいおい みたいに寄ってくるのが同時。

「だ~いじょうぶだって~」

と酔っぱらいお決まりの発言をして立ちあがった男に 
運転手さん ビールを持ってるから乗せられない と 怒ると
通路をビールラッパ飲みして歩き 
戸口でバス停に向かってビール瓶を転がす。
周りの乗客はもう相当迷惑顔。

前に座ってる中国系のおじいさん やれやれ…と 言った風に首を最初から振りっぱなし。
しかし一番迷惑したのは たぶん他のアフリカ系の乗客たちだったことでしょう。

「いいから拾え!拾うんだ!」

と運転手さんが言っている。
拾わせてる間に発車してしまおう という計画と見た。
でも ヘラヘラと笑ってどかない男。
また余計なお世話なことに バス停でバスを待ってた男性がその瓶を拾ってごみ箱に捨ててしまった。

あのとき心のなかで

「余計なこと すんじゃなあああああああああああい!」

と怒鳴ったのは私だけじゃないはず。

どうやっても下ろすことができないので とうとう運転手さん
「しゃーない 座れ!」
と吐き捨てるようにいい置いて発車。

するとすぐに信号が赤になり 急停車。
そしたらば
後ろでふらふらしてたらしいかのアフリカ男 

ズドドドドドドーーー!

とものすごい勢いで顔面から着地。

2 3人の乗客が大丈夫?と心配するものの さきほど触られた私はもう無視。
倒れっぱなしなのは 酔っぱらっているせいか それともうちどころでも悪かったのだろうか。
バスを停められるところまで進めて 運転手さん アフリカンに近寄った。
アフリカン男が立ち上がると 頭を打ったようで血が一筋タラリ。

それをのぞいては大した怪我はしてないようで
酔っぱらいは怪我しないっていうのは本当かもしれません。

運転手さん 先ほどから助けの手を伸ばしてる乗客に

「あんたら友達?」

と聞くも どうも単に親切な人たちだけだったらしく 誰も知人ではなかった。

本人は

「タリラリラーン」

みたいに見事に酔っぱらいぶりを発揮して そのままバスを降りてどこかへあてもなく歩き去っていきました。

バスの運転手さん とりあえず報告だけして バスを発進させました。

ああ どっと疲れた スーパー間に合うかなーと 心配していると
いきなり左手に大きな交通事故発見。
ノロノロ運転となり 救急車が来てることから結構大きな事故だったようですが
被害者は気の毒だけど スーパーがしまってしまう と もう焦る焦る。

あともう2つバス停を行けばスーパー!

と手に汗を握っている私の目に飛び込んできたのは

それはそれは毛深い Plumber's crack。

脱力したことこの上なし。

Plumber's Crackって何?という方は こちらのリンクをクリックしていただけるとよいかと。

まあそんなこんなでスーパーに滑り込んだのは閉店5分前。
ローストビーフ用固まり肉1キロが半額になっていたので
猫と人間用に買えたので 終わりよければすべてよし ってことでした。

いやー盛りだくさんな一日でした。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

あの後大変だったんですねえ。
そういう状況ってほんとイライラしますよね。
それに暑かったから基本的にイライラ感が漂ってただろうし。
お疲れさまでした。


しかし、こういう素行を目にするとレイシズムの芽がずんずん育ってっちゃうんですよね。ほんとに一番迷惑なのは同じアフリカ系の人たちですよね。

| tripleD | 2009/11/25 08:17 | URL |

Triple Dさんへ

本当にあの日は暑かったしみんなもう家に帰りたいのに
(しかも遠距離バスなので)そんなことになったから
相当イライラしてたと思います。

本当にアフリカ系の真面目な人たちが気の毒です。
とはいえ 近所をお昼に歩いて目にするのは
ぶらぶらしている男性たち。
女性はどこに???
てか あんたら仕事しろーーーーー!と思います。

| プリシラ | 2009/11/26 21:25 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/844-e7b1d018

PREV | PAGE-SELECT | NEXT