Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さらば愛しき人よを英語で読もう

暑い以外の表現が浮かばないブリスベンからこんにちは。

もうすぐ忙しくなってしまうので
買ってあったけど読んでなかった本を読もうと決意。
しかし暇期間は1週間しかないので 一番薄いのがいい と
手に取ったのがこれ。

さらば愛しき女よ。



ものすごーく昔に翻訳で読んだのは覚えているけど
内容はほとんど記憶なし。
ハードボイルド元祖 だったなーということと
確かムラカミハルキが大ファンだったことくらい。

そういうのを英語で再読っていうのもいいかもなーと
まず一番最初にある 作家の推薦文を読んだ。

うんうんいいぞ。

で わくわくと最初のページを開いてほどなく気付いた。

ニグロ。

うーむそういう時代だったのねぇ 

と思い次のページに行くと また目がとまった。

ニグロ。

直すわけにはいかないのはわかるけど
どうにも気になる。
だからってブラックにするのもあれだし
アフリカンアメリカンなんてのも冗長だし
ニガーじゃないだけマシなのはわかるし
今でも結構普通にニグロとかも使ってる人もいるから

というわけで2ページ目で既に挫折中。

そのほかに挫折中の本は
映画になった有名ブログのジュリー&ジュリア。

これは言葉というよりは 作者のエゴというか

「みてみてみてみて あたしを見てーーーーーー!!!!」

という自己顕示欲と

「あたしってすごいのになんでこんなことしてなくちゃならないのーーーー!」

みたいのがブログの文章からありありとわかるから。

とはいえベストセラーにもなったし 映画にもなって
ミリオネアになった彼女には 負け犬の遠吠えでしかないわけですけど。
スポンサーサイト

| 英語 | 21:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

それは

アレではないですか。
あのキャラが云っているとかでは?
キャラクターが使いそうな言葉がそうだったから、そのようになっているだけとか、という意味ですが。
やっぱり、校長先生がしゃべる言葉と、田舎のおっちゃんがしゃべる言葉は、単語からして違うと思うんですよ。
そういう類のものではないのかな。
って私それ読んだことないからただの質問です。
私は最近、全然本読む暇ないですよ。
読むのはひたすら、The language of medicine
はぁ……

| siorin | 2009/11/20 23:12 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

一応主役フィリップ・マーロウのセリフ(男はやさしくなくては生きていけないとかいうやつ?)なんですよ…。

> やっぱり、校長先生がしゃべる言葉と、田舎のおっちゃんがしゃべる言葉は、単語からして違うと思うんですよ。

その話 完全バイリンガルの通訳の大御所からうかがったことあります。
何言ってるかさーーーっぱりわからないので聞いてみたことがある と。
田舎では昔の言い回しが生き残ってたりするみたいです。
面白いですね。

> 読むのはひたすら、The language of medicine
> はぁ……

…眠くなりそう。
ごめんなさい~~~~~!

| プリシラ | 2009/11/21 06:49 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/841-19c73223

PREV | PAGE-SELECT | NEXT