Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

残酷なオーストラリアの事件

一気に夏が来たブリスベンからこんにちは。

忙しくしていてニュースを観てる暇がないのですが
さっき7時のニュースを観てたらこんな恐ろしい事件がありました。

ヴィクトリア州のCarisbrookという町で飼われていた
7歳になるペルシャの血の入ったSmokeyが3日行方不明になった後
大けがを負って帰宅。
あわてて獣医さんにかけこむと
なんとエアガンで13発撃たれていたそうです…。

写真はむごいので載せませんが
こちらのサイトで見られます⇒Horrific Act of Cruelty:Cat survives 13shots in head

動物愛護団体のRSPCAは
「こんなことした犯人は刑事罰を下さなくては!」
と憤っています。
また 動物虐待をした人はそののち人間にも
暴力をふるうようになるととも言ってます。

とはいえ カブールチャー(ニコール・キッドマンの旦那様の
キース・アーバンの出身地)で公園で子猫をけり殺した若者が
いたのですが 結局裁判では刑務所送りにはならなかったので
この犯人もきっと大した罪には問われないかも。

なんにせよいやな事件です。

うちの傍にもこんな感じの若者がいるので
本当に気をつけなくては
と もしかしたら猫好きの気のいい人かも
しれないだったらごめんなさいするしかないんですけどね。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 19:40 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

うわ・・・・・
どアップの写真が載るってことは日本じゃありえないかも!

動物への虐待行為ってエスカレートする前に止めて、
という周囲へのサインだと言われますけど・・・・
なんにしろ、罪のない動物にはむごすぎる
早く収集することをお祈りします

| 百 | 2009/09/23 15:56 | URL | ≫ EDIT

これは深刻だ;

ひどいですね、13発も、無抵抗の猫を・・・。
猫ちゃんの命が助かったことだけが救いですが、それにしても、怖かったでしょうね。

こういう事件が起きるたびに不思議になるんですが、エアガンってなんのためにあるんでしょう?護身用?

最初は無抵抗の動物、しかしその後エスカレートして、、、というのが犯罪パターンは多々あるので、犯人が次に重大な犯罪を起こす前につかまるといいですね。
(神戸の少年Aとか)

オーストラリアも日本と同じく動物は器物破損扱いなんでしょうか?
子猫を殺した少年は、その後何事もなく釈放されたのでしょうか?
刑務所で反省するとは思えませんが(余計に犯罪者に染まりそうだ;)、その人が抱える問題を自分自身に見つめさせる機会を与えて欲しいですね。

| ろくろく | 2009/09/24 19:01 | URL |

非常に

気分の悪いヤツラがどこにでもいるもんです。

実はこの間、家の前で、小1~2年の兄弟と思われるガキどもが、
ネコに小石投げたり、しつこくイジメようとしてたので、
文句を言うたところですw
あぁん?ひひひっとバカにしてきました。
このまま年くったら・・・と嫌な予感がしたのと、
所詮私はダメ大人なので、ちゃんとビビらせてから立ち去ってしまいました。
ま、こんな変な大人もおるので、愚かなことしたらヤバイ!
と思ってくれたら幸いですw

| おこうちゃん | 2009/09/25 20:24 | URL |

百さんへ

ご無沙汰しております。

日本じゃこういう写真掲載されないんですか。
実際にどんなひどいことしているか 見てもらうのも大事じゃないかと
思うのですが…刺激してしまうから っていう理由なのでしょうか。

とりあえず犯人はまだ捕まっていません。
こういうことはもうやめてもらいたいものです。

| プリシラ | 2009/10/09 21:15 | URL |

ろくろくさんへ

なぜこんなことをするのかわかりませんが たぶん面白半分なんでしょうね。
前ホームステイしていたおたくの息子が 友達とアウトバックまでウサギ狩りに行く!って
大喜びしてたのでその延長なのではないでしょうか。
食べるわけでもないのにそんなことして何が?と思うけど
いわばスポーツ感覚なんでしょう。

エアガンは最近 田舎の方のコドモ12歳以下であっても
保護者と一緒なら狩猟を許すようにしろ!という法案を作れと
働きかけている銃推進団体があるそうです。
保護者がいるから大丈夫だし 田舎では銃が必要なんだ と。
それなら車の免許のほうが12歳で解禁すべきではないかと。

こういう攻撃性はどこから生まれるのか 気になります。

| プリシラ | 2009/10/09 21:18 | URL |

おこうちゃんさんへ

大人ってそういうときのためにいるものですよね!
おこうちゃんさんのような大人ばかりなら世の中悪くならないのでしょうが
日本で言うモンスターペアレントがデフォルトのような国なので
なんだかなぁ~と。

子供は嫌いではないのですが この国で子育てするには
相当精神が太くないと結構大変じゃないかな と
予定もその気もないけど思ってしまいがちです。

特に電車の中をふらふら歩いてたり
手すりで懸垂してるのを 平気で見ている大人が多いのですよ。

| プリシラ | 2009/10/09 21:21 | URL |

つい最近、若者が猫を橋から吊り下げる事件もありましたね
こういうのを読むと心が痛くなるのと同時に
犬が家族に今いるので怒りがこみ上げてきます

で、たいした罪にならないのがさらにいらっとします
犬や猫の命も人と同じぐらい大切なのにな~

| D | 2009/11/14 21:24 | URL |

Dさんへ

日本でもそうなのですが 動物はしょせん器物破損の扱いにしかならないのですよね…。
RSPCAとか怒っても法律は変えられない または変えるのに時間がかかるのでしょう。
動物をいじめたりする人は後ほど人間にも暴力をふるうようになることが多いので
犯罪防止のためにも こういう人は処罰をくだすべきなのでしょうが
刑務所へ行ったところで 「俺は何も悪いことしてないのにー!」となってしまいそうな。

刑務所に入れるのではなく同じ目にあわせたらどうなのでしょう って思ったけど
それは人権侵害になるのですよね…。
ヘンな人が守られて 罪もない動物がいたぶられるのはおかしな話ですよね 本当に。

| プリシラ | 2009/11/18 09:13 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/830-12564e58

PREV | PAGE-SELECT | NEXT