Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Montvilleに行ってみた

のどかなお天気のブリスベンからこんにちは。

こないだの土曜日 Montvilleというところまで行ってきました。
いわゆる Hinterlandというところで まあ山です 山。
山なのでいつも気温が微妙に低い 
そして雨がよく降る
という ちょっとクイーンズランドっぽくないところ。

そういうところのほうが好きだし 道に迷って通りがかった時に
なんだかかわいかったので車に乗せてもらって日帰り旅行。

しかし問題は Aのご両親も来るということ。

何よりご両親のところからは車で30分くらいなのでそりゃ来るでしょうが
しかしちょっとめんどくさい というのが正直なところ。

とりあえず楽しいことを期待して出発。

しかしいきなり

「猫ドアを!猫ドアを閉めたか?」

とあわてだすA。
うちの猫 力が強いので猫ドアはこじあけて出て行ってしまいます。
あわてて帰宅してみたところ 猫ドアは無事しまっていましたが
誰かが網戸を(こちらのドアは二重になってます)きちんとしめないと
鍵のかかっている猫ドアを破壊して出て行きかねないので
網戸にもしっかり施錠。

予定では11時ごろ到着の予定が 気付くとお昼近くになっていました。

最初はMalenyという ちょっと小さな町へ。

小さい町ですがなぜか パン屋さんとカフェはたくさんある。
そこでAのご両親と会ってまず言われたのが

「ちょっと ここのチャリティショップはイマイチだわ~」

だそうで。

おなかのすいたAと店には興味のないAのお父さんはカフェでコーヒー飲むことにして
私はA母にチャリティショップに連れて行かれる羽目に。

確かにそれは好きだけどせっかくこじゃれた町に来たのに
オーガニックっぽい店とか行きたいなぁ…。

そんな気持ちはよそに 幸せそうなA母。

「ほら あなたもいいのないか探しなさい」

とは言ってくれますが 服は今続々と処分中なので 新しいもの(新しくないけど)はあんまり買いたくないし それよりなによりサイズがない。
田舎の人は若いとよく成長しているので 子供でさえも巨大。
当然私のような人にあうものはなく 地味~に本を見ていたら

「まあ!何も買わないの!珍しい」

と言われてしまいました。

2軒目も回っていたらA登場。

「こないだシャツ破れちゃってさ~ あ これちょうどいい これ買おうっと」

わずか30秒でシャツ買ってました。
うらやましい その早い選択。

シャツを買ったらいい加減次へ ということで
今度は見晴らし台へ。
Lookout

ここでA母 お昼を広げようとするも 風が吹いていてかなり寒い。
そのため 近くの国立公園まで行って食べましょうということに。
天気の良い土曜だったせいか国立公園 わんさか人がいました。
しかも国立公園に入るのに入園料が必要とか。
払ってもかまわなかったのだけれど 

「えーーーーお金払うのぉ」

とか言ってる人たちを追い越してまで入るのも気がひけたし それにMontvilleに行く時間がなくなる!

とお昼をそそくさと食べて 一路Montvilleに。

Montvilleは何があるかというと 特に何かあるわけでもなく
お店の並ぶ観光地でした。
変だなー 前に通りがかった時には もっとかわいかったような気がするのだけれど…。

そう思った理由がわかったのはこれを見たとき。
水車

コーヒー屋さんの客寄せというか
これで昔は粉でもひいていたのでしょうか
とりあえず回る水車に観光気分は盛り上がります。

…盛り上がるけど好みのナチュラル系のお店がなくてつまらない…。
オーガニックの石鹸とか買いたいんだけどなー。
でもあるのはイタリアンショップとか
変な小物の店とか
なぜかインドの店。

これならNSWで行ったMogoのほうが面白かったなぁ。

と思いながらふらふらと歩いていると 店じまいするリネン屋さんで
猫のついたキッチンタオル 半額で購入。
お年寄りご夫婦でやっているお店なので健康でも害したか
それとも最近の不景気にお店の売れ行きが悪いのか
どっちにしても悲しいですが 
しかしMontvilleのお店 全体的に微妙に古めかしい観光地くささが抜けない。

そんな文句を言いつつ 立ち寄ったのがチョコレートとファッジの店。
ここであまりにたくさん種類があるので選ぶことができず

「全部20gずつください」

と難問をいい出したというのに 店のお兄さん

「I'll do my best!」

といいお返事。
こんな悪い客ですまない…でもファッジを大量に買っても
健康に悪いし と自分にいいわけしながら買ったファッジを持って
目に付いたカフェに入ってみた。

その名も
Poet cafe

いかにも…なお店です。
中に入ると詩人の絵が(下手だけど)飾ってありました。
Poet cafe 2

さすが元はイギリスの植民地(流刑地?)だっただけあって
内装はイギリスのティーハウスって感じなのですが
お値段もそんな感じでめちゃ高い。
コーヒーも一杯 3.8ドルなので 観光地価格。
poet cafe 3

中国からと思われる学生集団発見。
この他にも老若男女すべてが集まっておりました。

甘いものついでにチーズケーキを注文。
Poet cafe 4

これで7.9ドルは高いのか安いのか。
というのも食べ始めたら非常にコクがあり
半分くらいでもう血糖値が最高になった感覚があったので
たまたまバッグに入れてあったジップロックに入れて帰ったのでした。

カフェでお茶を飲んだらもう夕方だったので
猫も待っているから帰宅となりました。

楽しかったけど なんか微妙な観光地度合いが面白いMontville
とりあえずきれいな眺めときれいな空気を吸いに行くのにいいところ。

しかしここの他にたまたま寄った雑貨屋さんで
値引きされていたベッドスプレッド 10ドル。
いい値段だわ~と買って帰って洗ってみた。
何気なくタグを見たら どうもあれはI○EAのような…。

Aいわく

「あそこの店のを値上げして儲けようとしたんだよ」

だそうですが 真相はいかに。

スポンサーサイト

| オーストラリア | 21:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

お久ぶりです。
Montville、何もないですよね。
お店も早々に閉まるし。
時計屋さんで騒いでいる子供がいたらそれはうちの子です。
写真の水車の前でも騒ぎます。
下界が暑いときはひんやりして気持ちのいい場所ではあるので、何もないとわかっていてもなんとなくドライブがてら行ってしまうことがあります。

| Key | 2009/07/29 22:23 | URL |

Keyさんへ

わあ お久しぶりです!

Montville 何もないですね~。
何もないというか お目当てにしたいものがない というか…。


> 時計屋さんで騒いでいる子供がいたらそれはうちの子です。
> 写真の水車の前でも騒ぎます。

子供ゴコロには訴えるものがあるのでしょうか。
あの時計屋さんはなかなかよかったのですが
水車はなぜこんなところに?という疑問が浮かびます。

暑いときにはよさそうですね。
冬だったので夕方には結構寒くなってました。

| プリシラ | 2009/07/30 23:21 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/820-f13163cd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT