Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コーヒーチョコレート フランスの日

お天気の良いブリスベンからこんにちは。

暖かい日が続いております。
うちの猫も庭で寝てばかりで帰ってきません。
いつ見ても泥だらけ。

天気がよいので昨日の日曜日イベントをハシゴしてみました。

ちょっとこれから忙しくてなかなか出かけられそうにもないので
そうなる前に…ということです。

最初がこちら。
Coffee and Chocolate Affair 第2回。
去年大好評を博した ということで
今年もおしゃれなハミルトンの ポートサイドワーフを会場に開かれました。


だけど…正直いって出だしからトラブルづくめ。

交通手段として 電車⇒フェリーを計画。
バスなら15分でいけるのが フェリーだと40分かかるのですが
せっかくのお休みだし 天気もいいから観光するのも悪くない!とフェリーを選択。

この選択は大間違いだった…。

まず フェリー乗り場が サウスバンクなので
電車の降車駅もサウスバンクにしたら
遠くて遠くてつきやしない。
フェリーの時間まで15分あったのが
なんとぎりぎりセーフってくらい遠かった。
しかも道が曲がりくねりまくりで 歩いても歩いても果たしてあってるのか不安。

高い靴も履いてないのにこんなに時間がかかるなんて計算違いしちゃった

と思いながらフェリー停留所の近くまで行ったら
サウスブリスベン駅が見える…。
こっちで降りればよかった 

とりあえず間に合ったからいいや!

と気を取り直して乗り込むと 観光客だの家族連れでギュウギュウ。
しかも日差しが強いので 内部に座っていると日差しが顔にギラギラ照りつける。

じゃあってことで外へ出てみると 
これまた日蔭は寒い でも日があたるとまぶしくて仕方ない
そして日焼けする…。
どっちに転んでもいいことなし。

そのうえ 途中で燃料切れとかで降ろされた。

「次のフェリーがすぐ来ますから」

って5分したら来たけど

中に入るとアナウンスで

We are terribly late

だから急いで乗ってくれ いうこと聞いてくれ

とか言われて そんなん関係ないよ!って言いたくなりました。

結局40分の予定が 1時間。
素直にバスに乗ってればよかった。

そして フェリー乗り場からポートサイドワーフまで微妙に距離あり。
他の乗客さんたちもそこへ行くからいいのですが 
みなさん
 
「今日はお休み~ ふっふふん」

みたいな鼻歌混じりな雰囲気が漂っており 
さっさと目的地に着きたいのは私くらい。

着いてみたら なんだか…これ?

狭いボードウォークみたいなところにびっちりと屋台が並んでいるのですが
ボードウォークが狭いところに
たくさんの人が押し掛けているため
チョコレートを見たくても見えない
コーヒーを注文したくても 30人待ち。
ケーキを買いたくてもめぼしいものは売り切れ。

チョココーヒー1

チョコの写真を撮りたくても混んでるために 
こんな写真しか撮れず。
チョコ
トウガラシ入りのチョコ 結構好きだから 
試食しておいしかったら買おう!と思ってたのですが
試食さえにも手が届かず
高いお金出して買って 気に入らなかったらもったいないのでヤメ。

チョココーヒー2

違うチョコレートの屋台もこの通り 長蛇の列。
車乗ってるときとは大違いで
ブリスベンの人我慢強い我慢強い。
コーヒーチョコ4

大人なんだから椅子に土足で乗るの やめようよ。
他の人も座るんだしさぁ 

って言いたくなりますが 外国では普通らしい。
でも見てると本当にブチ切れそうになります。

他の人の服が汚れてもいいのか?
おしゃれしててもそれは心が汚くないか?

と問うてみたい。

こういうイベントにはお約束のジャズ系バンドも当然いました。
コーヒーチョコ3

なんかいつもいつもいつもこんなんなんですよね。
必ずジャズ!
ソフトボーカル系!
ほんと変わり映えしないったらありゃしない。

こういうのやってたらおしゃれでシティでコスモポリタンなんですよ

みたいなつまんなーい ほんと どこ行っても何やっても同じなブリスベンイベント

期待してたみたいに広いところでどんどんチョコを観たり
オーガニックとか フェアトレードのチョコだのコーヒー買ったり
(余談ですが チョコやコーヒーってものすごーく恐ろしい世界らしい)
したいなぁ…とか思ったんですが 見られない。
お土産にTシャツでも買うかな とも思ったけど
これまた どこぞのカフェがバリスタ80年代にとったとかので
そんななら一枚買ったら どこかの子供に靴かTシャツ一枚寄付!っての
買ったほうがいいな と やめました。

あまりにつまらないので わずか30分でその場を立ち去ることに。
座ってコーヒー飲みたくても 肝心のコーヒー買えないんじゃね…。

で 次のフランスエキスポに行くことに決定。

今度はフェリーは選びません!
素直にバスを選択。

バスは本来なら15分のところ
20分で到着。
いつもなら 5分も遅れやがって とかプンすかしてるのが この日は許せた。

そして今度は会場のOld Museumまで歩いてみた。

いつも使っているWhereisでは徒歩10分 590m とあったけど
暑いうえに坂道 そして空腹…という三重苦で
こんなに長い500mはないな ってくらいに感じました。

しかし向こうから歩いてくる人たちは楽しそうに
本屋の袋だの パンの袋だの提げている。

これは期待できそうだ…

というところで 会場に到着。
フランスエキスポ

サウスバンクに博物館が移動する前の古い博物館で
雰囲気とってもよい!

いつもは車から見るだけだったので楽しみ。

しかし…

博物館の外にある屋台はほんの少し。
なんかちゃっちい野菜の屋台(しかも値段高いし)とか
クレープ屋台とか
パンとか
パテとか
結局10もない。

そしてこれまた長蛇の列。

私はおなかすいたんだよ!何かちょっと食べたいんだよ!

と思うも テーブルも椅子もない。
見てると芝生にみなさん座ってる。

わたしゃあ芝生には座りたくないんだよ こんな狭いところで。
座るなら大通り公園みたいに 広い芝生に座りたいんだ!

おなかがすいてるせいで暴れたくなったところにふと

博物館の中にはもしかしたら喫茶スペースがあるかも…

という考えが浮かび 足を向けた。

忘れてたよ フランスとか好きなのって お金持ってるおっちゃんおばちゃんじいさんばあさんばかりなことを。

まあ歩みがのろいのろい。
入口からわずか3m進むのにたぶん5分以上かかったと思う。
入口でくじ引きの受付をやっていたのでそれを覗き込んで
書くならともかく何してるか見てたり
何をするでもなくたたずんでいたり
意味ない行動をしている人がたくさん。

当然若い娘さんもいたのですが
中は狭い狭い 閉所恐怖症の人なら苦しくなるくらいの空間に
これまたしけたテーブルを並べて宣伝お疲れ様。
フランス風クロワッサンを売ってるのを発見するも
これまた人をかきわけ 長蛇の列に並び
人いきれの中そんなんやってられないわ!

と外へ出てテーブルに座ろうかと思うと
コーヒーの汚れだの食べ物の汚れだらけでげんなり。

お店でも見ようなんて思うには
暑さと薄い空気に耐えられる頑丈な肉体が必要。

そんなの無理。

というわけでここはたぶん15分くらいで退場。

帰りにお土産にフランスパンでも…と思ったふと見たら

フレンチエキスポ2

小さくて見えませんが
地面にこんなに近いところにパンが置いてある…。

土じゃないからいいだろう!って思ってるのかもしれないけど
洗えないんだからじゃりじゃりするだろ!

大体 フランスパン買いたかったら
ウェストエンドのマーケット行くわ。

こうやってただ屋台が並んで
買い物だけさせて
本当にブリスベンの催しものはつまらない。

日本の物産展のほうがいいですね。
試食あり にぎやか 売ってやる!とか 売ってるワタシおしゃれ!とかないし
おいしいものが値段が高いものはそれにふさわしく
安いものはそれなりに
納得できるお値段で買えるのですから。

ああ日本に帰ったら どこかの物産展に絶対行かなくては。

と空腹を抱えてシティのカフェに行ったのですが
バスからみたところお客さんがいる ラッキー!
店に行ったら ちょうど店じまい。
涙を流しそうになりながら クイーンズプラザの地下でコーヒーとマフィンを注文する羽目に。

かわいいアジア系の留学生にマフィン温めますか?と聞かれて
こんなのあそこじゃなかったよなぁ…と
これでよかった と自分に言い聞かせた。

結局 イベントは完全なる時間の無駄だった。
ま とりあえず期待しすぎはだめだよ というか
ブリスベンイベントなんか行くもんじゃない!って再確認できたのはよかったかも。

まだ無料だったからよかったけど
有料イベントもきっとこんななんだろうな…。

誰かもっと素敵な楽しいイベント企画してくれないもんだろうか。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 23:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

コーヒーとチョコレートのイベントの方はニュースで見ました。
「ブリスベンにいたら行くかな。いやどうせ行ってもなあ。だいたいコーヒーってメルボルンの方が数段おいしいし」なんて胃が弱いの普段コーヒー飲まないのに、そして行ってもないのに(行けないから?)ケチを付けてました。
QLDってなんていうか、やっぱり田舎なんですよね。

| triple D | 2009/07/14 08:21 | URL |

Triple Dさんへ

> コーヒーとチョコレートのイベントの方はニュースで見ました。

ニュースで見るととても楽しそうなイベントですよね。

> 「ブリスベンにいたら行くかな。いやどうせ行ってもなあ。だいたいコーヒーってメルボルンの方が数段おいしいし」なんて胃が弱いの普段コーヒー飲まないのに、そして行ってもないのに(行けないから?)ケチを付けてました。

一応それなりのコーヒーは飲めるようになってきたらしいのですが
(オフィスのそばにイタリアンがやってる店あり)
それだけにわざわざイベントに行くのもなぁと。
近所の店に行けばいいだけのような気もしました(←元も子もない)

> QLDってなんていうか、やっぱり田舎なんですよね。

ゴールドコーストとかヌーサはリゾートっぽくていいような。
でも他は…涙

日本のデパートでやってるご当地名産展が恋しいです。
絶対あっちのほうが楽しいですよ。

| プリシラ | 2009/07/14 09:52 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/815-febdf282

PREV | PAGE-SELECT | NEXT