Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】7つの贈り物(Seven Pounds)

今年は穏やかな冬を迎えているブリスベンからこんにちは。

とはいえ 風邪が大流行り。
知人はみんな風邪ひきです。
ブリスベンへいらっしゃる方はご注意を。

なので外出もそれほどせず
映画を観ています。

特に興味はなかったけど Aが借りてきたので観ました。
ウィル・スミスの「7つの贈り物」

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/09/02)
バリー・ペッパーロザリオ・ドーソン

商品詳細を見る


知人のアメリカンが

「クリスマスから人生をしみじみと感じさせるような映画を3本観た」

といってた作品のひとつ。

さて そんなことを言われてたけど
ウィル・スミスの映画だからな・・・と
一歩距離を置いたのは正解だったと思う。



アマゾンさんの原作の紹介にはこのように書いてあります(以下引用)。

ストーリーは、会計士(ウィル・スミス)が自分の身を犠牲にして7人の命を救うという感動ドラマ。実はその犠牲的行為の裏には、驚くべき事実が隠されていた……すべてが明らかになるラストは涙なしには読めない/観られない号泣ストーリーです。

・・・ウィル・スミス 会計士じゃなかったような気がする。
確か 航空宇宙学かなんかの大学の先生で

「それ ありえないから!」

というウソ臭さ。

ウィル・スミスって名優になりたいんでしょうが
(デンゼル・ワシントンを目指してるのかな)
それ やめたほうがいいと思う。

悪い俳優さんじゃないんだけど なんというか・・・
この人も 自己愛がムンムンしていて
こういう「真面目ないい人」役が似合わない。

しかも犠牲的行為 とかいうけど
それがいろいろな点で非常に納得できない。

償いは等価でよい!と考えるより
その周りの人に及ぼしたところまで考えろよ!とか
そういう手段だと受け取った人に害があるかもしれないじゃん!とか
突っ込んでしまった。

アマゾンのカスタマー・レビューでの評者さんのように

「償うなら精一杯生きたほうが 多くの人を幸せにできたのではないか」

と本当に償いをしたい人なら思うのでは。
なのでこの主人公がとった手段と結論は
一見贖罪のように見えて
実は 自分の苦しみや悲しみを解決しながら
他人の目には 自分が善人と映るようにする試み
としか思えずに 非常に鼻白んだわけです。

そう考えるとウィル・スミスがこの作品で
主役を演じたかったの なんとなくわかる。

ただ 気に入らないのは主人公だけで
彼を取り巻く周りの人たちはキャラクター的によい。
特にロザリオ・ドーソンと ウディ・ハレルソンはとってもよかったのが
さらに惜しい。

先ほどあげたアメリカ人以外にも
結構「いい映画だった~」という人は多いのですが
ひねくれた見方をついしてしまう人には向かないですね。
スポンサーサイト

| エイガ | 15:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

ウィル・スミスの映画だからな…
まさに、一度手に取ったレンタルDVDを棚に戻してしまった私の言い訳です。
「アリ」での演技をほめられて以来、この人こういう路線に力入れてるなって感じですが、「幸せのちから」とか「アイ・アム・レジェンド」とか、いいものブリッ子なところが微妙に鼻についてしまったのは私だけではなかったのですね。この映画もそんな感じなら、他に観るものがないときまでいいかも(笑)。ストーリー自体にはかなり興味あるんですが。

| あっちゃん | 2009/07/05 13:44 | URL |

あっちゃんさんへ

>いいものブリッ子なところが微妙に鼻についてしまった

やっぱりえらくなると アクション俳優だけじゃやだ!
もっと人を感動させたい! 名優と呼ばれたい!
とか思ってしまうのでしょうか。
気持はわかるけど お客さんを呼べるだけですごいことなのだから
余計なものは求めないでほしいです。

トム・クルーズみたいになりたいのかしら…?
って はじけた役のほうがいいですよね こちらも。

観るものないときに あまり期待せずにご覧になるのが一番かと思います。

| プリシラ | 2009/07/06 20:44 | URL |

あっちゃんさんへ

> 他に観たいのなかったので、昨晩観ました。

とうとうご覧になったのですね…。

> 自己犠牲で罪を償うことを崇高な行為として描きたかったんでしょうが、その割には、救おうとしているのが本当にいい人か試して確かめたりとするところに「なんかちょっと偉そうだよ、あんた」と突っ込んでしまいました。

やはりそう思われましたか…。
誰でもいいわけじゃないんですよね 生きてていい価値を決めるわけなんですが
それをやっていいのは神様くらいじゃないかと。
どうせ救うんだからいい人がいい って思うのは当然なのですが
そのあたりの人間らしさとか 葛藤がなかったのがえらそうに思える原因なのでは?

> あっ、ウディ・ハレルソン、ちょい役ですが、とってもよかったです。

ウディもロザリオ・ドーソンも 周りの人はいいのですよね。
ウィル・スミスの俺様さえなきゃあ…。

| プリシラ | 2009/07/14 09:50 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/810-49b9b15e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT