Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クィーンズランド州 猫の登録制度について

雨の降りそうなブリスベンからこんにちは。

前にも書いたかもしれませんが
クイーンズランド州でも
登録制度がいよいよ来週から始まります。

猫の登録制
写真はBrisbane Timesから借用しました









肝心の金額ですが なんかちょっと情報が交錯してて
よくわからないものの 
Brisbane Timesによれば
ブリスベンでは 一頭あたり 年間39ドルで 
3年分まとめて払えば 78ドル。
避妊手術をしている飼い主には
1年間の猶予期間が与えられ
来年2010年7月から支払えばいい。

この制度を導入する目的は
シーズンが来るとどどっと押し寄せる子の山を減らすこと。

RSPCAによれば
年間で受け付ける子の数は1万8000匹。
そのうち安楽死させられてしまうのは
なんと 1万2000匹。

それを防ぐため というのですが
役所側では
ITシステムは対応準備がまだ整っていない
各家庭に宣伝をするのに 5万5000ドルが必要。
クイーンズランド州政府の財政は
石炭に頼っていたがため赤字に転落
州政府の公共事業を私企業に売却しよう
という策さえあったくらい。
なので批判的。

一応この制度を支持しているRSPCAでも
賛成する理由は
「迷子になったが飼い主の元に戻るのに役に立つから」
ということ。
現在 迷子になったのうち
無事飼い主の元に帰れるのは
わずか18%。

…少ないです。

とはいえ RSPCAでは
の数を減らしたいなら 避妊手術を推進した方が有効」
としています。

とりあえずどういうことか知りたいなぁと
ブリスベン市役所のサイトに行ったところ(⇒ここ
あまりにも役に立たない情報だけでした。

しかし その中にある ペットが行方不明のとき のページは
ペット飼いの人には役に立ちそうなので
まだ読んだことのない方には
一読されることをお勧めします。

スポンサーサイト

| ニュース | 08:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

子猫の写真、とってもかわいくて、見ているととろけそうです。
なんだか、いろんな利害関係がからんで大変そうですが、たくさんの猫が生まれる夏が来る前にしっかり体制整えて、猫のためになる制度になるといいですね。
うちの近所ではまだそういう具体的な動きはありません。

| あっちゃん | 2009/06/28 13:14 | URL |

あっちゃんさんへ

かわいいですよねこの写真。
私は一番左の子がお気に入りです。

いろいろ制度はできても
なんとなく集金のため?みたいな雰囲気が漂っているんですよね。
でもそのお金が子猫や子犬 大人の犬猫の役に立つよう使ってもらえることを祈ってます。

あっちゃんさまのおうちのあたりで同じような制度が導入されたら もっと役に立つことがはっきりした制度であるといいのですが。

| プリシラ | 2009/06/30 18:17 | URL |

猫って登録義務付けられてなかったんですね!?
知らなかった!
PENNYを飼い始めてから犬にチップが埋まってるのを知ったレベルですから・・・
しかもどこに埋まってるのかわからないし・・・

RSPCAに行った時猫もいろいろいて本当に
”いい家に貰われますように”と祈ってしまいました

| D | 2009/11/06 21:27 | URL |

Dさんへ

お久しぶりです~。

わんこ飼われたのですね。いいな~。
RSPCAからもらってくるなんてよいですね。
どの子もかわいいから捨てられるのが可哀想。
グレイハウンドも年をとって走れなくなると
捨てられるんですよね…。
あんなにきれいなのに。

うちも背中にチップ埋まってますが どこにあるかわかりません。
不思議です。

| プリシラ | 2009/11/13 22:35 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/806-579ada63

PREV | PAGE-SELECT | NEXT