Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人の見る夢の種類は12種類

雨続きのブリスベンからこんにちは。

とうとうセール始まりました。
靴3足も買ったので もう買ったらダメなのですが せっかくだから見るだけ見に行ってきました。
野次馬根性…とも言う。

ところで 昨日ネットをフラフラしてたら こんな記事を発見⇒米国研究チーム「人間の見る夢はたった12種類」

研究した結果国籍性別年齢などにかかわりなく 大別すると12種類に分かれるというのだけど…。

ホント???と思う。

というのは うちのA。

よく悪を見て叫んでいるのが聞こえてくるので一体どんなを見たかいつも翌朝聞いてみるのですが 答えは必ず

「アブストラクトな

なんですね。

人とかが出てくるわけではなく 単に記号とか図形が出てくるらしい。
と普通 よい夢というのに分けたら 3種類だけど アブストラクトなんて夢 12種類外じゃないのでしょうか。
それともどれかにあてはまるんだろうか (悪夢とか?)

片や私の見る夢は異常に長い。
一時期夢日記なるものをつけていたのですが 大体平均で4ページくらいA4ノートにびっちりで しかも私は字が小さい。
なので書いてる時間は1時間以上になることもしょっちゅうで しかも夢を思い出し続けているうちに現実と夢の区別がだんだんつかなくなってきて 怖くなってやめました。
でも たまに映画みたいに面白かったりするので寝なおしたりして。

最近観て覚えているのはこんな夢。(長いから次にセクションにしています)





仕事がら 昼に電話がかかってきても出ることはない。
大体が何かの勧誘に決まっているからだ。
電話の呼び出し音がうるさいな とは思うものの そのうち鳴りやむから
別に気にすることもなく 何回で切れるか数えたりもする。

その日も同じように電話がかかってきた。
受話器を取ったのは本当に偶然で 何も考えていなかった。

電話の向こうから 男性とも女性ともつかない声がした。

「やっと電話に出ましたね」

ククク という小さな笑いがそれに続く。

声には微妙に金属めいた響きがあった。 
とても遠くからのような それでいて まるで隣にいるように聞こえて
距離感がつかめなかった。

「どなたですか」

というこちらの問いには答えず 声は続ける。

「何度も電話したんですよ でもいつも居留守ですよね」

またもや クククと小さな笑い。

「数えてるんですよ いっかーい にかーい さんかーい って。
でないから 一回切ってまたかけ直して いっかーい にかーい
さんかーい よんかーい って数えてね」

子どものように途中を伸ばしながら数を数える声が急に変わった。

「なぜ 電話に出ない!」

こちらの耳がキーンとするほどの大声だった。
電話越しからも怒りが伝わり 実際に首をつかまれて揺さぶられているような
気さえした。

「こっちは何度も電話してるのに なぜ 出ない!」

突然の変化に唖然として何も言えずにいると声は執拗に続く。

「なぜ出ないか 理由を言いなさい!」
「大体が 勧誘の電話だから」
「わたしが電話するのはわかってたはずだ」

声には自信があふれており 思わず「そうですね」と同意してしまいそうになる。
だが このように怒鳴られる覚えはないし 誰かから電話がかかってくるなどと
言う予定もない。

誰との約束もないし そもそも声そのものに聞き覚えもない。

誰だろう と記憶を探っていると 電話の向こうの声の調子が和らいだ。
なれなれしい口調で

「まあいいでしょう 許してあげます」

電話の向こうの誰かがニヤついている様子がありありとわかる。

「でも 許してもらうには 今から言うことをしなくてはなりません」

まるですべてが契約か何かで決められているような当然とでもいった口ぶりだ。

「醤油をコップ一杯 準備しなさい」

なぜ醤油なのか戸惑う。

「醤油をコップ一杯テーブルの上に置いておきなさい。さっさと電話に出なかったから
罰としてついでにもう一杯」

考える間もなく 疑問が口をついて出る。

「どうして醤油?」

クククと またもや小さな笑いが聞こえる。

「好きなんですよ わかってるじゃないですか」

砕けた調子はすぐに消え 

「じゃあ すぐに醤油を用意すること わかりましたね」

真面目くさった口ぶりで命令すると電話は切れた。

そして気づいた。
相手は一度も名乗ることがなかったことを。

醤油は結局準備したが だからといって何が起こることというわけでもなく 空気にさらされてまずくなったので捨てた。

結局あれはなんだったのだろう。
訳がわからないまま数日が過ぎた。

電話がかかってきた。またもや何も考えずに受話器を取ると なれなれしい響きが向こうから聞こえてきた。

「やあやあ 先日はありがとう おいしかったです」

何のことだろう と 考えていたのがわかったのか

「醤油ですよ醤油 とてもおいしかったですよ」

と念を押した。
嬉しげに声は続ける。

「あなたは偉い 私の好きなものがよくわかっています なので」

ニヤリ とするのが目に浮かぶ。

「また醤油を準備しなさい」
「醤油っていったい」

と言いかけると声はさえぎる。

「いいんです 醤油を準備しなさい」

どこの誰ともわからぬ相手に 偉そうに命令されるのにカチンときて声を荒げた。

「醤油醤油ってあんた 何ですか わけわかんない」
「おや まだわかってなかったんですか」

作ったように驚いてみせた声にはまた笑いが含まれている。
そして

「私はキツネです」

何か重大な秘密を打ち明けるかのように 重々しく宣言した。

「キツネって あんたバカじゃないの」

呆れるのに声はかまわず続ける。

「私はキツネなんです だから醤油が好き」
「キツネってオーストラリアには狐いないよ」
「私には距離など関係ないのだ」

おごそかに声は告げる。

「今から行くので醤油を準備するのです いいですか わかりましたね」

こちらに何か言う隙を与えず電話は切れた。

一体なんだろう と 思いながらも とりあえず言われた通りに醤油を準備してその日は寝た。
そういえばしばらくお稲荷さんを食べてないな と気づいて 明日は稲荷ずしを作ることにしようと決めた。
声のおかげで明日の晩ごはんのメニューを考える必要がなくなったな と ちょっとありがたい気持ちになって眠りについた。

***********************************

このを見た次の日 当然稲荷ずしを作りました。
スポンサーサイト

| 日々の話 | 19:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

おもろ

私は夢なんて覚えてませんねえ。
覚えてても断片だけだったり。大体寝てる時間が短いか、それでなければ寝ダメになってしまうので。
そんな夢だったら日記も付けたくなりますね。
しかし狐がなぜ醤油? そこが夢のおもしろいところ。

夢か現実か分からなくなることたまにあります。
そう云えばこんなことがあったけど、アレは夢だったっけ、それとも実際に起こったことだったっけと……

| siorin | 2009/06/03 20:58 | URL | ≫ EDIT

絶句

してしまいましたが?! 
なんでそんなにしっかりとストーリーを覚えているんでしょうか... 夢日記をつけようと思ったことはありますけど、すぐに忘れてしまって書けないんですよねぇ。

明日、稲荷寿司にしようかな(笑) 

| kitkat_jp | 2009/06/03 23:23 | URL | ≫ EDIT

スケアリ~イ

夢って不条理なことが多く
文章にすると怖いことが多いです。
(不条理恐怖症!?)

私が夢を記録するとすれば
予知夢の気がするとき?

思い出しているうちに現実との区別がつかなくなりそうなのは
人生を二度楽しめていいですね。

| Happy Gilmore | 2009/06/04 22:48 | URL |

不思議だけどリアルですね

お話みたいに面白いです、プリシラさんの夢!
私は説明するのが難しいほど、突拍子なくワケわからん夢ばかりです。
あと戦ったり逃げたりも多いですが、自分は死なない!
と夢の中で自信もってたりします。

実は今朝、すっごいデッカイ1.5cmほどの耳垢がとれる夢を見たんですが、
耳のどっかが悪いのか?なんて思ったり。
結構マメに耳掃除してるはずなのにw

| おこうちゃん | 2009/06/05 03:03 | URL |

Siorinさんへ

ワタシ短時間寝ても夢は長いんです…眠りが浅いんでしょうか。
あ でもどこでも寝られるという特技があります。

狐が醤油は たぶん醤油とお砂糖で揚げを煮るからかなぁ と 後になって思ったのですがどうでしょう?ってこれ 私の夢だってば…と自分に突っ込んだりして。

夢と現実の区別がつかなくなって それがぼけの始まりだったらどうしよ~~~と今怖くなりました。
そっちのがどんなホラーよりも怖い!

| プリシラ | 2009/06/08 21:00 | URL |

Kitkat_jpさんへ

i楽しい夢は覚えているんですよ笑
毎日少しは覚えていますが 書いておかないと忘れます。
でも書くと長いからやっぱり書かない・・・の繰り返しです。
こないだはジョージ・クルーニーの彼女になった夢を見たのですが 長いからはしょるとしても 住んでたアパートが非常に古く 目が覚めてから

「ああ私ってジョージの日蔭の女だったのね」

とか思ったりして。

> 明日、稲荷寿司にしようかな(笑) 

稲荷寿司召し上がりましたか?

| プリシラ | 2009/06/08 21:02 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

なんで夢って不条理なんでしょうね?
いや でも 実人生も不条理かも。
不条理といえばカフカくらい不条理だったらそれはそれで面白いかもしれません。

予知夢いいですね。
今までに何かあたったことがおありなのですね!それは羨ましい~。私なんてキツネですから・・・トホホ。

人生を二度楽しめると思えば夢も手軽な娯楽でいいかも!

| プリシラ | 2009/06/08 21:04 | URL |

おこうちゃんさんへ

自分は死なない!って自信持ってるのって なんかいいですね~。
戦場の夢って人生が戦いなのでしょうか がんばれー!

しかしデッカイ耳垢の夢はなんとなく羨ましいです。
実生活でそんなに大きいのを取ってみたいもんです。
そうあこがれるほどに耳掃除が好きなので 結局何も取れないのですが だからといって養殖するわけにもいかないし…。

| プリシラ | 2009/06/08 21:07 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/793-6063a9bb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT