Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Yeppoonで食べたもの2

秋たけなわのブリスベンからこんにちは。

さて Yeppoonで食べたもの 今日は晩ごはん編。

さびれた町ではあるもののそれなりにカフェやレストランがあるから大丈夫?という読みで向かったAと私。

しかし町へ着いてから気づいたのは開いてるのはパブ系ばかり。
しかも田舎町(ごめんYeppoonの人)なせいか 店先にいるのはむくつけき野郎ばかり。
ビーチ沿いを歩いてみても サーフクラブを見上げるとごっついおばちゃんとごっついおっさんお兄さん。
その向かいも同じく。

お昼を食べたフィッシュアンドチップスの隣のタイはかろうじてそれなりの人がいたけど なんかそこもおじいさんとバックパッカーっぽい感じ。
その向こうにあったレストランもなんとなくどこにでもあるようなタイプでいま一つ食指が動かない。
そんなとき思い出した。



そういやお昼に街中を歩きまわったとき 変な名前のお店があったのを。

その名も Megalomania。
誇大妄想狂なんぞという得体のしれない名前が気になっていたけれどお昼にはお店は閉まってた。

そのことをAに伝えると非常に乗り気になりそこまで行ってみようということになりました。

でも小さい町なのに適当にしか覚えてなかったからなかなか見つからない。
「ここ?」「この通り?」
とか聞かれてもなかなか発見できず Aのイライラぶりが伝わってくる。
「もう通り過ぎたんじゃないの~?」
と疑いの声を上げるAに かなり遠くにあったことだけは記憶に確かだったのを保証。
歩き出したのがバス停だったのでそこから郵便局のあるショッピングセンターの近くだったことは写真を撮った記憶からわかってたので 少しの辛抱 となだめる。
途中にビストロとかフィッシュアンドチップスとかあったけどそういうのは無視していると ふと曲がり角の建物の上のところに看板発見。

「あったあったあったよ」

と言っても気づかないA。

「ないじゃんどこにも!」

見れば道端にも小さな看板は出ているけれど 小さいのと場所がよろしくないのかよく見えません。
しかし上を見上げればでかでかとお店の名前。

曲がり角を曲がってメインストリートから1軒ばかりいったところにありました。
メガロマニア
(わざわざ次の日写真を撮りに行ってきたのです)

中をのぞくとなかなか繁盛している様子。
お値段をみたところ メインが大体20~30ドル といったところでせっかく来たんだし ってことで足を踏み入れました。
メガロマニア2

門を外から見て右側がアルフレスコ 要は野外(上にはテントが張ってあります)で大きなイチジクの木の周りにテーブルが配置されており 左側は屋内というかフロアになっていました。

入ってみると女性の店員さんがスマートに案内してくれてメニューを渡され飲み物を注文。
特別なのでAはグラスワインを お酒の飲めない私はスパークリングウォーターをお願い。
その間にメニューを見たらなんだかおいしそう。
メガロメニュー

小さすぎて読めないけど記念に撮ってきたメニュー。
タパスに始まり ベジタリアンまであって 基本はオーストラリア(イギリスですね)+タイまたは和風でどれもおいしそう。
タイ風チキンにするか エビのコリアンダー和えにするか はたまたタイ風オムレツにするか迷ったのですが おなかすいてなかった(風邪引いてたから・・・)のとデザート食べたかったので アントレをメイン代わりに注文しよう!と決めてエビをお願い。 
するとウェイトパーソンのお姉さんが

「アントレ 本当に量が少ないのよ!おなかすくわよ!」

と言い Aが

「大丈夫あまったら食べてやるから」

と言うのでメインサイズにしてもらって Aはラム肉を注文。
寒い夜だったのでこれは正解。
それに窯焼きパンのバルサミコ酢添えを注文。

このパン 本当に土焼きの壺に入っており 焼き立てでとってもおいしかった!
自分の家でもできそうなので今度お昼にでもやってみよう。

さて メインが届いたところ なんとメインのプローン さすがメインになっただけあってプローンが二山 山盛りじゃあないですか。
どう見ても12尾以上。
それにサラダがこんもりと載っており エビの下にはアボカドのサラダがこれまたたっぷり。
エビの周りにはワサビマヨネーズとチリソースがきれいに盛られていました。
おなかいっぱい以上なのは確実。(写真ですが真っ暗だったので撮れませんでした)

かたやAのラムシャンクですが これがまた大きなラムの塊がソースの中に浸ってる。
添えてあるマッシュポテトもお皿が別にしてある気配りぶり。

肝心の味ですがこれが美味。
盛りつけのきれいさに味付けの繊細さ なんだかYeppoonなんていう町で出会えるものではなかったのですが その理由はオーナー登場にて判明。

どうやらオーナーさん お客さん達に料理はどうか とか聞いて回ってるらしく 誰とでもよく話すAが話しかけたところ このオーナーさんメルボルンにずっと住んでいたけど仕事の都合でYeppoonに帰ってきてレストランを始めたとか。
景気を聞くと 件のグレートケッペル島のリゾート閉鎖により客足には響きが出てるそうですが Yeppoonの町の若い女性やおしゃれなタイプの女性はこの店に皆来るそう。

それはやはりパブとかこじゃれたお店が好きな女性は行きたくないから・・・という理由で この晩も若い女性のグループがちらほら。
女性二人で食事してる姿も見られました。
そういやこの店に入る手前にあったパブ 最初はそこでご飯食べようかと思ったけど なんとなく男の園っぽい雰囲気で タイ人でもフィリピン人でもない私は浮きそうな雰囲気ではありました。

というわけで レストランは接客も料理もメルボルンレベルだったので大満足。
オーナーさんは珍しくブリスベンから来たお客さんに興味があったのか 長々とお話していました。
イワサキにある鶴屋の話もしてくれて 「とってもおいしいから次回行ったらいいよ」 と勧めてくれました。

興味のある方はこちらの住所を目指していってください。
メガロマニア住所
しかし今見ると 朝8時から開いてることになってますが 私の行ったときには閉まってたような…。
これもやはり不景気の影響なんでしょうね。

経営にちょっと不安を感じたのですがオーナーさん不動産開発も手掛けているそうなので このレストラン おそらく道楽とみた。
田舎街で暮らすにあたって住み慣れた都会の雰囲気を味わいたい⇒でもそんなのない⇒ないなら作っちゃえ! ってとこだったと推察。
でもこんないい雰囲気のレストラン ブリスベンでもなかなかなく 大体この手の店は気取ってて悪いけどスノビッシュなとこが多いです。
ウェイトパーソンのお姉さんも私が外国人なのをみてとって話すスピードをちょっと緩めてくれたり こまやかな気配りが嬉しかったので ぜひYeppoonで鶴屋以外のレストランに行かれる際はこちらへどうぞ。

ただし 量は非常に多いので 前菜またはタパスをとって メインは二人で分けるとか 3人で2品とかしないと 私とAのように翌日苦しむことになります。ご注意を。

次回はYeppoonで食べたもの番外編。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 21:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

いいですねー

って、でもサクっと行ける距離じゃないですもんね、Yeppoon。

「最近、『レストラン』と言えるような所へ出かけていないよね」ってぶり太郎にグチったところだったんですよ。 食堂っつーかキャンティーンっつーか...そんな感じの所ばっかり。 あとはテイクアウェイ。
スノビッシュな・・・というのには激しく同意ですねっ! たいしたことないのに(失礼!)、そういう感じのお店、多いと思う。

やっぱりYeppoonへ行って、このレストランへ行くしかないでしょうかね 笑

| kitkat_jp | 2009/05/12 23:22 | URL | ≫ EDIT

なんかいいな

と思いましたが、メインが高いなあ。
ま、Yeppoon ってところに行く機会があるかっつう話ですが、その前に。
でも高くてもその価値があるならいいですね。
高くても不味かったら、凄いショックですもん。
食べ物の恨みは恐ろしい。

| siorin | 2009/05/13 01:21 | URL | ≫ EDIT

いいレストランがあってよかったですね

せっせと働いてお金をためて
いつかYeppoonのビーチを歩いてみたいです。
このレストランもメモメモ。
それまでありますように...
我が家の場合量が多いのは助かります。
二人でメインコースひとつオーダーして
あとはサイドディッシュで
なんとか50ドル以下にできるかな~♡

| Happy Gilmore | 2009/05/13 19:08 | URL |

Kitkat_jpさんへ

Yeppoon確かにちょっと遠いですよね~。
一応ゴールドコーストはあるので我慢したいところです。

しかし私も最近ではテイクアウェイどころかすべて家での食事になってます。
今回は旅行なので景気よくできましたが これからは毎週お小遣い貯めて 月一の贅沢…ってするしかないのかも。

スノビッシュ賛同してくださってありがたいですー。
不景気になったので多少態度は変わってきてるみたいですけど 前は黙っててもお客さん来るから・・・みたいなのが明らかでしたよね。

| プリシラ | 2009/05/14 22:06 | URL |

Siorinさんへ

もしかしたらお昼は少々安いかも?
もしYeppoonへいらっしゃることがあればぜひ。
ホント 高くてまずかったら(名前は出さないけど某高級和食レストランとか)二度と行きたくないですね いくら評判は高くても…。

かくいう私 サイモンのレストランに一度行ってみたいのですが いったいいつアデレードに行けることがあるのか (月曜日にサイモンを目撃したい とももくろんでます)。

| プリシラ | 2009/05/14 22:09 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

本当に高い!まずい!雰囲気悪い!を味わわなくてよかったです。
私もこれからお金を貯めて旅行に備えたいと思います。

ここタパスも種類がたくさんあったので メインを頼まずにタパスとアントレデザートだけで行けそうな気もします。

| プリシラ | 2009/05/14 22:11 | URL |

写真がないのが

残念ですが、エビ、良いですね~!
大好きです。
寂れた町の、思いがけない発見。
話のネタにもなるし、良かったですね。

| valvane | 2009/05/16 11:06 | URL | ≫ EDIT

Valvaneさんへ

どうもお久しぶりです!

魚介類が嫌いな私もおいしく感じたのでこのお店はきっと本当においしいんだと思いますが 不安材料はオーストラリアに慣れて味のレベルが落ちてること…。
ドキドキしますが 日本から来たお客さんも以前シーフードがとってもおいしかった!と同じ店へ3回足を運んでいたのでたぶん間違いないかと思います。
オーストラリアへ次回いらした際はぜひ!

| プリシラ | 2009/05/18 20:17 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/783-a53860d3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT