Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初デートの心得 in Australia

最低気温10度のブリスベンからこんにちは。

朝は寒いのですが 日が高くなると あっという間に暖かい いや暑い。
そんな砂漠性気候のブリスベン お肌が乾燥しますので これから来る方はご注意を。

巷は豚インフルエンザで大変なことになっていますね。
最初にニュースで聞いたときはまだ大流行してなかったので

「誰!Swear word言ったのは」

とか笑ってるゆとりあったのですが 今そんなこと言ったら怒られること間違いなし。

で 日曜日に地元紙The Courier Mailを見て笑った記事がこちら⇒How to survive a first date

デート成功法 とでもいえばいいのでしょうか。
そんなチャンスはないでしょうが読んだら結構うんうん と思うところあり おいおい!と突っ込みたくなるところあり。




まずはまともな方。

*女性は条件が色々あると思いますが 最初からこの人は条件にあうかどうかばかり考えないこと。
*プライバシーにあまり踏み込まないこと。特に年齢や過去に何人と付き合ったかは質問しない。
*前につきあっていた人のことは話さないように。聞かれてもはぐらかすこと。
*話題は明るく。仕事や家族の愚痴 健康問題については触れないこと。
*こだわりは捨てましょう。完全な人なんかいません。何か気に入らないことがあったとしても それはデートの相手が神経質になっていたからかも。本当にこりゃだめだ…と 思う人でも それは友達に話すネタになります。

なるほど勉強になります。
女性はどこでも同じだな~と思ったアドバイス

*「この人と結婚することになるのかしら?」とか考えないこと。

確かに気が早い。
気持ちはわかるけど 最初のデートはとりあえず落ち着け ですね。
これと同じアドバイス

*「できるだけ早く結婚して子供が欲しい」とだけは口に出してはいけません。

それは男性の口から出ても女性の口から出ても引きますね。

以下の2点は男性向けですが 確かにいただけない てか 二度と会いたくありません。

*飲み過ぎない

オーストラリアだからでしょうか。
女性も男性もせいぜいワインをグラスに一杯 せいぜい2杯です と 書いてあるところを見ると泥酔する人もいるんでしょうね。

*家に誘わない

これはどっちかというと男性向けの戒めのようなのですが いきなり家に誘う=やる気満々ってことですよね。
確かに この人とまた会いたい!という人 いきなり誘うことはないかも。

しかし世の中にはそれだけをお目当てにデートを繰り返してる人もたくさんいるので 初デートでこんなことされたら 二度と会わない と決める目安にはなりますね。

では 簡単なデート心得ですが…

≫男性
*携帯のショートメールでデートに誘わない。きちんと電話をかけて 特別扱いしているところを示しましょう。
*きちんと計画を立てましょう。レストランは予約するように。
*時間におくれず 女性を褒め ディナーはおごること。
*ウェイトレスやバーテンダーの女性に色目を使わないこと。

オーストラリアの男性 エチケット しらなすぎです!
なんか 携帯メールで 「明日会おう!5時ね!」とか送りつけ 連絡なく 15分いや30分平気で遅れお詫びの言葉もなし。 
やっと登場したと思ったら 「どこいこーかー」と行き先も決めてなくてウロウロ。
挙句の果てにいきつけのバー(ビール臭い)に連れていかれ 「おれ ビール!」と自分の飲み物だけ買って 「あ あそこあいてるよ」と とっととすいてるテーブルに行き 自分だけガンガン飲みまくり バーにいる女性従業員とガハガハ笑ってる。

そんな姿を思い浮かべるのが非常に容易。

さて女性編。

*年収 または賃貸か持ち家か聞かない。
*お化粧は控えめに。大体の男性はナチュラルメイクの方が好きなものです。
*泥酔しない。
*デートの後 自分から連絡せず 彼から連絡がくるのを待ちましょう。来なかったら次です 次!

お化粧と最後のはその通り!と思うのですが 一番最初のアドバイス 非常~~~~~~によくする質問だそうです。
それくらいオーストラリアの女性は収入にこだわります。
日本女性は物欲が とかいいますが ここの女性にはかないません。
もしそう思っててもそれを口に出すことはないのですが オーストラリアの女性はいきなり聞くので 男性ドン引き。
そりゃそうだ 『年収500万じゃないと男じゃありません』みたいな感じですもの(オーストラリアじゃ500万じゃまだ低収入なんですけどね…)。

それで泥酔された日にはたまったもんじゃありませんよね。

男性編だけ読んだときは ちょっとな~と思ったけど 女性編も併せて読んだら 割れ鍋に綴じ蓋 という諺が脳裏に浮かびました。

とりあえず オーストラリア男女ともに 初デートの礼儀はなってないようです。
スポンサーサイト

| オーストラリア | 22:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

初デートの心得

はじめまして。
アメリカ在住16年の日本人です。「初デートの心得」を読んで、アメリカもオーストラリアも似てるなぁ(似て欲しくないところがです)なんて思ってしまいました。すごく笑えます。むかーしあるアメリカ人と初デートで食事中に「君、妊娠できる体?」と聞かれたことがあります。すごいですよね。(笑)それにこの人、夕食は払ってくれたんですが、ふたりでワインバーに行った時「オレさっき払ったからキミ払って」うーん、笑えます。こういう人はロサンゼルスではマレですが。
あと、レストランでかかっているBGMをずーーーっと歌っていた人がいました。特に自分の好きな曲がかかると「オレこれ大好き!!」と言ってすごく興奮して、ギターを弾くマネしたり、、、
いろんな人がいて面白いですね。
ちなみに私は初デートする相手の車種と持ち家か借家か聞いてしまいます(笑)失格ですね。

| Narumi Ogawa | 2009/05/01 04:37 | URL |

Narumiさんへ

はじめまして。アメリカからコメントありがとうございます!

>むかーしあるアメリカ人と初デートで食事中に「君、妊娠できる体?」と聞かれたことがあります。すごいですよね。(笑)それにこの人、夕食は払ってくれたんですが、ふたりでワインバーに行った時「オレさっき払ったからキミ払って」うーん、笑えます。

…この方すごすぎですね。なかなか出合えない逸材かも。

> あと、レストランでかかっているBGMをずーーーっと歌っていた人がいました。特に自分の好きな曲がかかると「オレこれ大好き!!」と言ってすごく興奮して、ギターを弾くマネしたり、、、

…この方もすごいですね…。ミュージシャン志望でいらしたのでしょうか。
なかなか出合えないネタになる方とデートするのはそのときはトホホですが 後になると受けがとれるのでお得と言えばお得です。

> ちなみに私は初デートする相手の車種と持ち家か借家か聞いてしまいます(笑)失格ですね。

そうですね~ この心得によると初デートではだめだそうですので 2回目以降になさった方がよろしいかも?

| プリシラ | 2009/05/04 20:03 | URL |

婚活は…

プリシラさん、こんばんは♪

婚活経験は長い私ですから少々の事では驚きませんが、この心得には笑えました。初デートで年収を聞く人が居るのでしょうか…すごいなぁ。その答えが本当かどうかも疑わしいし、聞いても意味がないように思いますけどね。(笑)私の経験上では、男性に関しては、車を見ると大体分かりますね。高級車が良いというわけではなく、生活とのバランスが取れているか、手入れは出来ているかなどなど…です。

オーストラリアに来て間もない頃、まだ夫と出会う前に、あるパーティーに誘われて行ったことがあります。そこには日本人の女性も何人か居たので、話の流れから、特に期待もせず、「いい人が居たら、紹介してくださいね~」と言ったら、「どんな人が良いのですか?」と聞かれ、当たり障りのないところで、「年齢的には私の10歳前後、普通に仕事をされている方ならいいです。」と殆どの独身男性が当てはまりそうなことを言ったつもりが、「この国では、日本の感覚は捨てた方が良いですよ。」という返事が返って来て、その話は終わりました。その時は呆れましたが、今となっては分かるような気もします。(笑)

ところで、オーストラリアで年収500万円は低収入ですか?1ドル=100円としてもホスピタリティーでは良い方なので、ちょっと驚きました。住んでいる世界が違うのかなぁ…

| ディーチ | 2009/05/04 21:48 | URL | ≫ EDIT

ディーチさんへ

ディーチさん こんばんは。

確かにここの人 年収聞いても嘘つきそうな気もしないでも…。

おっしゃる通り 車は男性の場合 その人を表すような気がします。
4WDに乗ってる男性はマッチョで男性至上主義っぽく保守的で BMWとか高級車に乗ってる人は鼻もちならないやつが多かったです。
しかしバイキーよりはましかもしれません…。
あと タイヤがなんだか非常に高い位置にある車に乗ってる人はかなりヤバイです。って どういう人と知り合ってきたんでしょう 私(苦笑)

>
「年齢的には私の10歳前後、普通に仕事をされている方ならいいです。」と殆どの独身男性が当てはまりそうなことを言ったつもりが、「この国では、日本の感覚は捨てた方が良いですよ。」という返事が返って来て、その話は終わりました。その時は呆れましたが、今となっては分かるような気もします。(笑)

うーんあってるようなあってないような…。
でもやっぱり普通の日本の感覚でお付き合いする人なり結婚相手なりを探すのが一番確実な気がします。でも普通の人だと思っても なんかいきなりワイルドだったりするので 本当に油断なりませんよね。

>
> ところで、オーストラリアで年収500万円は低収入ですか?1ドル=100円としてもホスピタリティーでは良い方なので、ちょっと驚きました。住んでいる世界が違うのかなぁ…

知人のお嬢さんが年収48Kで某大学にお勤めなのですが 家が買いたい!と思っても銀行からローンが組んでもらえず大学にかけあって 年収を上げてもらったとか。
そのときに「あなたは低収入なのでダメです」と言われたそうです。
もっとも税率も高いから仕方ないのかもしれませんが 何せ大卒初任給が40Kですよ オーストラリア。
不景気のせいで多分これも下がっているでしょうけど 聞いてビックリしました。

| プリシラ | 2009/05/05 21:13 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/775-cb68014e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT