Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】縞模様のパジャマの少年

真夏のぶり返したブリスベンからこんにちは。

先週チケットのことでクレイマーと化してまで観た映画 縞模様のパジャマを着た少年(The boy in the striped pajamas)。
縞模様のパジャマを着た少年

あらすじはアマゾンで見ていただくとして↓
縞模様のパジャマの少年縞模様のパジャマの少年
(2008/09)
ジョン ボイン

商品詳細を見る


またもやアウシュビッツもの。
ナチスとか第二次世界大戦ものが最近多いのはどうしてかというと 賞をとるのと一定の数の観客が見込めるからとか メディア学をやってる学者さんが言ってましたが その手にまんまと乗った私とAと友達は三人でこの映画を観たわけです。




観終わった当初は

「うーん 微妙…」

というのが正直な感想。

何が気になったかと言うと

どう見ても全員イギリス人!!


だったんです。 

だからって無理やりドイツ訛りで話されてもちょっと引いてしまうけど あまりにイギリスっぽい喋り方なので ずっと前に観た戦場の小さな天使たちって映画かとさえ思ってしまい どうにもナチスとかアウシュビッツとかそっちに気持ちが行かなかったんです。

話し方を聞いてると 今にも

「アフタヌーンティーよ~」

とかお母さん呼びにきそうだし デビッド・シューリスはじめ 主役の少年など 役者さんたち 顔的にイギリス人にしか見えない。
唯一大尉役の男性だけがドイツ人顔で 全員ああいう顔で 揃えてくれたらまだ英語がばりばりイギリス英語でも気にならなかったんじゃないかなー。

そう言うわけでその日はなんだかなぁ~状態だったのですが 観終わって2~3日して いや 結構いい映画だったんじゃないかなーと考え直した。

お父さん=バリバリのナチス=ナチスの所業にまったく疑問なし
お母さん=普通のドイツ人=ナチスの所業に懐疑的
お姉さん=普通の女の子=ナチスに転向

と一つの家庭の中に 当時のドイツの人々の姿勢をタイプ分けしているところに 

「ドイツ人=みんなナチスサポーター!鬼!」

みたいに思いがちなのをふと立ち止まらせる力がありました。 

これと同時にバリバリナチス=まさしく冷血 ユダヤ=豚!みたいな金髪碧眼美形のSSがお父さんの部下にいて 実際にナチスは女性の心をとらえるために ハンサムな若者をSSにとりたてることが多かったとかなのですが その様子をきちんと描いているのも歴史的に忠実でまたよし。

この人が 実は意外と主人公ブルーノには優しかったりして 冷たそうだけど実は人間なんだ と思わせるシーンがあったり 家族にドイツ逃亡者がいたのたけどそれを報告しなかった というだけで今まで忠実に任務を果たしていたにもかかわらず戦場へ送りだしたり と ナチス内の狂気じみた規律がうかがえる描写も秀逸でした。

圧巻は 自分たちがどこにいるか 夫の任務が何か気付いて狂乱する妻に対して

「これは戦争だ お前ら全員が関わってるんだ」

と言い放つ。

戦争に負けた国はずっとこうやって十字架を背負っていくんだよな…と暗澹たる気持ちになりつつも 

「だからってこれは間違ってる」

と反論する妻に ドイツ人の中にだって良心を持った人がいたことをきちんと示したシーン。
それに対して

「これは重要な作戦の一部なんだ」

というのがまた怖い。

これに加えて 普通のあどけない少女だった姉が ばりばりのナチス党員たる教授に教育されて ナチス信奉者になっていく姿も 当時の子供たちや普通の市民たちに重なります。
情報操作されていたため 本当なら異常だ と気づくところ思考停止してしまい 注がれる情報を一方的に鵜呑みにしてしまう姿は現代の人々にもつながり 人間は50年たとうが60年たとうがそんなに変わらないのではないでしょうか。

こうしたすべてが基本的には主人公の8歳の少年 ブルーノの視点から語られるのですが たぶんこの話 映画より本で読んだ方がよいようです。

というのも いくら主人公が少年であっても 観客たる私たちは完全に少年の目からものを観ることはできず 同じくらいの年頃の少年ならともかく 大人だと何が起こっているか その後何が起こるのか なんとなく見当がついてしまうから。
縞模様のパジャマ と言われても 目で見てしまうと その人たちが一体どういう人たちなのか 基本的にこういう映画に興味を持つ人たち いやそうじゃなくても言われた瞬間わかってしまう。
そう言うシーンが多く 映画だから仕方ないのですが そう言う点でとても惜しいです。

とはいえ 非常に静謐なラストシーンは ドイツ人であれユダヤ人であれ 人間ということに変わりはなく 犠牲になるのはいつでも罪のない人たち というメッセージと テロが続き 戦争がいまだになくならない現代に 人間なんてどんなに悲惨な過去を経験しても60年経とうと 何も学んでいないのではないか という根本的な疑問を突き付けるものでした。

余談ですが パジャマは上と下で対なので複数形。
言われてみればその通りだけどなかなか気付かないですよね。
でも 上だけ着てたり 下だけ着てたりするときはどうなるんだろう。
スポンサーサイト

| エイガ | 22:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

上だけとか下だけって

A Piece of the pajamas になんのかな?

| chuchu | 2009/04/28 21:16 | URL |

chuchuさんへ

なんだろーと思ったので聞いてみたら

Pajama top または Pajama bottom だそうです!
うーむそのまんまといえばそのまんま。

| プリシラ | 2009/04/29 21:21 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/774-fb876d70

PREV | PAGE-SELECT | NEXT