Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クレイマークレイマー

秋晴れブリスベンからこんにちは。

映画がらみで最近ちょっとしたことがありました。




去年11月にローマストリート近くにBarracksという 軍用施設の名残があり ずっと閉鎖されてたのですが 好景気(当時の話)の余波を受けて再開発。
会員になってるパレスシネマがもう一軒できたのをはじめ レストランやスーパーマーケットのコールスができて行ってみたいな~ と思ってた。
でも QRがいきなり本数を減らしたがために 30分に一本しか利用本数が減り(ありえない サービス悪化がデフォルトのオーストラリア) 勢い列車でしか行けないパレス関係からは足が遠のいていました。

でもイースターだしせっかくだから映画を観よう!ということになり クレイ・アニメーションの Mary&Maxを観ることに決定。

ABCの At the moviesのマーガレットとデビットも褒めてたし(でも オーストラリア映画)。

というわけで 電車にのることにして 列車の到着予定時刻の10分前に駅に到着。
これでローマストリート駅(やけに広くて外に出るまでも時間がかかる)から映画館までの歩く時間を計算して 映画のはじまる20分くらい前には到着できるかなという計算でした。

お休みなので割引チケットを買って待つこと10分。
電車が来ない。
でも 予定どおりに来ることはめったにないので 5分くらいは大目に見ようと待ってたらアナウンスがありました。

電車は8分遅れています」

そうか8分か。

とすると 最悪でも 10分過ぎくらいで来てもいいから まあぎりぎりセーフかな・・・と待つ。
待つ。
待つ。
待つ。

電車 来やしない。

予定時刻を15分過ぎても 電車の来る気配もないし それ以上のアナウンスもなし。
しびれを切らしたAが

「7時になったらもう帰る 次の電車だって時間どおりに来るかわかんないんだから 待ってるだけ精神的ストレスになるから やめよう」

と 最後通告。

「時間どおりに来たら ぎりぎりセーフで入れるから 待ってみたら?」

と聞いても断固拒否。
ストレス源はなるべく避けたいらしいし 言いあうと 今度は自分のストレスになるのでOKを出しました。

思ったとおり7時になっても電車は来ず そのまま帰宅。

チケットもったいないのもあるけど こういうのって一応先進国(異存のある方どうぞ 私は信じてませんそんな戯言)の政令都市なのに チケット払い戻しシステムもないし こんな適当なアナウンスはどうよ と 思ったので とりあえず QRサイトへ行ってみました。
お客様の声ページがあったので 状況を説明してから 

1)無人でもアナウンスは正確なものにしてほしい。遅れますじゃなくて キャンセルされました なら そのまま車で行けたのだから。
2)お客の責任ではなくキャンセルがあった場合 払い戻しができるボックスみたいなものがあってほしい

とリクエスト。
そのうえで

「チケット代も返してもらえたら嬉しいなぁ」

と書いて送信ポチ。

4日後返事が来ました。

概略はこんな感じ。

「お客様の声ありがとうございます。今後のサービスの改善に生かしたいと思います(ホントか?サービス減少の時もそう言ってたぞ!)つきましては お客様のチケットの払い戻しには チケットをコピーして送ってください。今後もQRをご利用ください」

おお やればできるじゃん!

と ちょっと感動。

これに気をよくして 土曜の晩 またもやバラックスまで映画を見に行ったのですが ここであったことは長くなったので 次回。

(関係ないのですが ある人に 「~へ」というのは「~に」という書き方に比べ 冷たい感じがするから と 言われ直すように言われたのですが そうなんでしょうか?)
スポンサーサイト

| オーストラリア | 12:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>おお やればできるじゃん!

グッジョブ!i-184i-234
しかし、そうなんですか。朝、TVに各路線の遅延状況が放送されている日本ではちょっと信じられない。(他のアジア圏はともかく)
とにかくなんにしても「お客様は神様です」っていう国だなー、と痛感。

(>「~へ」というのは「~に」という書き方に比べ
 ?例えばどんな文ですか?)

| 百 | 2009/04/20 21:06 | URL | ≫ EDIT

百さんへ

> しかし、そうなんですか。朝、TVに各路線の遅延状況が放送されている日本ではちょっと信じられない。(他のアジア圏はともかく)
> とにかくなんにしても「お客様は神様です」っていう国だなー、と痛感。

そうですよ 日本は電車が本当に便利。
基本的に政令指定都市じゃない街へ行った と思えばいいのでしょうが でも一応地元札幌と同程度の規模なので…納得いかないんですよ。
大都市になって「次に来るのはブリスベン ふっふふ~ん」みたいな顔してるけど インフラの遅れはあまりにも歴然とし過ぎてて それに気づかないのって視野が狭いんだな とつくづく感じます。

日本のお客様は神様ですも行きすぎなときがありますが やはり誇っていい文化です!すばらしいです!

助詞の使い方の例文ですが たとえば「百さんへお届けします」って書いたら 「それは冷たい感じがする! 『百さんにお届けします」が正しい」と言われたんです~。

| プリシラ | 2009/04/21 06:52 | URL |

恵まれているなぁと実感

遅延には何度も苦しめられてますw よくあるんです。
でも表示ありの場合は、余裕持った時間表示してますね。
乗客が煩いからでしょうけど、助かりますよね、やっぱり。
でも、払い戻しできて、良かったですねー!

買い物に行きます 買い物へ行きます とかの例でいいんでしょうか?
日本語なら?ってなりますし、その人の主観なだけな気が・・・
私みたいなテキトー人には、細かすぎる!と思ってしまいました。
あまりに細かなことにこだわってたら、ちゃんと物事見れない気もするんですが。

| おこうちゃん | 2009/04/22 01:03 | URL |

よかったですね。チケット代かえしてもらえて。
クレームは、やっぱりプリシラさんのようにメールでするのがよさそうですね。
人間相手に怒りにまかせてもいいことないと経験でわかってるはずなのに、ついついまたやってしまう私です。

たしかに「に」と「へ」の使い分けは難しいです。私は、「に」を使ったフレーズと「へ」を使ったやつと両方ググッて多数決で決めたりしますが。でも、どっちでもよさそうな場合けっこうありますよね。三省堂のこのサイト見てなるほどと思いました。
http://www.sanseido.net/main/Words/hyakka/howto/15.aspx#two

| あっちゃん | 2009/04/22 14:58 | URL |

おこうちゃんさんへ

日本は恵まれてますよね本当に。
ここの人はいかに自分たちが不遇かわかってないで 自分たちが一番!とか不思議なことに思いこんでます。面白いです。

時間を表示してくれるなんてやっぱり日本って親切ですね。
乗客がうるさかろうが 絶対いいことです!

やっぱり「へ」と「に」ってそんなに違いはないんですね。よかったです。
どっちだって意味通じたらいいじゃない!って思います。

| プリシラ | 2009/04/23 22:18 | URL |

あっちゃんさんへ

人間相手だとここの人は謝りもしないで「自分の責任じゃない」「人間誰でも間違いはある」とかいうのでかわいくないですよねー。すいません の一言を言うだけでお互い楽になれるのに 責任認めない文化はどうも窮屈です。

三省堂のサイトありがとうございます。これからじっくり読ませていただきますね!

| プリシラ | 2009/04/23 22:20 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/767-29802fb1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT