Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パーティーへ出てみる

雨模様のブリスベンからこんにちは。

昨日は快晴だったので洗濯をしました。
シーツを干して あらちょっと濡れてる…夕方まで干しときましょ 
と思ったのが運のつき。

あっという間に雨が降り ぐしょぬれになってしまい 今日まで持ち越し。

と思ったら今日も雨模様で 今だにシーツは濡れてます。
乾くんだろうか 今週中に

とまあ そんな風に短気な私も訓練されて次第に気長になってきたわけです。

そんな短期改善がどこまで進んだか試されるのが毎年恒例の 知り合いの会社社長さんのパーティー。
パーティーと書くと きれいなドレスで着飾り上品にカクテルなんぞ飲みつつ…というイメージがありますが 実際は 全 然 違います

昨年はピエロが二人 会場を練り歩き 私に向ってピエロの片割れがピエロ特有の甲高い作り声で

おや~ この会場に ボクより小さい人がいるとは思わなかったな~ 君はホビット?

と 笑えない冗談を言い 顔がひきつったのを思い出します。

そして今年の出し物は ダンス。

ダンスといっても 

1.ベリーダンサー
2.サルサ
3.ブラジリアンダンサー

が登場する という際物ぶり。

すごいんですよ 不動産関係のパーティーなんで おっさんも結構いるんですが ダンスが始まると みんな談笑するのやめて 一気に半裸の女性に釘付け。
ガヤガヤうるさい中 一所懸命国際交流のために拙い英語で会話してる私を放り出して 50がらみのおっさん 失礼とも言わず サルサダンサー(黒いミニスカ ハイヒール)に見惚れてるじゃーないですか。
そりゃ 私は色気とは程遠いですがその扱いはなかろう。

というわけで お酒も飲めず 言葉も不自由な私にとって 非常に退屈なパーティーでした。

その他にも インドネシア人と結婚してるという50歳代くらいの不動産屋さんに

「こないだ日本行ったんだけど いいね 日本は!アジアはいい!」

と電車に食に と 絶賛されたうえ

「いや~ 君 小さくて可愛いね! 本当にキュート」

と頬ずりされんばかりになり ぎょっとしたり。

いや酔っ払いというのは大変です。
最後の方には ブラックベリーでポルノ画像を見せ合ったりしてたそうで もう無礼講。
最初は騒音 途中はダンサー 終わりはエロで 非常に疲れた金曜の晩でした。

さて このパーティーの主催者の社長さん ことAのお友達 現在新しい彼女さんと暮らしていることは前にもどこかで書きましたが 社長さんベタボレ。
彼女さん小柄だけど巨乳で すいかが2個胸にくっついてる感じ。
そんな女性が ダーリンダーリン言ってくれるんだから まるっきり うる☆やつらのラムちゃんなわけですね。羨ましい。

で その社長さんが言うわけです。

「うちの彼女 明日 俺がビジネスミーティングの間暇なんだ どこか連れて行ってやってくれないかな~」

Aがこの社長さんに恩義があるので かる~くお引き受けしました。
時間も午後からでいい ということなので朝寝坊できるし。

この話は長いので続きはまた今度。

スポンサーサイト

| 日々の話 | 21:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

アジアはいいね

の言葉は、なんとなく裏を考えてしまいます。
どういう観点からそう思われるので?
とつい、内心思ってしまいそう。いや、云われたときいつも思う。おじさんが云うと……
それは私が歪んでるから。

私は呑んで最後は多分あんまり覚えてない、と云う感じになるので、ちょうどいいっすね~

| siorin | 2009/04/01 21:09 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

アジアは…って 白人にとっては どこも一緒なんですよね 残念ながら。
うちの妻はヨーロピアンなんだ!って言っても 北欧南欧で全然違いますし ラテンなんだ!っていっても メキシカンとブラジリアンでもまた違う という説明すると納得してくれますけども。

Siorinさんがゆがんでるのではなく いわゆるエロ産業が盛ん っていうのも ちょっとおっさんに言われるといやな気持になる原因かも。

しかし あの会場の怒涛の盛り上がりぶり まさしく忘年会の無礼講でした。
酔っ払い怖い…。

| プリシラ | 2009/04/01 22:17 | URL |

「お守りは大変」のほうから先に読ませていただき、プリシラさまってすごい忍耐力と思いましたが、こういう経緯があったんですね。

社長さんに大切にされてるラムちゃんのような女性ってどうやって扱ったらいいのかしら、と考えさせられました!わがままを張り合う?..う~ん、やっぱりわからない.....

またお守りの機会があられましたら、(おにぎりとカメラ持参で)今度はわたしが挑戦してみたいです!?

| Happy Gilmore | 2009/04/01 23:51 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

忍耐力と言うより どうにもできない理由が…そうじゃないなら 帰ってました。

しかしラムちゃんって かわいいけどわがままで ホントそのまんまです。
年は3倍くらいだと思うのですが。
一番いいのはわがまま言う人のいうことは聞かず じゃあ別行動ってするのが一番なんですけどね~。

次のおもりのときはHappyさんもご参加ください!二人ならなんとかなりそうな…いや やっぱ無理かも・・・。

| プリシラ | 2009/04/02 21:11 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/756-dfafaa6f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT