Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ババちゃん 19歳

夏逆戻りのブリスベンからこんにちは。

暑いです。
暑いので うちのはいつもひっくり返っています。
床のタイルが気持ちいいらしいです。

さて うちのアパートは珍しいことにペット可。
前の住人もを飼ってたらしいのですが 一階のおばちゃんの家にもが一匹。
その名も ババ。
バーバラの愛称らしいのですが 年齢19歳だけに 婆という言葉があてはまります。

ババちゃん 前は飼い主が出かけるときには前にお隣に住んでたおばちゃんが面倒みてたのですが 昨年 このおばちゃん(わかりづらいので それぞれ頭文字をとって こちらをV とし 飼い主をMとしましょう)があわくって我が家へ飛んできました。

「ババが動かないのよ…死ぬのかも…」

おっかなびっくりそれを見に行ったAですが 戻ってきて一言。

「あれは長くないね…」

しかしそれから1年が経ちますが ババはとりあえず生きてます。
しぶとい。

しぶといもさることながら そんな状態になったババなのに 半年くらい前から盛り返した。
前は外なんか出ることがなかったのに うちのが外から覗いていたりしたり 前庭でひなたぼっこしてたりしたら 威嚇したりするからでしょうか。
ババは年の功でものすごい気迫で うちのどらを威嚇し返し その後 夜外遊びに出かけたり 今までは乗ることのなかったテーブルに飛び乗ったり と 元気になった と 報告を受けました。

Aが それを聞いて一言。

「死ぬ前の最後の輝き ってとこなのかな…」

しかし半年が経ち おばちゃんMと立ち話をしても

「あの病院は高いから 行っちゃダメ」

という話は聞くけど ババが死にそうだ なんて話はとんとなし。

そのさなか またもやおばちゃんMは週末どこかへ泊まりで行くので 不在の間 ババに餌をやってほしい と Aが頼まれた。
Aが頼まれても面倒をみるのは私。
なぜなら

「あのうちは臭いからヤダ」

だそう。
いやなら引き受けないでください。
しかし自分の魚の面倒をみてもらったので断るわけにはいかないらしい。
とりあえずはかわいいので面倒は我慢してみることにしました。

鍵を開けようとドアをガチャガチャやってると 我が家の猫が忍び寄り不審そう。
何してんの!と言わんばかり。

いざ入ってみると ピアノの前で突っ伏して寝てるババ。

まさか死んでるのでは…

と ドキドキしながら様子をうかがうと 目をあけた。
いつも舌の先っちょが出てるけど どうやら元気そう。
餌と水はたっぷりあるけど 水入れが汚いので洗ってやり どうせ老い先長くないならたまにはおいしいものでも食べさせてやろう と 自分の猫に

「いたずらしないんだよ」

と言い聞かせて 我が家用のダイエット・ドライフードを少しやってみた。

鼻の先に一つかがせてみた。
ふんふんふん…と においを嗅いで 餌置場の台所までよろよろとやってくるババ。

「ああ ババはやっぱり老い先短いのね こんなにヨロヨロで…」

と可哀想になった。 
ババはとりあえず一皿ぺろりとたいらげて 元通りピアノの前に座ったのを見届け トイレ掃除をしてから なでなでしてその日は終了。

次の朝も トイレと餌やりに。
当然Aは 行きたがらない。
引き受けたのに行かないなんてズルイ。
ズルイというか無責任 と思うけど ほうっておいたら文句言うばかりで何もしないだろうから それ見てイライラするより自分で全部した方が早い。

とりあえず 昨日やったのがなくなったので 違うドライフードをやることに。
やっぱり放置されてるフードは酸化しててまずいだろうし ババちゃん 少しは猫生 楽しみがあった方がいいよね。

封をあけたての 「好みがうるさい猫用」ドライフードを一食分 小皿に入れて持っていき トイレが汚れたのを取り替えてから (しかも気に入らなかったのか トイレの外側でしてた) ドライフードを見せると。

ババがものすごいスピードで歩いた。

それは普通の猫のスピードで 足を引きずっている様子なんてほとんどしないくらい。

小皿を手にし ババの前を通り過ぎ 台所へ入り
「さ ババ ゴハン」
と言いかけたときには すでに足もとに。

早くおいしいのチョーダイ

と言わんばかりに鳴いている。

小皿を置いてやると 食べるスピードも尋常じゃない。
いわゆる がっつき状態。

あっという間に一皿平らげて もう少し欲しそうなくらい。

しかしあんまり食べすぎて具合が悪くなっても困るので それでおしまいにして しばらくなでなでしてたら寝てしまいました。
年寄りに暑さはこたえるらしい。

お昼すぎ おばちゃんMが帰ってきて ありがとう と 言われたのですが Aがまた

「あれ 年より用の特別フードだから 今度買ってきてあげるよ」

といらない約束しており ああ また口だけで忘れるんだろうな~ と 思いつつ それを思い出させるべきかどうかちょっと迷う。

とりあえず ババちゃん 最後くらい楽しく過ごせればいいのかな。

Aは 

「あんなになって生きてるなんて可哀想に…リューマチが痛いのに お金ないからって痛み止めもやらないなんて 安楽死させてやったほうがいいのに…」

と言ってますが あのときの餌までの歩みの早さとがっつきを見たら 安楽死どころかババちゃん あと5年は生きそうです。
ババちゃん 今 19歳。
あと5年生きたら24歳。

尻尾の先はまだ割れてません。

スポンサーサイト

| | 22:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

ババちゃん

なんだか、いいですねぇ。
うちは姫を4歳で亡くしちゃってから、
今いるコらを何がなんでも、長生きさせたる!
と思たので、ババちゃん、ステキです。

痛み止めやらんというのは、いかがなもんですが、
生きてれば、優しいプリシラさんに、
美味いメシをいただけるようなこともあるんですもん、
安楽死なんて、とんでもないっス。
私の主観ですけど、老後ってそういうもんやないかと。

ま、プリシラさんの手間は増えているので、
Aさん、たいがいにしとかないと!と思ったりもしますw
ババちゃん、最後までがっついて!

| おこうちゃん | 2009/03/03 01:02 | URL |

19年!

私が知っている最長老猫は18年です。
同僚のとこにいる子で、メス、
歯はかなりガタが来ているようですが、まだまだ食欲が衰えず、
こんな食欲じゃあと2,3年は・・・・と言われています。
ババちゃんとの食欲勝負!どちらが勝つでしょう!(じゃなくって)
尻尾の先が割れているか聞いてみますね♪

しかしAさん、なかなか賢くプリシラさんの性格を見越して安心(とりあえず僕が忘れてもきちんと覚えていてくれる優しい彼女Pが代わりにしてくれるよw)していると見た!(笑)

| 百 | 2009/03/03 02:30 | URL | ≫ EDIT

おこうちゃんさんへ

> 今いるコらを何がなんでも、長生きさせたる!
> と思たので、ババちゃん、ステキです。

すばらしい心がけです!
うちもがんばらなくちゃ…と再度思いました。

痛み止めはお金がないので仕方ないのですが 人間でもそういう人いますよね。でも 生きてたら楽しいことやいいことも起こったりするので ガンとか不治の病で苦しんでいるのではないなら 安楽死 はさせる必要ないんじゃないでしょうか。

> ババちゃん、最後までがっついて!

ババちゃん 最近は暑いので ずっと家の中にいるようです。
もう少し涼しくなったらまたもや前庭で昼寝するようになるんじゃないかしら。
そんな感じの老後を迎えたいな~ と ちょっと思ったりして(除くリューマチ)

| プリシラ | 2009/03/04 20:33 | URL |

百さんへ

> 私が知っている最長老猫は18年です。
> 同僚のとこにいる子で、メス、

18年も長生きですね~。
メスの方が長生きなのも人間と同じ…。

> ババちゃんとの食欲勝負!どちらが勝つでしょう!(じゃなくって)
> 尻尾の先が割れているか聞いてみますね♪

食欲勝負ならババちゃんも負けないと思いますよ!
尻尾はもしかして 夜だけ割れてるかも。

> しかしAさん、なかなか賢くプリシラさんの性格を見越して安心(とりあえず僕が忘れてもきちんと覚えていてくれる優しい彼女Pが代わりにしてくれるよw)していると見た!(笑)

いや見越しているのではなく 安請け合いなんだと思います(笑)
困っている人はほうっておけないけど面倒はみられないんです。厄介なタイプですよね…。

| プリシラ | 2009/03/04 20:36 | URL |

プリシラさん、こんばんは♪

ババちゃん、まだまだ頑張れそうですね~(笑)
プリシラさんと、プリシラさんの猫ちゃんのおかげで生き甲斐を見つけた感じですね。
元のご飯に戻った時は、ガッカリしたかもしれないけれど、またプリシラさんに会えるのを楽しみにしてるでしょうね。

尾の先が割れる、というのは何かあるのでしょうか?
初めて聞いたので。

| ディーチ | 2009/03/07 20:45 | URL | ≫ EDIT

ディーチさんへ

ババちゃん 今日もお昼ごろ 外で寝ていました。
まだまだいけそうです 本当に。

尾っぽは猫又になると尻尾の先が割れるので・・・苦笑
ババちゃん 猫又に化けるまで頑張ってほしいです(それはそれで怖いけど)。

| プリシラ | 2009/03/09 18:30 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/740-31aa6558

PREV | PAGE-SELECT | NEXT