Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お客様は神様です

ほんのり暑いブリスベンからこんにちは。

お友達に会った時のこと。

台湾人のSちゃん 前からファッション関係に興味があったのですが 大手デパートではなかなか仕事が決まらないため 知り合いのつてでとある有名靴屋さんで働き始めたのこと。
今までずっと学生だったため 就職経験がないことが悩みだったのですが 初仕事で好きなファッション関係なため まずはパートタイムながらも働くことで経験を積みたい という理由だそうです。

「でもね まだ働き始めて2週間なんだけど お客さん変な人が多いのよ」

とあたりをきょろきょろ見回しながらそっと囁くSちゃん。

「人種差別をするわけじゃないけど」

と 前置きしていったのが

インド人はいやね~~~~~~!」

聞けば まず人使いがあらい。
自分はどっかり座って あの靴を持ってこい この靴を持ってこい はまだ我慢するにしても
自分で靴を脱ぎ履きせずに店員さんに靴を履かせろ と 命令する人。

あれを持ってこいこれを持ってこいはいいけど いいだけ試した後で何も言わず 靴を店中に履き散らかして そのまま出て行く人。

ためし履きをしながら大声で 「ああ足が痛い 質が悪い 歩きづらい」 と 延々と文句を言い続ける人。

バーゲン中にもかかわらず 「値段が高い 負けろ」と値段交渉を始め バーゲンだからこれ以上は値引きはちょっと と言うと 「こんな高い靴インドじゃ売れない」 と吐き捨てるように言う人。

こういう人が何人もいるだけではなく 特徴が重なってたりもするそうです。

「お客さんだから大概のことは我慢するけど 売りつけようとはしてないんだから どならなくてもいいと思うのよ…」

良心的なSちゃんは 「試してご覧になってください 気に入らなかったり足にあわなかったりしたら別にお買い上げにならなくてもよろしいですから」 ときちんと言ってるらしい。
それでもインド人たちは 「売りつけようとするな おしつけがましい」と言うそうで。

「そのうえね」

と いつもはおとなしいSちゃん 初めて出会うトンデモな人々に圧倒されているのか話は続きます。

「イタリア人かな お母さんと娘さんが来たのよ」

なんでもお母さん 外反母趾で そりゃーもうすごい足をしていたそう。
しかし いつまでも女心を忘れたくないお母さんと お母さんの足の状態なんぞ考えずに どんどんハイヒールを選ぶ娘。
傍で見てるSちゃんをはじめとする店員さん達皆はらはら。
どう見ても足が痛くなりそうな 10センチくらいあるヒールに無理やり足を突っ込むお母さん。
その話を聞いて シンデレラのお姉さんを思い出したのはきっと私だけじゃないハズ。
そんなとんでもない靴でも 足のココがあわない と言いたいのだろうけれど ものすごーく訛っているため何言ってるかさっぱりわからないので接客もままならない。

困惑する店員さんたちをよそめに 娘が手渡す靴を次々試していくうちに なんとお母さんの足から大出血!
店員さん達大騒ぎ。
足を拭くためのタオルを探しに行く人 
靴をきれいにするための用具を手に駆け寄る人
皆右往左往。

肝心の母子は慌てて逃げ去ってしまい 残されたのは血まみれの靴。
靴を裏返すと中からポタポタと血が滴ったとか。

「そんなになったらもう売りものにはならないんだけど そのお客さん達逃げちゃったから損しちゃったの」

そんな気の毒な しかし聞いてる分にはネタになるお話はまだ続きます。

「一番ひどかったのがね 本土からの中国人のお客さん」

Sちゃんの勤める靴屋さんは男性用も売ってるそうで 40歳くらいの男性がビジネスシューズを買いに立ち寄ったそう。
あれこれ紹介していると その男性 いきなり

「ところであんたは中国語は話す?」

と聞いたので

「はい できます」

と答えたSちゃん。

「あんたは香港人か?」

とたたみかける男性。

「いえ 私は台湾人です」

と答えると

「台湾は中国の一部だ!国じゃない!」

と言い捨てて そのまま店を後にしたとか。

こういう話を聞くと 日本人でよかったな と しみじみ感じます。

大変なSちゃんの靴屋さんでのお勤め どれくらい続くでしょうか。
ネタがたくさん転がってそうなので やめないでもらいたいなー と願ってしまうのは 友達がいがないかもしれない…と ちょっと心苦しかったりして。
スポンサーサイト

| 異文化体験 | 22:21 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

たいへんですねぇ

もう随分前ですが、わたしもあのインド人の電話攻勢でちょっとキッとなったことがあります。こっちがお客さん予備軍だったにもかかわらず。
その頃ブロードバンドを始めようと思ってたので、聞いたことも無い電話会社だったけど珍しく話を聞いて、ブロードバンドはあるのかって質問したんですよね。あるけど、それは加入してからその担当に聞いてくれとか言うので、いや私のプライオリティーはブロードバンドだから、って言うと
"You don't understand"って言われてムカッ。
私は100%分かってたつもりですけど、もし分かってなかったとしてもこの言い方は無いでしょう、勧誘なのに。

| triple D | 2009/02/05 10:14 | URL |

それは文化?

人使い荒そうなの、文化でしょうか。
何でも値切るのも……。
ま~、なんかそんな人たくさんいないと思いたいですが。
きっと本国では超金持ちかなんかなんでしょうね。
普通の家庭ならメイドがいるんでしょ、インドって……。

そんなんだと接客大変そうだなあ。

ところで、よく分からんのですが、台湾は中国の一部って、香港は違うんだろうか。
台湾人も香港人もきっと含めて欲しくないと思ってるとは思うけど。
違うのかな。

| siorin | 2009/02/05 19:17 | URL | ≫ EDIT

日本人の客もヒデ~よ。ビールだおつまみだって手間はかかるし、ウンチクはたれるし、それでいてチップは少ないからな~

| チュチュ姫 | 2009/02/06 01:28 | URL |

ごめんなさい

思考が飛んでいますね。

てか変なところに、値切る話が入ったので、自分で読んでて(自分のコメントの)意味が……

人使い荒い ->(靴持って来させ、靴を履かせてもらおうとする)-> 金持ち
どんだけ甘やかされてんだ、って感じですが。

ちなみに、イタリア人の親子に関しては、(あ、でもどこにでもいそうだなあ)女心より健康!!!
と云ってあげたい。

| siorin | 2009/02/06 19:00 | URL | ≫ EDIT

Triple Dさんへ

大変な目に遭われたんですね~。
そういえば先日もうちにインド人の電気会社の勧誘が来ました。でも 何言ってるかさっぱりわからないので

「ごめん 必要ないから」

と言ったら やっぱり

「You don't understand」

って言ってたような…。
もしや そのセリフはお客さんが逃げようとしたときはそう言え と 仕込まれてるのでは???
そして インド英語では 「あんたわかってないね~」ではなく 「お客様 何を逃したかわかってらっしゃらないんでは?」という意味なのでは???

| プリシラ | 2009/02/07 22:22 | URL |

Siorinさんへ

いえいえ大丈夫 わかりましたよ。

確かに召使意識が抜けないのかもしれませんね。
そういう国から来たお嬢様とか そういやそういう態度 誰に対しても取ってました。そんで 普通のオージーにまで召使風な態度を取り 反感を食らってました。
習慣で抜けないのでしょうが やっぱり店員さんだって同じ人間なんですから・・・って その意識がもうないんですよね。
難しいですね 接客ってほんと。
Sちゃん この仕事に慣れてきたら 元々若いのに人間ができてるけど さらに丸くなりそうです。 

| プリシラ | 2009/02/07 22:25 | URL |

チュチュ姫さんへ

日本人とここに挙げたお客さんでは とんでも客の相対的な比率が違いそうな気がします。
少なくとも靴を脱ぎ散らして無言で出て行くことはしなさそうな…とりあえず そんなお客さんには会ったことないですし 会いたくもありません。

しかしチップ面倒ですよね。
イギリスではこないだ ホテルでチップ置いても持って行かなくなってました。

| プリシラ | 2009/02/07 22:28 | URL |

たいへん・・・

数年前、接客業の友人が、インド系中系の方の、
似たような事件を言ってました。
そこまで横柄ではないけれど、他の客に対して、
とんでもなく迷惑をかけて、困ってる・・・と、
えらくストレスを溜めていて、可哀想でした。
お友達、ストレス溜まってはるでしょうね・・・

まぁ、最近は、日本人でも増えてきてるな、
と、驚くことが増えました。
おかしなヤツはどこにでもいますが、
比率はあると思います。私も経験ありますし。

そうはならないように、と気をつけます。
自分がされてヤなことは、しない。はい。
でもヤられたらヤリ返しまーす、優しくこてんぱんにw



| おこうちゃん | 2009/02/08 21:37 | URL |

インド人の牛乳屋さん

こんにちは。 お久しぶりにおじゃまします。
わがサイト、最近、インド人+牛乳で
アクセスが多かったんです。
それでインド人が気になってたところにこのお話。

こちらの大学のコンピュータラボって、
飲食はもちろん禁止ですが、そこで、
どうどうと飲み食いしていたのが
インド人の留学生集団でした。 
中にはマグまで持ち込んでいる学生もいて。
さらにそのなかには、
いつもツンとした王子様みたいな人もいて。
インド人、どんな人たちなんでしょうね。

| Happy Gilmore | 2009/02/09 13:54 | URL |

おこうちゃんさんへ

思うに日本ってアメリカに占領されたせいで西洋文化とかが一番と思ってる所があるけど C国やI国ではそれがない 自分のところが文化発祥地っていう意識があるから堂々としてる といえばいいけど 現在のワールドスタンダードに合致しないのかな とも今ふと思いました。
とりあえず お客様商売って大変ですよね。

肝心のSちゃんですが 本日メールがあり
「最初はアルバイト気分だったけど 靴が一足売れるたびとっても嬉しいの~ ファッション関係入ってよかった!自分のビジネス始めるためにも途中でやめてたアカウンティング 終わらせようと思う」
と とっても前向きでした。
彼女にならって私もなんかがんばろう と 思った一日です。

| プリシラ | 2009/02/09 19:15 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

インド+牛乳…一体なぜ???すごい組み合わせですね~。

インド人 きれいな男性はものすごーくきれいだし 感じのいい人もたくさんいたし(大学で会った人たちです)スリランカとかインド系の女性の友人はみんな美人だし 反感はないのですが どうも観察してると成金系が態度悪いようです。
ここで言われちゃうタイプの人たちはそういう意識がないんでしょうね。日本人が経済力をつけ始めたあたり って思っておけばいいのでしょうか。
しかしどこの人でも態度悪い人は悪いので とりあえず自分だけはそんな風に言われるようにはなりたくないなと肝に銘じておきます。

| プリシラ | 2009/02/09 19:20 | URL |

悪名高いですよね

プリシラさん、お久しぶりです!

インド、パキスタン系の人達は確かに悪名高いですよね。
「横柄なくせに怠け者が多い」と聞きました。
もちろん全員ではないでしょうが、その傾向があるのでしょうね…
特に移住してきた人に多いのかもしれませんし、
インドに住んでいるインド人を知らないので比べようがないですが、
やはり、外国に来たのだから、その国の代表として、
自国にいる人達よりもマナー良くして貰いたいものですね。

それにしても、記事を読ませて貰って、
インド人の態度が酷いのも驚きますが、
靴屋も大変だなと…
とんでもない足の人って居そうですもの…
外反母趾の流血騒ぎも驚きですし、
水虫が凄い人とがどうなるんだろう???なんてね…(汗)
考えると怖いですよね。
お友達、頑張って欲しいです。

| ディーチ | 2009/02/14 13:16 | URL | ≫ EDIT

ディーチさんへ

こちらこそお久しぶりです!

確かに外国にいると 自分ではフツーにしてるつもりでも その国代表みたいに振る舞いに気をつけなくちゃならないことも多いですよね。でも いい点を悪用しようとする人も多いので その辺の注意も大変です。

水虫の人 考えたこともありませんでしたが
暖かい土地だけにありそうですよね。
靴屋さんには無料の靴下がためし履き用に置いていますが あれなんて相当危険そう…。

昨日友達のお誕生日だったのですが プレゼントは前私しておきました♪ 初めての仕事だけに大変でしょうけど がんばってほしいです!

| プリシラ | 2009/02/16 21:27 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/726-6e97eaed

PREV | PAGE-SELECT | NEXT