Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】扉をたたく人 (原題:The Visitor 2007)

秋の気配が感じられるブリスベンからこんにちは。

とはいえ メルボルンとアデレードはものすごーく暑い様子。
Siorinさん がんばって!

ということで まだまだ映画見続けてるので さくさく進めたいと思います。

今回は アカデミー賞かなんかにノミネートされてて驚いた作品 扉をたたく人(The Visitor)。
The Visitor

これまた アメリカ人好きだよね… みたいなので驚くようなことじゃないといえばそうなんですけど
でも 飛行機の中で観て 惜しいなぁ~って思ったんですよね これ。
前半はいいけど後半で失速するパターン。

あらすじといえば 妻に先立たれてすべてにやる気を失った大学教授。
趣味をと思って始めたピアノもプライドが邪魔してやめてしまい 肝心の仕事も共同執筆のみで 進んで研究に励む気力も既に失っている。
そこへたまたま共同執筆した論文の発表をすることになり アパートを持つNYへ出向いたところ そのアパートには不法労働者の中東系青年(確かシリア?)とアフリカ系女性のカップルが。
聞けば 友達の紹介で不法滞在とは思ってなかったと礼儀正しく 二人はアパートを出て行くものの ゆく宛のない二人の同情したのか はたまた一人が寂しかったのか 教授は二人をアパートに滞在させる。

青年が叩くアフリカンドラムに興味を持つ教授に 青年はえらぶることなくドラムの叩き方を教える。
技巧ではなく 心からあふれるものを という教えに心動かされ 教授はピアノのときのようではなく素直にドラムの練習に打ち込むようになる。
その姿を不審に思うアフリカ系の彼女にもかかわらず 青年は教授との親交を深め 教授は生きがいを見つけたような思いにかられる。

二人が公園でのドラムパフォーマンスを終え地下鉄に乗ろうとしたとき 警察に青年は見とがめられそのまま拘束されてしまう。
実はこのカップルは不法滞在者だったため このままでは強制送還されてしまう と 教授の奔走は始まる…。

と書くとここまですごーく面白そうに聞こえますよね。
実際ありがちだけど面白い。

個人的にはこの教授やなやつだな~とは思うけど 年をとったらなかなか自分の生き方とか考え方を変えるわけにもいかないのよくわかります。 
どうして外人との出会いじゃないとダメなんだよ? 自分の中から見つけろよ!とかいう突っ込みもしたくなるけど そこまで違うものじゃないと そうそう変わるきっかけにはならないもんだ という理由も納得はできるので ここでは問わないことにします。

アメリカの不法滞在問題と 老いる という 二つの点を組み合わせた点では着眼点はいいんです。

メインストリームで知識階級に属する教授と 不法移民の若者という 人種文化年齢階層というすべてを越えて人間同士 仲良くなることもできるんだ と 希望を持てる内容も好感度大。

でも このあと 作品の中心となる第4の人物が出てきてしまい これが個人的には不要。

この人が出てきたばかりに 最初のトリオの一環であった アフリカ人彼女がスポーンと話全体から消えてしまうんですね。
そこでこの作品はアフリカ系の移民や イスラム教の問題点を語る手段を自ら放棄し 単なるメロドラマへと陥り 最終的には 

「新たな自分の創造」

という よくあるテーマに終わってしまうのがつくづく残念。
通常のメロドラマを通らずとも 異文化異人種との交流だけで教授には新たな世界への視点が開ける というので十分だったんじゃないかな。

観客へのサービスというか 教授だって年取っても…みたいな 観客への媚に見えてその辺も不愉快。友情だけで十分じゃないか!
いくつになっても男は男 女性との色恋があってなんぼのもの…ってことなのかもしれないけれど そういう生臭いことなしに 素直に世界の不公平を垣間見せてくれるだけで十分映画として感動的だったかな。 

それにしても 先進国では燃え尽きてたりするってのは深刻な問題で それに対してよい生活を ってあがく人もいて 後者から見たら前者ってきっと贅沢な悩みなんでしょうが でも どっちも等しくつらいんだろうな…と ちょっと悲しくなった次第。

とりあえず 悪い作品じゃないけど ポイントをしぼったら もっと良作になったのに 惜しい! っていうのが正直な感想です。
一般的には その人が出た方がアピールする対象が増えるからなんだろうけど 映画のメッセージ的に この人が出たせいで分散してしまった そんな気がします。
スポンサーサイト

| エイガ | 19:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

これ最初の10分でイヤになっちゃって、どーしても観れなかったよー。気分の問題もあったかもしんないけど、全く掴みのない映画だった。

| chuchu | 2009/01/28 20:50 | URL |

映画とは関係ないけど

秋の気配?
きっとそれは幻です。

アデレードは暑いです。
これがまだ、金曜まで続くって……
土曜日は寝られるだろうか。(暑くて寝られません)

| siorin | 2009/01/28 22:39 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

あのハゲおっちゃんのちゃぶ台返しまがいの態度に耐えられないと この映画キッツイですよね。しかも人間として魅力が微妙にないし…(だからこそ リアル!って評価もあるみたいなんですが)

不法滞在の人出て来てからは面白いんですよ~。

| プリシラ | 2009/01/29 17:07 | URL |

Re: 映画とは関係ないけど

アデレード真剣に暑すぎ!
41度経験ありますが 何もできませんよね。
エアコンの効いた場所へご避難ください。

しかし 旦那さんの「暖かくなってきた」はちょっと笑いましたが しかし暑い中それを言われむかつく気持もわかります。とにかく早く涼しくなるといいですね。

| プリシラ | 2009/01/29 17:10 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/721-b3b77359

PREV | PAGE-SELECT | NEXT