Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画感想文】美しすぎる母

相変わらず暑い暑いブリスベンからこんにちは。

でも ブリスベンはまだいい。
メルボルンなんて昨日は39度だったとか。
耐えられないかもしれない…。

さて たまりにたまった映画感想文 ちょっとまとめて書いてしまおうかと。

最初がこれ↓
美しすぎる母 [DVD]美しすぎる母 [DVD]
(2008/10/24)
ジュリアン・ムーアスティーヴン・ディレイン

商品詳細を見る


実際にあった近親相姦殺人事件をネタにしただけあって
人気が高くてやっとレンタルできました。

しかしこの邦題。
チュチュ姫さんも書いてらしたけれど 美しく ない。
原題は Savage Grace で 残酷さと優雅さ という
相反する性質がバーバラの中に存在してることを指してるのでしょうか。

女優転じて大金持ちの奥様におさまり
フランスなんかで社交生活をしてるけど
心の中はさびしく
旦那に捨てられ 子供に依存
はてには子どもと性的関係を結ぶ

というと あらまあ みたいな感じなのですが

思った。

この映画は 

実は 

ゲイと間違って結婚しちゃって大後悔
せっかく産んだ息子が旦那と違って
異性愛者だろう 
と思いきや
やっぱりゲイだったりして大ショック
そのショックに生涯打ちのめされ続けた女性の話かなー

というのが観終わっての感想。

旦那は他の女性に走った(しかも息子のお下がり)とはいえ
必ず違う方でしかやれない 
つまり
女性を男性とみなさないと慾情できない男。
だけど 社会的地位とか
オトコらしさを追求する社会で
自分の真のセクシャリティを見つめることができず
かえって漁色に走ったのでは?

自分を捨てた
実はゲイのくせに若い女に走ることで
自分を二重に辱しめた夫を埋め合わせるのが
大事な息子に期待した役割。

つまり立派な男性として機能することで
父を超えるのではないか と。

ところがどっこい 息子トニーも夫同様にゲイ
しかもオープンにゲイ。
とりあえずそれはカワイイ息子なので
恋人ときったない部屋で暮らすことくらいは認めたものの
なんと トニーはバーバラの愛人とも寝てしまう。

それはバーバラに唯一残された女性としての自分を確認する方法も
あっさりと否定してしまう という意味合いを持っている。

バーバラは女性としての存在意義をすっかり失い
その事実をなんとかして否定しようと
女性に関心のない息子が 
唯一 関心を持つのが自分
ということを頼りに 息子と性的関係を持つことで
息子により失われた自分の女性性を
息子を通して再獲得し
ゲイの息子に女性と性的関係を持たせることで
息子のヘテロセクシュアルを確認したかった。

だけどトニーから見れば
女性と性的関係を持つことは
自分というものを否定すること。

母というものは
たとえ依存関係にあっても
母は自分というものを全面的に受け入れてくれる
この人には自分がなくてはならない存在
ということを保証する役割。

それが反対に
自分を真っ向から否定する存在になったがために
この息子
自分が生きていくために
母を殺さざるを得なかったのかな。

ジュリアン・ムーアってこういう欲求不満ギリギリって役が
最近専門になってきましたね。
巡り合う時間たちの主婦役もよかったです。
なんか ぎりぎり腐り落ちそう…みたいな 熟れ熟れ感が魅力的。

それにしても この息子役の
エドワード・レドメイン。
重厚かつ長かったグッド・シェパードでも
同じように弱っちい役柄演じてました。
そばかすだらけに親近感。
エドワードレドメインくん

なんだかんだ言いつつ
赤毛の女優さん 男優さんって好みです。
多分自分も赤毛だからか って それって自己愛ってやつでしょうか。
やだなぁ。


スポンサーサイト

| エイガ | 20:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

プリシラさん、

このレヴューさ~、深読みし過ぎじゃん?!このお母さん単にInsecureにしか見えないよ、アタシには。

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-571.html

| チュチュ姫 | 2009/01/16 01:10 | URL |

なんか

おもしろそうだ。
機会があったら見てみます。
しかし美しくはないのですね。
どこまで事実に基づいてるんでしょう?
てか、事件のほうが詳しく知りたいような。

| siorin | 2009/01/16 21:41 | URL | ≫ EDIT

チュチュ姫さんへ

単にすがるものがないし 自分に自信ないからこうなりました 人間が落ちる可能性ってすごいです
で終わってもつまんないし笑 一応 そうなんじゃないの?って 思うヒントもあったから こう書いたんですけどね~。
監督も深読みしてくれてありがとう!って言ってくれるでしょうか???

| プリシラ | 2009/01/17 14:05 | URL |

Siorinさんへ

上記チュチュ姫さんも書いてらっしゃるように 
おいおいおいおい…っておもうよーなお母さんなんで
あんまりSiorinさん的にはおもしろくはないかも…???

事実はベークライト 殺人事件 で検索したら出てくるんじゃないかな と 思います。どうもアメリカではとっても有名な話らしいです。なので映画の中ではとびとびでなんかよくわかんないんですよ~。

| プリシラ | 2009/01/17 14:08 | URL |

検索したよ

名前ですれば出てくるよ。

事件の全容がはっきりしないみたいなので、「なんでこんなことになったのか」を製作者側の解釈で明確に見せていたら面白かったかもしれないね。

| chuchu | 2009/01/17 21:46 | URL |

chuchu姫さんへ

> 事件の全容がはっきりしないみたいなので、「なんでこんなことになったのか」を製作者側の解釈で明確に見せていたら面白かったかもしれないね。

でもそしたら訴えられちゃったりして???
名前を出してなかったらそれもできたのかも。

実際のところなんかボヤボヤ~とした映画だったから
そんなことしてもばれなかったかも・・・。

| プリシラ | 2009/01/19 20:10 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/714-d0deb31c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT