Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タロットカード殺人事件

真夏のブリスベンからこんにちは。

巷はクリスマス商戦たけなわのようですが 特に欲しいものもないし ボクシングデイに買えば半額とかになるのがわかってるので この不景気な中 無駄金を使うこともないか…と DVD三昧の日々。
ま とりあえず今日はシティまででかけ クリスマスカード買ってきましたが。
いや何 友達に

「あんた まだクリスマスカード出してないの!早く出しなさい!」

と怒られたんですよね…。
欲しいものはあるけど あるもので我慢しよう…と 不景気を先取りしてる私に関係なく ブリスベンの方々はガンガンお金使ってましたよ。江戸っ子かあんたらは。

と 節約モードなので ヒュー・ジャックマン大好きになったのをいいことに 過去の作品を週1くらいで見返してます。しかも火曜日の安い日にレンタルして。
借りてる数が少ないのは あんまり出演作ないので(X-menのぞく) 毎日見ちゃうとすぐ終わってしまうってのも理由です。

で 昔好きだったウディ・アレンの 「タロットカード殺人事件」 やっと観ました。
タロットカード殺人事件

またもや 貴族様です…。

前回 ニューヨークの恋人では19世紀の貴族でしたが 今回は現代の貴族。

王子様願望の強い人には

「金持ち ブルーブラッド ハンサム 事業経営」

ってことで 受けるのでしょうね。
私もヒューならついてっちゃいそうだわ~。向こうで断るとは思うけど。

出会いの場としてメンバー専用プールが映画の中に出てきて

「あ~ そういうオトコ かつていたよなぁ メンバー用プール見せたる って男性専用クラブに連れて行って そんで 『普通は女性入れないんだよ 今日は俺とだから 特別!だから!]って威張ってたなぁ…」

とか 思い出したりして。
おっさんしかいないプール入って おっさんの水着観ても何にも嬉しくないよ…と 目の前で太ったおやじが泳いでるの観ながら思ったもんです。

そんなプールでいきなり水着姿を披露してくれるのが この映画の主役 ウディ・アレンの今のお気に入り スカーレット・ヨハンセンですが 眼鏡っ子でカワイイ~。

「なんでコンタクト入れないの?」

って聞かれて

「目の中になんか突っ込むの やだもん」

と 正直に答える素直っぷり。
アメリカンといえば 気取らないのが売り!というわけで まんまとイギリススノビッシュ独身貴族 ヒューの心をとらえます。やっぱりあれですね 若くてかわいいのが飾り気ないと それだけで十分いけますね。おばさんには無理だけど…。

それに加えて 赤いワンピースの水着に包まれたムチムチボディが一役買ってます。
スカーレットってボディの割に 素直だったりおぼこい役が似合ってますが それってあどけない顔のせいでしょうね。

基本的にミステリではあるのですが 謎はまあ ヒッチコック好きな方にはなんとな~く見当つきそうな感じです。 まあ こないだ観た 「彼の愛したS」よりははるかによかったですね。だてに ウディ・アレンの映画じゃない。

ウディ・アレンが主役になって 恋愛やったりしないのもよかったところ。
スコーピオン殺人事件だったかで 恋愛ものやって なんか痛々しかったのを思い出します。

そういう華やかなのは きれいどころに任せておいて 二流どころの芸人やってるところに 

「ああ やっと自分の立ち位置をわかってくれたのね」

と 胸をなでおろしたりして。

でも しゃべりのシーンになったら うるさくてうるさくて 閉口。
スカーレットが 「ちょっといい加減に黙ってよ!喋りすぎ!」とか怒ってたシーンがあったようだけど 観てるこっちも そう言いたい ってことは あれで成功だったんでしょう。

とりあえず スカーレットとウディのでこぼこコンビ なかなか板についてたし ぐだぐだしてなく すっきりまとまっていたし それに加えてヒューのいやったらしくない貴族ぶりがおがめただけで よしとしましょう。

最初と最後に出てくる 死神は ちょっとベルイマン っぽくって 少し古い映画を意識したのかな?って 雰囲気もまたよしでした。

スポンサーサイト

| エイガ | 19:24 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

私もヒュー様目当てでコレ観たんですけど、なんかやたら四角くてガッカリしちゃった。

http://princesschu.blog23.fc2.com/blog-entry-427.html

| chuchu | 2008/12/14 21:19 | URL |

>chuchu姫さまへ

確かに四角でしたね。なんでだろ???

| プリシラ | 2008/12/16 07:06 | URL |

わかんないけど、この映画ではやたら太ってない?

人間そういう時もあるんだろうけどさ。

| チュチュ姫 | 2008/12/18 00:12 | URL |

>chuchu姫さんへ

太ってましたっけ???

ヒュー様なら多少太目でも我慢しますが オーストラリアのときの筋肉隆々ぶりの方がやっぱいいです。
評判悪いそうだけど(そりゃアメリカ人がオーストラリア人の作ったオーストラリアなんて映画 興味持つわけないわな) ぜひご覧になってください。

| プリシラ | 2008/12/18 21:15 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/685-43076f51

「タロットカード殺人事件」

テンポがよくて、気の利いた小品。 ウディ・アレンは鼻持ちならなさが好きじゃなかったけど、本作はそうした点を感じなかった。年齢を重ねて...

| 或る日の出来事 | 2008/12/14 15:21 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT