Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダージリン急行

曇りときどき晴れのブリスベンからこんにちは。

朝豪雨 昼から晴れ のち 曇り と めまぐるしい一日でした。
朝からインドでテロがあったり 犠牲者の中には日本人の方もいらして まだ若いのに・・・と。
昨日のいやなことなんて これに比べりゃ屁のようなもんだ! と 申し訳ないことに比較してしまいました。ご冥福をお祈りいたします。

人の死 というのは 残された人々に色々と影響を与えるものですが このダージリン急行もそういう映画。
仲悪かった兄弟3人が 絆を取り戻すために インドを豪華急行で旅をする…という内容。
ダージリン急行

ラシュモアも ロイヤルタネンバウムも ライフ・アクアティックも好きで 監督本人も男前のウェス・アンダーソンなので とっても楽しみにしてました。
しかも 90分くらい と ぴりっと小粒っぽい。

だけど

な 長い… 15分が30分に 30分が1時間に 感じられる…。

おかしい ロイヤルタネンバウムも ライフ・アクアティックも淡々と進んでたのに こんな気持ちにはならなかったぞ???

と 退屈しながらそれでも 絶対いつか面白くなるだろう 面白くなるだろう と がんばって観たけど 結局最後までつまんないまんま。
さっき 他の人はどう思ったのかな?と いつも参考にしてる ABCのデービッドとマーガレットの評を観ると ややや 星4つだのついてるじゃーないですか。

あんたら 甘すぎ!
これが4つで 昨日のオーストラリアが3つ半 そりゃないだろ~!!!

確かに絵はきれい。
でも オーストラリアだって きれいだったぞ!

俳優 という点でいえば なんかあんたら真剣にやってんのか? と 突っ込みたくなるような脱力で(ま それがアンダーソン監督っぽいんだけど) 馬のったり 荒野でキャンプしたり してた人達に軍配がどうしてもあがるんですけど。

ゲイ術とは 退屈なものだ とでもいいたいのでしょうか。

百歩譲ってこののんびり退屈ぶりをインドになぞらえて楽しみ このデコボコ三兄弟と一緒に旅行したつもりで… とも思ったけど でも この兄弟 誰ひとりとして好きになれない…。

3人とも それぞれに いやな奴で 愛すべきいやなやつ なのではなくて 「こんなの兄弟だったら やだなぁ 縁切っちゃうな~」って 思ってしまうくらい。
そんな兄弟でも仲良くしたいんだ! ってことくらい家族礼賛映画なんだろうけど オーストラリアで血がつながってなくて しかも立場 階級 人種の違いを越えて結ばれる家族 みたいな姿を観ちゃった後だと

「そんなに相性悪いんだったら 血がつながってるからって無理してつきあわなくても… その方が精神衛生にもいいしさぁ」

と ポンポン と 肩叩きたくなりました。

テロ事件を知った後ではインドへのあこがれも消え 映画も微妙に いや積極的に退屈だったので なんかこの映画観ないで 違う映画みりゃよかったなぁ と ちょっぴり後悔。

でも オーウェン・ウィルソンが復活したし ひさびさにエイドリアン・ブロディ(ほんと ボルゾイに似てるなー)も観られたから ま いっか。

スポンサーサイト

| エイガ | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

これ観たとき、何が言いたいのかサーッパリ分からない映画だなーと思いました。兄弟間のミョーなツッコミの応酬のヘーンなところが味なのかなあなんて考えながら(考えてちゃいけませんよね)
ただ、列車旅行は好きなので列車がかわいかったです。それと列車に飛び乗る寸前のでエイドリアン ブローディのショット、足ながー!っていうを覚えてます。

| triple D | 2008/11/29 08:56 | URL |

>triple Dさんへ

きっとその「何言いたいのかサーッパリわからない」状態を楽しむ映画なのでは???
それを楽しむにしても なんか キャラが好きになれない ってのは致命傷。

インドの列車はよかった!確かにあれはインドっぽくって綺麗。

やはり オーエン・ウィルソンと エイドリアン・ブロディのファンには必須 てなとこなんでしょうか。

パーティーなんかで流れてるといいかも インドテーマにして。

| プリシラ | 2008/11/29 10:19 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/672-350429e6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT