Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画オーストラリア 試写会後の映画評

曇り空 微妙に暑い ブリスベンからこんにちは。

朝5時半から朝のニュースで 昨日の試写会の感想を観漁ったほど 入れ混んでる私。

いや どんな感想か気になったもので…。
コメントでHappy Gilmoreさんが書いてらしたように 観た人の感想といえば

「きれいな光景」

「オーストラリアの美しさを再発見した」

「壮大だった」

など 筋には全然関係ないことばかり。

でも どうも朝の番組で感想がちょっぴり聞けるらしい。
だけど 家は出なくてはならない。 

というわけで HDレコーダーON!

そこまでしなくてもいいのに・・・とも思ったのですが せっかくだし。

というわけで 帰宅してから早送りして 見ました。

お目当ては 昨日のチャンネル9のToday TonightかCurrent Affairsのどっちかで 出てたおばちゃん…。
おばちゃんと言って 全然名前が思い出せなかったのですが ケリー・アンとか言う 朝9時からの番組をやってる人。 オーストラリアのオプラ みたいなもんでしょうか。

で 映画批評担当らしき男性と ケリーアンの一騎打ちがありました。

映画批評家いわく

「映画は確かにきれいだし 僕は風と共に去りぬ 大好きなんだけど (男性であの映画好き って人 初めて…) あの映画は 映画を観てる って気持ちになれなかったけど オーストラリアは…そこまで入れこめなかったなぁ~ 星3つ?」

とのこと。

しかし そこにケリーアン怒る。

「えーーーー!私 すっごく面白かったし もう あっちこっちで感動しちゃったわぁ 星3つってそれないんじゃなーい! 私は星4つだわ!」

007はお二人とも4つでしたが なんか ジェームズ・ボンドのJB のみならず ジェイソン・ボーンのJBが 大層混じってる とのことでした。

私は両方面白くて 両方大ヒットしてくれれば文句ありません!
とはいうものの ダニエル・クレイグ氏 「ボンドがニコール・キッドマンのオーストラリアに勝つよ!」とか言ってるとか言ってないとか。
キー そんならあんたの映画なんて観ないわー!!!私が観なくても 他の人が観てくれるもの!

話をオーストラリアに戻して 各紙の映画評をチラ見したところ。

あまり評判は芳しくありません…。

なんだなんだ つまんない 陰気くさい オーストラリア映画はいつも大絶賛してるくせに!
観るのもいやになるよーな ヤク中だの 暴力野郎だの 未成年の妊娠だのは 星4つ出すくせに!

ハリウッド向けの オーストラリア性を強調したのが 嫌われたみたいです。

それと バズ・ラーマン の映画って いつもハデハデなのですが それが ちょっとやりすぎ~!みたいにも言ってる方もいらっしゃいます。昨日書いたように 長すぎ!っていうのもありますが いいじゃん ハリポタだって150分もあるんだし…。

極めつけは大御所デビッド・ストラットンの評価といえば 星3つ半。

…何! アンタもか!!!

しかし 彼のいうところによれば

「最初の20分が人工的過ぎてちょっとなぁ~ってなっちゃった。
でも その後は結構自然。

映画自体に繰り返しが多いのと 過去の映画からの借り物や 使い古されたシーンが気になる。
たとえば ブライアン・ブラウン演じる牧場主がいかにも アメリカ人の考える オーストラリア人。
でも それも主な市場はアメリカなことを考えると 仕方ないのかも。

あと 慣れない場所に突然放り込まれたヒロインと 雇ってる階級下の男性との恋ってのも ありがち。

欠点はいろいろあるし オーストラリア人が期待してたような マスターピース 大傑作 というものではないけれど 美しい光景をそれを撮るバス・ラーマンの手腕 それから役者たちのおかげで 観るのが心地よい映画になってます」

とのことです。

まあ タイタニックも映画評論家からはそんなに高い評価は受けてないけど 大ヒットしたし 評論家の言うことばかりが必ずしも正しいわけではありませんが いつもは オーストラリア映画ってだけで大絶賛する癖に オーストラリア人らしく ひねくれて よさそうな映画はけなしてるのかも。

とりあえず 来週絶対観るので 自分の目で観るまでは 判断は保留です と アウト・オブ・アフリカも 風と共に去りぬ も それほど好きじゃないのに がんばってます。

映画が待ち切れない!という向きには こちらのサイトで スチールをどうぞ。

http://media.theaustralian.com.au/multimedia/2008/10/31-australia/index.html

なんでもヒュー・ジャックマンは 撮影が始まる前は馬に乗れなかったのですが 猛特訓して プロはだしになったそうです!すごい!

あ あっちゃんさまからコメントでお知らせいただいたとおり ジャック・トンプソン出演してます!
って言っても名前しか知らないんですけど・・汗

スポンサーサイト

| エイガ | 21:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

ううむ…。
「ムーラン・ルージュ」命の、バズ・ラーマンを応援したいワタシとしては、すごく楽しみに待ってる映画です。
日本では予告編は流れ出しましたが…。

いつ公開なんだろう…。

| ボー | 2008/11/19 23:51 | URL | ≫ EDIT

>ボーさんへ

あら!ムーラン・ルージュ お好きなんですか!チック・フリック意外とお好きですよね。ということは アウト・オブ・アフリカなんかはいかがでしょうか?

前のコメントでいただいた限りでは 日本では2月公開とのことです。

タイタニック とはいかないまでも 皆が観に行く映画になってほしい!と 心底願ってるんですが…。

| プリシラ | 2008/11/20 15:33 | URL |

ジャック・トンプソンは実は私もぜんぜん詳しくありません(汗)が、昔、ラッセル・クロウ(ゲイの息子役)の父親役やってた映画がとてもよかったです。こんどはどんな役柄なのか楽しみです。
私も、朝のワイドショー(?!)ちょっと見てましたが、うわさによるとヒュー・ジャックマンのシャワーのシーンがすごいらしいです。試写会行ったおばさまが興奮して話してました!! 気になります。やっぱり、DVD待たずに映画館へ行くべきかも。

| あっちゃん | 2008/11/20 17:07 | URL |

 二度めましてv
 豪州にお住まいの方はもう観られるんですねー「オーストラリア」! いいなあ(>_<)
 画像拝見して嬉しくなりましたvわたし実はデイヴィッド・ウェナム氏のファンなもので(この映画もそれが目当てで・・・すみません(^^;)
 こうやって日本ではあまり有名ではない方のファンだと、それがどんな映画でもあってもその人が見られればそれでいい!と思ってしまいます。
 もちろんいい映画であるに越したことはありませんけれども。てか、いい映画であってほしいですけれども。
 日本公開は来年2月28日予定です。まだ先・・・・・・

| なゆた | 2008/11/20 23:34 | URL | ≫ EDIT

>あっちゃんさんへ

ジャック・トンプソン 何の役なんでしょうね?気のいいオージーおっさん?

ヒュー・ジャックマン ピープル誌だかで ホットな男性 トップだかに選出されただそうです。
曰く 「すてきなボディ ハンサムなのに パーティいかない 悪い噂ない 愛妻家で 御休みには子供にホットケーキ焼いてあげるなんて ほとんど完璧!」

…ホントだ!奥さんが羨ましすぎる!

とか言って イギリスの映画評論家にはニコール こきおろされたりしてて 冷たいイギリス女の役を 冷たく演じたら こきおろされるなんて 役者さん たまったもんじゃないよなぁ~と 気の毒になりました。

| プリシラ | 2008/11/21 22:39 | URL |

>なゆたさんへ

デビッド・ウェナムさんのファンでいらっしゃるんですか!それじゃこの映画 見逃せませんよね。

デビッドさんがやった役で一番好きなのは 何度も書いてますが Getting Squareですね~。
同じオーストラリアのヒュー・ジャックマンがやった吸血鬼映画にも 結構おとぼけ役で出てましたよね。

オーストラリア 大傑作!とはいかないまでも 観る価値あり だそうです。
こういうタイタニックっぽい映画って 大体評論家には酷評されるんですよね…。なので素直に観て涙するのがよいかと思ってます。

| プリシラ | 2008/11/21 22:43 | URL |

私のつたないコメントがあったりして.....^^
ありがとうとございました。

オーストラリア映画にはオーストラリア人評論家ってちょっと甘めみたい、と、ときどき思うので、評論家の星の数から0.5-1.0星くらいひいて考えることもあります。

Richard Wilkinsonはこの映画、星三つ半といってましたが
本当は星三つだったんだわ~、って。
映画関係者に知り合いが多すぎて
そう正直には言えないんじゃないかなって。

でもケリアンが星四つって"主張"したのは
彼女なら本当にそう思ったからかもと思いました。

ヒュージャックマンの上半身、苦手なので(?)
乙女な!?私は迫力ある映画館では見れないかも...

(関係ないけど、今日「北海道出身にみえる」って日本人の子にいわれました。なぜに!?)

| Happy Gilmore | 2008/11/28 22:24 | URL |

>Happyさんへ

私もオーストラリア映画にオージー評論家は甘い!と常々感じてますが でも これについては 例のTall Poppy症候群もあるんじゃないかな・・・と。だけど Richardの件は同感 というか あの人の好きなタイプの映画じゃないな というのが印象です。

ケリーアンとか やっぱり女性が好きなタイプの映画ですもん これ。ムーラン・ルージュとか ロミオ+ジュリエットとか どっちかというと女性向け がバズ・ラーマンの持ち味では?

ヒューの上半身にめげず ご覧になってください。キャラクターが薄い!とか書かれてるけど…でもいいメロドラマですよ ってそれこそラーマン!なんですが。

北海道出身…色白でいらっしゃる???

| プリシラ | 2008/11/29 10:16 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/664-9c4e4bc5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT