Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近距離恋愛

曇り空のブリスベンからこんにちは。

旅の話ですが ブリスベンから日本まで 8時間 日本からイギリスまで約12時間 という 長丁場だったため 映画をかなり観ました。

最初はSex and the City見よっかなぁ と 思ったのですが あえなくギブアップ。
ああいう女性が集団でワイワイやってるのって 学生時代から苦手で…。
大人になった女性がさらに集まって 旦那だの恋愛話だの 下ネタなどを交換しあってるのって あんまり憧れを感じないため 最初の10分でもうダメに。

仕方ないので次に観たのがこれでした。

近距離恋愛

パトリック・デンプシー って全然興味なかったんですが この映画観て あら 結構ステキ と 見なおしました。
だからって ファンになったわけじゃあないんですが。
映画自体はいたってフツー。定番そのもの。
新しいところ ありません。
ジュリア・ロバーツの My Best Friend's Wedding あれを男女逆にしただけ。

とはいえ パトリックが あらためて 「俺 この女が一番好きみたいだ…」 と 気付く ミシェル・モイナハンは モデル出身だけど 非常にカワイイ。
30代なんだけど カワイイ。
最近の10代 20代の女優さんたちが パンツ履かないで写真撮られたり 自分のヌード写真送ったりしてたりしてるのと違って 品行方正なのもまたよし。

そして知的女性として描かれてるミシェル演じるハンナが 恋に落ちたらもういきなりポーってなってるのが おかしくもカワイイ。
こういう女性って はまっちゃうともう すっかりうっとり 頭の中がお花畑になってしまうんですよね。

ハンナが電撃結婚する相手がまた 貴族 老舗ウィスキー醸造所の御曹司 スポーツ万能 頭もよし。
そのうえに パトリックがシャワー室で全裸を見て

「か かなわない…」

となるのも男性心理をついている。

そのうえ 

「結婚するときは 旦那となる男だけじゃなく 家族や生活習慣も きっちり勘定に入れとけ」

という 古くもなかなか気付かない真実なんかも含まれていて 結婚考えている人には勉強になるかも?

というわけで クライマックス・シーンのパトリック あれは少々やり過ぎの感があるものの カップルでおうちでDVD鑑賞 というときには最適ではないでしょうか。
この 心の乾ききった すれた私でさえ 鬼の目に涙がにじんだシーンが約一カ所あったので 心の柔らかな優しい女性なら ウルルン と 来てしまうこと間違いなし。
頭使わないで 映画を観たい時に ぜひどうぞ。

スポンサーサイト

| エイガ | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/657-bfd8065c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT