Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寝取られ男のラブ♂バカンス(Forgetting Sarah Marshall)~映画感想文~

常夏ブリスベンだというのに 血の気も引くようなショックな出来事があり ショックなついでにDVDレンタルしてきちゃいました。

それがこれ↓
Forgetting Sarah Marshall 1

前に観た 「40歳の童貞男」がとっても面白かったので その後 ノックド・アップ スーパーバッド と 観たものの 今一つ いや 今10くらいだったので この映画も評判はよかったものの 映画館での鑑賞はスルーしてました。
前述2映画が評判はとてもよかったけど 自分的には今ひとつだったもので。
多分DVDも借りないだろうなぁ と 思ってたけど 土曜の夕方5時に余ってたのはこれくらいで コメディみたいだから 気晴らしするにはまあ いいか…と 手にしたのですが。

意外に面白かった!!
お勧め!

多分 男の友情が全面的に押し出され つまり 男のバカっぷりが延々と繰り広げられ お前 いーかげんにせーよ!と 怒りがわくようなことがなく 王道と言えば王道の

「いかにダメ男が ダメ女から立ち直り 真の自分を取り戻すか」

という成長映画だったから。
素直に観てて

「も~~~~だめじゃーん!がんばんなよ~~~~!」

と主人公を応援できたのがポイント。
でかくてぬぼーとしたピーターが わあわあ泣きまくってたりするのに ちょっとカワイイ…とか 感じられたり バッカでい!って笑えたりする方は 十分この映画を楽しめます。
逆に 「何こいつ! いい加減にしろ!」と 思えない方はNG。

キャラついでに メイン女性キャラ2人。 
主人公ピーターを振る サラ・マーシャルも 
サラ・マーシャル
ピーターの立ち直りに力を貸すことになる レイチェルも 
ミラちゃん

普通の映画より定型度が低かったのも好感度向上のカギでした。
サラはまあいわゆる ビッチ ってやつなのでしょうが 女性として あーそういうの わかる!ってシーンがいくつかあったり レイチェルも 清楚な顔して意外とワイルドだったりして 

「男の人って 意外性があるのが好みなのね!」

と再発見できたり。

しかし ブロンドがビッチで ブルネットが清楚 っていうのは どの映画観ても定番ですよねー。
なぜかしら。

一言でいえば この映画 新しいところはあんまりないけど ところどころにスパイスの利いた映画 とでもいえばよさそう。

定番ついでにサラの浮気相手となる イギリスロックミュージシャン役のラッセル・ブランドも ポスターで観ると暑苦しいわきがムンムンみたいな感じですが 実際観ると 

「あら フツーのミュージシャンじゃない トミ―・リーとかこんな感じよね」

とかあっさり受け入れられたのですが それはやっぱり個人の趣味によるところが大きい。
昔のロックバンドが好きならいいけど 最近人気のジョナス・ブラザーズなんか好きだと

「ゲー気持ち悪い!」

ってなりそう。
ていうか 普通そうなんですよね…こういうミュージシャンタイプって 受けない。
なんせ ジョナス・ブラザーズだと

「結婚するまで童貞です!」

とか言ってるそうだし 身ぎれいだし

「セックス ドラッグ ロックンロール!」

てのは もうはやらないのかなぁ ミック・ジャガーもジョギングしてるし…と ますます自らの加齢を感じて悲しくなったのでした。

その他 お勧めの点としては ハワイ全然興味なかったけど この映画を観て 

「一度行ってみたいなぁ~」

と思えたのも収穫。

というわけで きれいな眺めと 下ネタ満載なこの映画 誰にお勧めかというと おつきあいの長いカップルに最適です。
ただし 彼女が真面目な方だと その後のおつきあいが危ぶまれますので 下品なシーンも笑い飛ばせるような場合のみ限定とさせていただきます。
スポンサーサイト

| エイガ | 13:19 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

ご無沙汰しております。

>>ただし 彼女が真面目な方だと その後のおつきあいが危ぶまれますので 下品なシーンも笑い飛ばせるような場合のみ限定とさせていただきます。

爆笑。なるほど。
こういう気楽に見られる映画、好きです。
しかも、ハワイのきれいな景色が見られそう。DVDになったら、家でのんびり見たいです。

| bonheur | 2008/09/28 17:45 | URL | ≫ EDIT

>Boheurさんへ

こちらこそご無沙汰しております。

そうですね 映画館で観なくても面白さは十分伝わりますので DVD化された暁には たんのうなさってください てか この監督さん 映画館公開より DVD公開の方が多いみたいですね…。

| プリシラ | 2008/09/29 21:31 | URL |

これ最高でした!スーパーバッドもノックトアップも、かなりコレと雰囲気近いと思うんだけどなあ。アパトーのラブコメは、私は女用のラブコメよりよっぽど感動する。アパトーはなんだか真実を知っているような気がします!!!

| チュチュ姫 | 2008/11/18 01:16 | URL |

>チュチュ姫様さんへ

どうして自分が他の映画嫌いか ちょっと考えたんですが…どうも見た目がキライらしいです…偏見だ…。

オンナ用のラブコメ 私もあまり観ないのですが アパトー組ではやっぱり40歳の童貞男が一番好きかなぁとか。

…そうか!
スティーブ・カレルがタイプだからかぁ!

| プリシラ | 2008/11/18 20:29 | URL |

そっかー、役者がダメなんだ。

私ね、認めたくないんだけど、ああいうダメっぽい子好きかもしんない。『スーパーバッド』の子達はちょっと若過ぎだけど、『ノックトアップ』の子とか、サラ・マーシャルの子なんて結構いいかも。あとポール・ラッド大好きだし!!

スティーブ・カレルも好きなんだけど、最近いい男になり過ぎて面白くない。

| チュチュ姫 | 2008/11/18 23:32 | URL |

>チュチュ姫様さんへ

多分 巻き毛のデブ という点で苦手度があがったのかなぁと思います。スーパーバッドはマクラヴィンくんが主役を張った方がよかったのに というのが正直な感想です。

どーせダメならあれくらいダメな方が気持ちいいですよ!という私は ナポレオン・ダイナマイト 大好きです。

確かにスティーブ・カレル ちょっと いい男系になっちゃいましたね。ラブシーンもできるようになったし コメディのときの彼が好きな方には悲しいかもしれませんね。

Get Smartはご覧になりました?

| プリシラ | 2008/11/19 19:33 | URL |

こんばんは。
チュチュ姫様とプリシラさんのレビューを読んで日本サイトの予告ムービー見ました。
それだけで大爆笑でした、

>誰にお勧めかというと おつきあいの長いカップル

それは我夫婦のことですね(笑)
ところで「Forgetting Sarah Marshall」という題名ですが、何故Sarah Marshallなんでしょう?
まあ、観れば分かるかと思いますが・・・・

| 百 | 2008/11/19 23:52 | URL | ≫ EDIT

>百さんへ

こんにちは。

サラ・マーシャルはブロンドの元カノのことです~。面白かったのでぜひご夫婦でどうぞ!(下品過ぎる…とドン引きになっても責任は持てませんが)。

| プリシラ | 2008/11/20 15:36 | URL |

いえ、なんで「元カノ忘れるぜ」(by百訳)なのか?と。
「立つんだ、ピーター」とか「へなちょこ頑張れ」とか「バカ男再生物語」とか?(笑)、の英訳でも良かったのでは~?と。
サラを忘却の彼方へ葬り去ることで立ち直ったからでしょうか?

| 百 | 2008/11/20 20:57 | URL | ≫ EDIT

Get Smart観てないんですよね。ああいうのって、はずすと激しくはずすので、躊躇しちゃうんですよね。カレルの映画って、最近、あんまり毒がなくて、ちょっと最終トム・ハンクスになっちゃうんじゃないの?って感じなので。

| チュチュ姫 | 2008/11/21 00:03 | URL |

>百さんへ

まさしくおっしゃる通りです!

ダメダメ男ピーターが元カノを忘れるにはハワイへ行って羽目を外すのが一番!て感じで 行って 本当に彼女のことを忘れていく過程が描かれている…という 結構ロマンティックなタイトルなのでしょうね。

アパトー組 わりかし ロマンチックなんですが 映画なんて撮ってる人たちは やっぱりロマンチックじゃないとダメなんでしょうね。

| プリシラ | 2008/11/21 22:49 | URL |

>チュチュ姫様さんへ

私 機内映画で観たんですが わりかし面白かったですよ。でも 機内で観る映画って退屈してるときに観るから面白いのかも。 でも ハンコックはつまらなかったです…。

確かにトム・ハンクス化しそうですね…。ブルース・ウィリスの道に進んで欲しいけど ちょっと無理?

| プリシラ | 2008/11/21 22:52 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/643-1998f746

PREV | PAGE-SELECT | NEXT