Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マーゴット・ウェディング~映画感想文~

マーゴット・ウェディングマーゴット・ウェディング
(2008/07/04)
ニコール・キッドマンジェニファー・ジェイソン・リー

商品詳細を見る


カサンドラズ・ドリームの後に見た消化作品。

とはいえ ニコール・キッドマンがナチュラルな茶髪にしてる!ってことで きっと面白いに違いない と 確信。
お友達もこれを観て 「面白いわよ~」 って言ってたし 映画評ではイマイチだけど 意外とそっちより人の言葉の方が正しかったりします(例:バタフライ・エフェクト)。
しかも 監督は イカとクジラの ノア・バームバックだったりで これまた 期待度100。

映画なんですが 評判悪いわけ わかった。

要は イカとクジラの ローラ・リニー演じたお母さんが 単身となり 弟の方を引き取って育ててるよーなもんなんですよ。
今回もお父さん登場するものの寝とられてるし まさしく同じ。

違うのはといえば ニコール演じるマーゴット(なんちゅー名前の表記法!)には妹がいること。 

その妹を あんまり老けずに今でもなんかかわいらしい ジェニファー・ジェイソン・リー(私はこの人のファン)が演じていて それがどう見てもダメ男のジャック・ブラックと結婚するってことで マーゴは息子を連れて 妹の住む両親の家に行く…という 話。

で イカとクジラのローラ・リニーと同様 マーゴ すっごいやな女!
これを演じることに決めたニコールって 実は女優としてやる気満々なんでしょう。

このマーゴって女性だけど 前作のローラと同じく作家。 
作家なせいかどうかはわからないけど いつも日記をつけてて 周りの人を辛辣な目で見て そのうえ それを作品にしちゃう という 作家魂炸裂だけどハタ迷惑。
周りにいる人にしてみたら たまったもんじゃあないけど 日本の私小説作家って似たようなもんでしたよね。最近じゃあ肖像権なんかで訴えられてしまったりするけど 家族じゃそうはいかない。

美貌のマーゴだけど 年齢も40歳を過ぎようとして 容色の衰えを感じつつあるところで 言い寄ってくる男なんぞがいて ついふらふら~っとしてしまう とか ついには 妹の家で自慰行為したり とか In the cut 本当に出たかったのね! って 思ったくらい。

そういう中年というには あまりにもきれいすぎる とはいえ中年になってしまったことは否定できない 微妙な立場の女性が主人公なわけで しかも その周りにいるのが 妹=イタイ女=ヒッピー崩れ ダメダメ人生落ちこぼれタイプ また どーしてそーゆー男と結婚するかなぁ~ と マーゴじゃなくても言いたくなるようなのを選ぶ!
その上に ベビーシッターに来てる女の子は 頭はいいけど ブリブリで その親でマーゴと浮気してるおっさんは俗物タイプ。

あとで登場するマーゴの旦那さんが一番まともなのに まともな人って愛されないのよね…。 
現実をわかってます 監督ってば。

そんなエキセントリックなお母さんを持って 思春期を迎えるのって 本当苦労したんだろうなぁ と わかるのですが しかし この映画のターゲットを考えてみると たぶん マーゴくらいの年齢の女性が中心なわけで そんな人たちが見たら この映画 身につまされすぎ!
これを笑って観られるのは相当自分に自信がある人でしょう。人生経験のない若い人にしたら 何だこれ って 感じだろうし 本当にマーケティングの難しい作品。

ホント 若いころなら毒舌もカワイイもので済まされたのに 年とったら単に「ヤナ女」になってしまう。
男にはどんどん相手にされなくなるし きれいな服も似合わなくなってくる!
そうなったら もう 我慢して「いいおばさん」になるのが普通なんだけど それをしないマーゴってすごい 潔い。
そして そんな親であっても やっぱり子供にとっては 大事な母親だったりするのよね…と 最後に結構しみじみしてしまい 興行的にはヒットしなかったけど きついようでいて 人間に対する優しい目も備えたノア・バームバックって ますます注目すべき監督の一人になると思います。

それと 単なる美人女優だけじゃない!という気迫を見せたニコールも シャネルの顔からは下りた(降ろされた?)みたいですが 他の人にはできないような領域へ踏み込んでいく勇気 最近の20代女優にはないよなぁ さすが トム・クルーズのくびきから逃れただけある!根性の持ち主です。
娘のサンデー・ローズもかわいいし 引き続き注目していきたい女優さんです。
今年は 元の取れない女優に選ばれちゃったけど オーストラリアで大ヒット飛ばして 汚名返上です!がんばれー!

スポンサーサイト

| エイガ | 20:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

やっぱコレ、いいのか。私も『イカとクジラ』関連で観なきゃとは思ってたんだけど、思ってたよりもっと面白そう!

| チュチュ姫 | 2008/10/01 22:26 | URL |

>チュチュ姫さまへ

私はよかったんですが 映画生活へ行ったら
「駄作」とばっさり 切り捨てられてました…汗。
あの ローラ・リニーキャラがOKな人じゃないと 少々つらいのですが チュチュさまはイカとクジラお好きなので大丈夫じゃないかと思います。

| プリシラ | 2008/10/02 21:33 | URL |

初めまして!!
今、DVDで「マーゴット・ウェディング」を見たところです。
でも正直よく理解できなかったので笑、ネットで検索したらこのブログに辿り着きました。
私は19歳でこの映画を理解するにはまだまだ未熟者で早いのかもしれません…苦笑。
でも決して嫌いではないので、またいつか見返したい映画です。

とっても分かりやすい感想でとても参考になりました!!

またお邪魔します♪

| ねこ | 2008/10/17 03:06 | URL |

>ねこさんへ

はじめまして。お返事遅れましてごめんなさい~<m(__)m>

映画評 参考にしていただいてありがとうございます。

それにしても19歳 いいですね!
羨ましい~ いい映画どんどん観てくださいね!

| プリシラ | 2008/10/29 19:53 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/641-963285c4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT