Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピカソ展終わる

夏真っ盛りのブリスベン
早い 早すぎる。

そういえば 日本では異常に色白だったハズなのに Siorinさんと比較したら色黒になってる自分に気づいたときのショックと言ったらもう。
やはり 紫外線の強いところでは メラニンが増加⇒定着 は避けられないのですね…。
帰国したら美白製品を買わなくては。

というわけで Siorinさんたちご夫婦にくっついて遊びに行ったのは日曜日。

行き先はサウスバンク。
一応ピカソ最終日だから 行ってみたのですが あんまり乗り気でもなかったので 常設展を観ることにしました。
名作とかはないけど 結構面白い作品がありました。
でっかい真っ赤な輪っかとか グランドピアノを鼻の先に乗っけてるアシカとか マンガタイプの連続ものシュールなやつとか。
お暇なときには楽しそう。

そんな常設展がおかれているのは2階3階なのですが 上から見てビックリ。

ブリスベンではありえない人出です。
これもやはり最終日のなせる技。
帰り際にチケット買うのにも長蛇の列。

証拠写真を撮ることは撮ったのですが 実は撮ってはいけなかったのです。
というのも 上から 「すごい人~」とか言ってやってたら 監視員の女性が近づいてきて

「ピカソ展は写真撮ったらダメなんですよ」

と注意されてしまいました。

ご本人も

「ばかげた規則なんですけどね」

と苦笑してらっしゃいましたが 規則は規則なので 仕方ないですよね。
きっと著作権とかの関係かもしれません。

しかし 前はアンディ・ウォーホール 今はピカソ で いつもにない混みようで少々疲れ気味だそうで 展覧会が終わるのを心待ちにしてるとか。
静かだから・・・って美術館とかで働くことにしたら いつも人混み じゃあ いやですよね。

疲れたので お外のカフェでお昼にしました。
おごってもらっちゃった~ありがとうSiorinさんと旦那さん♪
GOMAカフェ
川べりでランチが楽しめる…ということで 2時過ぎにもかかわらず 結構な人出。
ピカソ展から流れてきた人たちが多いのではありますが このちょっと前まではテーブル満席状態でした。

雰囲気はステキなのですが 美術館というところは人の足元と見てる というか 大体において 懐にゆとりのある人がレストランを利用するので お値段は高め。
そういやロンドンのTATギャラリーも高かったけど メニューの展示の仕方とか 仕事っぷりは あちらには

「天下のTATEで働いてるのよ」

みたいな感じがちょっとしましたが ここでは学生のバイト感が漂ってます。

肝心の食べ物。 
サンドイッチ パック入り 6㌦はまだ安い方で きちんとしたもの食べたら10㌦くらいしちゃいます。
そのきちんと代表 Siorinさんのイカ。
カラマリ
きちんと料理してるから 仕方ないといえば仕方ないけど この入れ物で10㌦はどうよ。
おいしかったのでいいのですが まずかったら怒る。

私は今日のスープにしました。
トマトと赤ピーマンで 結構辛め。
今日のスープ
おいしかったけど ぬるかった…。
サンドイッチ やっぱり誰かが作ってくれて 6ドルなら納得いくんだけど…。
前行ったWoolloongabbaのカフェよりお値打ち感なし。

そして 座った外の席はいいけど 風がどんどん強くなって来て 私のスープが飛び散るようになったので 中へ移動することにしました。

その後 美術館賞はこれまで として 普通の美術館の中を抜けて サウスバンクまでお散歩がてらお茶しに行きました。

でも 普通にお金払わないで観られる オーストラリア画家のシドニー・ノーランという人の展覧会やってるんですが 正直 そっちの方が日本人ならピカソとかモディリアーニとかルノワールは鑑賞できる機会が多いので オーストラリア画家の作品を観た方がいいような気がします。

この作品が代表的↓
シドニーノーラン
(Scoop Culture:Independent Newsより)

オーストラリアを代表する人物ネッド・ケリーです。
今は亡きヒース・レジャー主演で映画化もされてます。

その後 前にも行ったオーガニックコーヒーを出してるカフェでお茶して 美術館に荷物を預けてたので しまる前に荷物を取りに戻って その後お友達と晩御飯を一緒にする ということなので 我が家まで送っていただいて ちょっとお茶を飲んでお別れでした。

またお二人にお会いできるのを楽しみにしております。

スポンサーサイト

| オーストラリア | 20:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

あり? いつのまに撮ってたんですか。知らなかった。
シドニーノーラン、きちんと見たかったですが、気づくのが遅かった。結局行けませんでしたよ。でもま、楽しかったので良しとします。

今度会うときは、飛行機で行きますからね。もう運転はいいです。

| siorin | 2008/09/23 01:11 | URL | ≫ EDIT

>Siorinさんへ

早業で撮りました…笑

シドニー・ノーラン行けなかったんですか。きっとアデレードでも展覧会開かれるんじゃないでしょうか。16枚くらいのパノラマになってるの もう一度観ましたが やっぱり壮観でしたよ。

確かにアデレードから運転は大変そう。
安い便でいらしてくださいね。

| プリシラ | 2008/09/23 18:48 | URL |

わたしがピカソ展に行ったときは、普通の格好で一眼レフで写真をとっているおじさんとおばさんがいて、だめもとで、係りの人に「写真とっていいの?」と聞いたら、普通に「いいえ」という返事がきました。 Uplateのときだったので、コンサートの写真をとったりするプロのカメラマンだったんでしょうね。 絵画が全部本物で!?感動でした。

シドニーノーランは同僚にタダだったよ、って教えてもらって見に行きました。 こちらも全部本物で(!?)感動しました。

| Happy Gilmore | 2008/09/26 13:58 | URL |

>Happy Gilmoreさんへ

私もUplate行ったのですが そんな素敵な場面にはで会えませんでした。残念。

本物の絵をあんなに購入したりレンタルできるなんて QLD お金持ちですよね。
GOMAの新しい購入物も結構よかったので お暇なときに是非足をお運びください。

| プリシラ | 2008/09/27 21:04 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/634-f47d60ad

PREV | PAGE-SELECT | NEXT