Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライラの冒険 黄金の羅針盤 読了

冬も終わりのブリスベン。
朝の冷え込みもようやくおさまり 春がもうすぐ傍に来ているのが感じられます。

さて 週末 クーラムビーチまで小旅行してきました。
いいとこでしたよ クーラム。
ちょっと商業化が去年より進んでいて ビーチ沿いには新しいお店もたくさんできて 大型マンションもたくさんできていて なんだかヌーサのおしゃれ感に見習うべい~みたいな感じなんでしょうね。
これから景気の冷え込みが予測されるけど ビーチ好きは変わらないからこの傾向は変わらないのかなぁ。
でも オージーには手の届かない値段になるだろうから シドニーなんかの大金もちが購入 もしくは海外のオイルマネーを持ってる人やビジネス関係のひとが買いこむとか予想。

そんな旅行をして何してたかというと。

読書。

家にいるとついネットにふけってしまうので 思い切ってPCは家に(猫と一緒に)置いていき 本一冊だけ持って行きました。

それは3冊セットで買った ライラの冒険 第一巻。

映画を観て原作を読みたくなったので Bordersで3冊セットで45ドルくらいだったので思い切って購入しました。
しかし あいかわらずのだらだらぶりで 最初の3章くらいだけ読んで放置。
決しておもしろくないわけではなく だらしないのでいろんなもの出しっぱなしはいけない!と 出したらしまうように自分を習慣づけたら 今度は目の前にないので読まない という事態に陥ったのです。

というわけで ビーチで何もせず 読書。
バカンス気分です。
  
さて肝心の本ですが 確かに映画と順番が違う。
多分 ドラマ性を出すために ライラの家族の秘密が判明するところとか 順番変更したのでしょうが 原作の方が ライラの気持ちの揺れ動きというか 血のつながりじゃない愛情というものが描かれていて 繊細だったように感じました。
アマゾン書評では子供むけの本でつまらない とか13歳くらいの子供むけでハリー・ポッターの方が大人向け! とかいうのが見られたけど どうやらそれは翻訳によるようです。
ハリー・ポッターは面白いのですが やっぱりあれはエンタテインメントで あちこちのいいところを持ってきて ついでに学園もので…みたいなところがあるように感じます。
まだ6巻までしか読んでないのではっきりとは言えないけれど こちらは本格的なファンタジーぷらすキリスト教の奥義にまで迫る箇所が多々見られて やっぱりキリスト教圏の人じゃないとピンとこないものがあるのではないかしら。原罪から一切自由になろうとするとか 善と悪の境目について などなど 扱うこと自体がタブー的なものというものは実感わかないと思う。

私の大好きなトゥモロー・ワールドもそうだったけれど キリスト教だの聖書だの それを子供の時に読まされてきた人たちの中に根付く価値観世界観を知ることは 一般的な東洋文化に生きてる人たちにはなかなか難しい。
まあ 西洋の人たちも 仏教とかの感覚はイマイチわからないようなのでお互い様といえばそうなんだけど。

面白いのでお勧めだけど どうやら書評を見ると がんばって原書で読む方がいいみたいです。
単語自体はそれほど難しいのは出てこないけど 世界観の深さはなかなかのもの。
それにしても 乱暴で野生児のライラが主役っていうのは ある意味 児童文学の王道かなとも思います。

さあ がんばって 第2部へ臨みたいと思いますが はたして読み終わるのはいつになるやら。
とりあえず第1部より薄いのが救い。


黄金の羅針盤〈上〉?ライラの冒険黄金の羅針盤〈上〉?ライラの冒険
(2003/10)
フィリップ プルマン

商品詳細を見る


黄金の羅針盤〈下〉?ライラの冒険黄金の羅針盤〈下〉?ライラの冒険
(2003/10)
フィリップ プルマン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 英語 | 19:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

第3部は厚いですよ。でも、だんだん面白くなっていったような記憶が。。。

日本って文庫があるし、本が安く買えていいですよね。620円か。

| triple D | 2008/08/27 11:54 | URL |

>Triple Dさんへ

ますます面白くなるんですか!
それはよかった~。
某アマゾンの書評では、「1部が一番おもしろかった!」という意見も見られたもので ちょっぴり心配してたんですよね。

ホント 日本は本が安くて嬉しいです。
特にこれは子供むけだから多少値段を抑えてるのかな という気もします。

| プリシラ | 2008/08/27 21:38 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/617-587699ac

PREV | PAGE-SELECT | NEXT