Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリアのウールは 買っちゃダメ

オーストラリアは 原料類の輸出に経済の多くを頼っています。有名なのは 石炭、小麦、牛肉などですが 羊毛関係も有名です。

去年でしたか 世界を席巻した UGGブーツ。あれも オーストラリアのものです(原材料じゃないけど)。

国際線出発ロビーには メリノウール製のセーターなんかが売っており ついでに ラノリンなんかもお隣においてあります。これ、羊毛から取れる 油で、アレルギーを起こす人もいますが、塗るとスベスベ。寒くて 乾燥する冬 お肌がスベスベになっていいかもしれません。

ですが この オーストラリアの名産品 メリノウールにまったをかけた人が。

歌手の ピンク です。

I'm Not Dead I'm Not Dead
Pink (2006/04/04)
La Face
この商品の詳細を見る


一番有名なのは この曲? 
今でもダイスキです。



Stupid Girls なる曲で 世間にはびこる バカ女たちを 滅多切りにして 敵に回したことのある女性 Pinkですが、今度は PETA (People for Ethical Treatment of Animals) という団体に共鳴し オーストラリアの羊畜産農家の 羊の取扱が残酷だ ということで クリスマスプレゼントショッピングが最高潮に達した今、

「メリノウール または オーストラリア産 と 書いてあったら 買うのはやめましょう」

と パリで訴えたそう。

残酷だ としている理由は、羊毛用の羊には 背中に脂腺があって、そこにハエがタマゴを産みつけて 還った蛆が 皮膚下で繁殖するのを防ぐため 皮を切る処置のことらしいのですが それが一番 病気を防ぐのによいのだ と 財務大臣のコステロ氏は 言っており クリスマス前の売り上げ落ち込みを防ごうと 躍起になっております。

確かに PETA の ビデオを ちらっと見たら とても残酷。(⇒ こちらのサイトで見られます)
だけど ハエにたかられ 蛆虫に肉を食い破られて死ぬのと 皮を切られるのとでは どっちがいいんでしょうね。どっちも痛いのは マチガイないけど。

一番いいのは、ナイフで切る前に 鎮静剤を打ったり 違う方法で 切除することなんでしょうが 買うのをやめろ! という前に どうしてそういう提案が出来ないのかな と思います。

とりあえず 寒い北海道育ちの個人的意見としては 毛皮よりも フェイクファーの方が 軽いし 風を通さないし 雪に濡れても傷まないし しかも安いし ということで フェイクファーに一票。

詳しくはこちらのサイトで紹介されています。
シドニーモーニングヘラルド
Yahoo 7ニュース
The Age

それにしても どうしてこんな怖い顔の写真ばかり使うかな・・・。悪意でも???

人気blogランキングに参加しています。クリックしてくださると嬉しいです☆
スポンサーサイト

| ニュース | 19:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

そんな

どっちもイヤだけど。
羊でなくて良かった。
日本は鯨でオーストラリア人に責められてましたが、どこの国にも極端な人がいるもんだなと……。

| siorin | 2006/12/22 00:58 | URL | ≫ EDIT

ワタシも

どっちもイヤです!
羊は見てかわいいし、着て暖かいし、食べておいしいし・・・PETAに怒られそうです!うちに殴りこみに来るかも?

| プリシラ | 2006/12/22 14:36 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/58-2bd18f51

PREV | PAGE-SELECT | NEXT