Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア料理って?

今日も雨降りのブリスベン
洗濯ものが乾く暇がありません…。
明日も雨とのことで もう洗濯物は干しっぱなし。
これもオーストラリア流といえばそうなんですよね。
日本じゃありえない。

ありえない というとオーストラリア料理。

というくらいまずいものを食べさせられた という話もホームステイをした人からよく聞きますが 中でも一番評判が悪いのがアプリコット・チキン。

料理法は簡単。

干したアプリコットと鶏モモを煮て オーブンで焼きます。

以上。

聞いた話では異常に甘く それが塩ゆでにしたべちゃべちゃのご飯と共に供されるそうです。
白いご飯をこよなく愛する日本人にはとても耐えられる料理ではありません。
額に青筋立てて怒りたくなります。

塩ゆでしたご飯 食べた方いらっしゃいますか?
私はあります。
しかも水が非常に多くて そのくせ芯があるのです。
もう~食べるのがつらかったつらかった。

そんなことは今ではなく きちんとした炊飯器を手に入れ 水べちゃご飯は食べなくても済むようになりました。ありがたやありがたや。

アプリコット・チキンは味わったことがないので もうオーストラリアのへんてこ料理にはオツキアイしなくていいのね と 自分で作れば 作りそこないしてもそれは自分のせいだし 大体は食べられるようなものが出来上がるし。

とか思ってたら 昨日 お友達が泊まりにきました。
遠くの街に住んでいて仕事の話があるのでブリスベンに来たついでに 泊まって行ったのですが(余談ですが 父と息子で 息子さんはトム・クルーズにそっくりです) その彼らを

「カントリーガイズだからさぁ オーストラリア流の料理を出してあげるよ」

と シュレック先生がオーストラリア料理を作ることにしたそうで 台所立ち入り禁止令が出されました。
聞くと 鶏肉料理とか。

何やらコトコトと刻んでる音 バターで玉ねぎを炒めるいい匂いがたちこめます。

「ライスはある?これはライスと食べないとだめなんだよ」

ということで 冷凍しておいたご飯があることを伝えると 電子レンジで解凍している様子。
テーブルマットを敷いて お客さんが来るのは遅くなるので先に食べることにしたので 出来上がったいい匂いのする料理がオーブンから出て来ました。
あつあつで冬には最適。

皿に盛ってもらうと 大きなチキンにベーコン 玉ねぎの中に 何やらごろごろしたイチョウ切りの代物が。

なんだろーと口に運ぶと。

…パイナップル

「ちょっと! パイナップルが入ってますが これはわざと???」

と 質問すると

「うん これ パイナップル・チキンって言ってオーストラリア料理だから」

と喜々として答えるシュレック先生。 

チキンに混ぜるのはアプリコットだけじゃあなかったのか…不覚。

他はおいしいのだけれど パイナップルを口に運ぶたびに パイナップルの甘い果汁にじんわりしみ込んだチキンストック。

あ あわない…

パイナップルをよけて食べてたら見つかって

「パイナップルは体にいいんだよ!パパインが入ってて」

とかだまされそうになりましたが でも 体に良くてもこれはいやです
というわけで パイナップルは全部シュレックさんに食べてもらいました。

パイナップルチキンの名誉のために付け加えておきますが 大量に作られたパイナップル・チキンを今日も食べましたが 昨日より肉が柔らかくなっていたので 酵素で肉を軟らかくする方法は本当によく効くようですし パイナップルを食べなければ ちょっと甘めのソースで煮込んだ料理 と思えるようです。

調べたところでは中華とかフィリピン料理らしいのですが レシピを見るとどうも違う。
やっぱりオーストラリアでアレンジされたようで それも余計にオーブンで煮込んでるし~。
ホント パイナップルは給食の酢豚でもよけて食べてた私にはちょっぴり拷問みたいな料理でした。





FREE TIBET
信仰信条の自由を求めるだけで弾圧されることのないように
微力ですが サポートを表明します。

国旗
スポンサーサイト

| オーストラリア | 20:08 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントできるかな

こんばんは、今日はコメントできるかしら?

アプリコットやパイナップルが使われた鶏肉のオーブン焼き、
幸か不幸か食べたことがないです。
私は割と甘いソースが好きなので、
大丈夫かもしれません。
でも、茹でたご飯を食べた経験はありますよ。
あれは酷いですよね…
ホストマザーが作ってくれたんですが、
たっぷりのお湯に米を入れて茹で、
柔らかくなったら、ザルに開けてるんだもの…
残飯の米みたいでしたよ。(涙)

| ディーチ | 2008/07/07 21:16 | URL | ≫ EDIT

拷問ですか?そうですか?
酢豚のパイナップルが許せない協会会長のDですが
ものすごい拷問があるもんだ

っていうか、"鶏とパイナップルに謝れ"ってDがいたら暴言吐いてますね
100%

基本的にDの周りのオーストラリアンはそういう料理はしないのでよかったです
むしろイギリスとかに近い感じ
”焼いただけ”とか
”煮ただけ”とか
”ローストしただけ”とか

どっちもどっちですか?

| D | 2008/07/07 21:53 | URL |

好きですよね、パイナップル

私も、そのまま食べるのはいいけど、料理にパイナップルはだめです。

でもこちらってオージーピザっていうのがハムとパイナップルだったりしますよね。ピザにパイナップルなんてオーストラリア人は食べ物の味を知らんのだとピザ屋のオーナーフランコ(イタリア人)と意気投合。

甘い目で許せる取り合わせはポークにりんごのソースくらいかな。それと私、ライスプディングも絶対だめです。

| triple D | 2008/07/08 13:18 | URL |

こんにちわ
オーストラリ料理って!?なワタシ、楽しく読ませていただきました
アプリコットとチキン、パイナップルとチキン、どっちも私の中ではOKな範囲かも(爆;)
でも味付けも甘いと、ちょっとイヤかなぁ。
給食の酢豚のパイナップル、不思議ですよね
ハンバーグの上のパイナップルも不思議ですが。

ライスプディング私もダメです
塩茹でした柔らかいコメも、ダメかも~

でもシュレックさんには懐かしい味なんですね(笑) 時々おともだちに振舞うのは、許してあげますか!?

| ろくろく | 2008/07/08 16:49 | URL |

パイナップルだめですかー?(><;)

僕は結構好きなんですよね、
料理に入ってるパイナップル・・・(笑)

もしかすると、プリシラさんはハワイアン・ピザも反対派でしょうか!?
日本から来た人とかに、「ピザにパイナップルはおかしい!」
っていつも言われるんですよー(TT)
美味しいのに~・・・w

| GC田舎っ子 | 2008/07/08 18:11 | URL |

ディーチさんへ

こんにちは。

甘いソースが大丈夫なら これはなんとかいけるかも…ラッキーです~。パイナップルよけないと食べられませんでしたもの。

あのベチャベチャご飯は一体なんなのでしょう?
おかゆだと思って食べたら大丈夫なのでしょうか。でも 料理法が全然違いますよね!

| プリシラ | 2008/07/09 15:24 | URL |

Dさんへ

私 鶏もパイナップルも好きなので 本当に謝れ!って言いたいような料理でしたよ。
煮ただけ焼いただけ の方が 自分でアレンジできるのでマシですよ~。

名誉のためつけくわえておくと 残ったキャセロールのソースをベースにカレーを作ったらとってもおいしかったですが でもその前に2日くらい苦悩を味わわなくちゃならないんですよね…微妙。

| プリシラ | 2008/07/09 15:26 | URL |

triple Dさんへ

パイナップルピザって それはハワイアンでは???
わからない オーストラリア人…。

イギリス人から伝えられた料理が多いので 今一つ料理の味がわからないのでしょうか(←暴言?)

ライス・プディング…スペインで食べたのですが 吐きそうになりました。
でも 外国人には甘く煮た煮豆なんて拷問だそうで お互い様でしょうか。

| プリシラ | 2008/07/09 15:29 | URL |

ろくろくさんへ

そうなんです ポイントは

味付けが甘い

しかも半端なく甘い

のが問題なんです。

今回のパイナップルチキンは

「あんた 甘い料理きらいだから甘くなくしたよ」

と言ってたのですが やっぱり甘いチキンは…うう~ん好ましくございませんでした。

ライス・プディングってイギリスの料理なんですよね きっと。シナモンとミルクまではいいのですが お米は本当にイヤ。塩ゆでしたベチャベチャのご飯はイギリスにはないのでしょうか?ないならそれはとっても幸運なことです!

パイナップルチキンは自分に出されない限りは許しますが 次回出されたら泣くかもしれません…。

| プリシラ | 2008/07/09 15:33 | URL |

GC田舎っ子さんへ

パイナップル ダメです。
いくら酵素のせいで肉が柔らかくなることを知っていても やっぱり駄目です~ごめんなさい。

そしてハワイアンピザ。
うーん これならまあ許せるかもしれないけど ハムにパイナップルってだけで既に避けてるので 食べたことがありません…。
よその方が食べる分には一向にかまわないのですが 食べろと迫られたらパイナップルだけよけて食べると思います。

多分パイナップルが好きなので 塩気がつくのがいやなのでしょう。
甘いものは甘いまま食べたい~。

| プリシラ | 2008/07/09 15:37 | URL |

こんばんは

先日なぜかコメントが跳ね返されてしまったのでリトライしま~す。

オーストラリア料理というと、えび料理というイメージでした(ただ自分がシドニーに行ったときに、シーフード料理を食べたからという理由ですが…)

私も、塩辛いものの中にフルーツが主張しているようなのはダメですね。パイナップルを避けてお肉だけ食べるというのが良い折衷案でしょうね。
やわらかいお肉を想像して、おなか空いてきました~。

| bonheur | 2008/07/10 00:16 | URL | ≫ EDIT

bonheurさんへ

コメントの件では御迷惑おかけいたしました。なんだか不具合だったようで 自分でもコメントが書けない有様でした…。

うちの兄弟もケアンズでシーフードを食べて うまかった~と言ってたし 昨年いらしたお客様も シーフードレストランを堪能してらしたので オーストラリアで食べるなら やはりステーキとシーフードなのかもしれませんね。

パパイヤに肉をつけておくと 柔らかくなっておいしい!と聞きましたが 私はパパイヤだけ食べたいです~^^

| プリシラ | 2008/07/10 21:24 | URL |

アプリコット

チキンって最近聞いたことがあって、なんじゃらほいと思ってたんですが。
私は別にパイナップルもアプリコットも気にしないんですが、もちろん自分では絶対作りません。出ても文句云わないだけで。
ま~、意外な組み合わせと云うか、その国の文化ちゅうか。
でも考えてみたらパイナップル自体それほど好きではなかったりして。
火が入ると柔らかくなりまして、ま~こんなもんかと。
私だけか。

| siorin | 2008/07/12 00:28 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

>出ても文句云わないだけで。

ふふふ 食べたら文句言いたくなりますよ…笑

パイナップル入れたらおいしくなる食べ物もあるらしいし フィリピン料理なんてのも果物使うので 甘みづけに使うんでしょうね真面目に。砂糖よりは健康にいい気もします。

…でも やっぱりパイナップル・チキンは好きになれないので Siorinさんにお譲りいたします(笑

| プリシラ | 2008/07/12 22:24 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/572-3f9dd183

PREV | PAGE-SELECT | NEXT