Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本と中国 どっちが大事?と質問されたら

シェアブログdokidokiに投稿

冬到来のブリスベン。
最低気温は8度で 道理で布団の上に寝てた猫が 布団の中に入ってきたうえ 朝の散歩に出なかったわけだわ。

さて ニュースでは捕鯨問題が取りざたされていて オーストラリア人の多くには関心の的。
訪日の時点でもっと強気に出るべきだった!とか 結構騒いでたのですが ネットで見たり NHKのニュースで見る限りでは 日本のマスコミの報道 ほとんどなし。
一部の新聞も地方扱いになってたり で オーストラリアでは訪日は大騒動なのに 日本から見たらやっぱりオーストラリアって サイズはでっかいけど 経済的政治的には小さい国なのかなぁ とか 思ってました。

そして 今日のオーストラリアの全国紙 The Australianに載ってたニュースを見て その理由がなんとなくつかめました。

ラッド首相 NHKからの取材を 訪日前 訪日中 断ってたそうです。

記事はこちら⇒Rudd TV snub irks Japan


その理由というのも ラッド首相が今年初頭に ニューヨークにある国連本部を訪問した際 NHKのオーストラリア特派員 たなか じゅんこさんが こんな質問をして ラッド首相を怒らせたから。


"The overall message we're getting is you're focused on China and not very interested in Japan. Do you think the Japanese are wrong to have that impression or do you think there were some miscalculations on your side about Japan's reaction?"

「首相は中国にばかり注目して日本のことは興味ないみたいですが これ 日本側が間違った印象を抱いてるんでしょうか それとも日本側の反応について オーストラリア政府側で何か計算違いをしたのでしょうか?」

と まあ なんとストレートな。

でも それって結構オーストラリアの一般の人たちの間でも感じられてることで 朝のワイドショーみたいな番組でも そんな質問されてました。
首相に選出される前にも こんなビデオが作られたくらい。


首相官邸からのこの件についての返答は

確かにたなかじゅんこ特派員からの インタビュー依頼は2回却下しているものの 訪日前に他の記者と一緒に 特別に記者会見が行われて たなかじゅんこ記者もこれに出席して その後 アフタヌーンティーを楽しんだ とのことで 訪日中はスケジュールが忙しいので 一対一のインタビューを申し込まれても 全部に答えることはできませんので・・・。

だそうで。

でも NHKったら オーストラリアの公共放送でも流されてる上に 一応国営放送なんだから そこからのインタビューを断るなんて よっぽど頭に来たんでしょうが 政治家としてはそれが正しい対応法だったのかなぁ と はなはだ疑問。

政治家として適切な対応を考えてみたのですが

「中国を先にしたら日本をないがしろにした と言われるでしょうし 日本を先にしたら中国をないがしろにした と 言われてしまうでしょう でも 日本も中国もどちらもオーストラリアにとっては 大事なパートナーですので それだけはお間違えなく」

とでも言っておいたらよかったんじゃないでしょうか。
そしたらみんな納得してくれたんじゃあないかなぁ。

とはいえ テレビで見たラッド首相の中国語 発音完璧でビックリ。
台湾人のお友達に聞いたところ

「本当に全然外国人のアクセントなくてビックリ!」

とほめちぎってました。
英語どころか 中国語は 四声をこのお友達に教えられただけで投げ出したので羨ましい限り。

さて 新聞の見出しになってる irk とか snub ものすごーくよく使われます。
イラつく と 鼻であしらう なんですが irk 音的にもよく似てるので覚えやすそう。
とはいえ こんな言葉使ったり 使われたりしたくないもんです。






FREE TIBET
信仰信条の自由を求めるだけで弾圧されることのないように
微力ですが サポートを表明します。

国旗
スポンサーサイト

| ニュース | 22:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

ちょっと心配だなあ

昨年ラッドが当選したとき、ジィも私もすごーく喜んだんですよね。ハワードの超保守、そして、嘘つきで、まずいことは私は知らなかったですます、そしてもちろん反人道的な行いなどが大嫌いだったので。
ラッドがコントロールフリークなのは知ってましたが、まあ分裂しがちな労働党をまとめての長期的計画実行にはそれぐらいでないといけないのかなと思ってました。でも、プリシラさんに教えていただいた記事中にも明記されてるウィークエンドオーストラリアンの記事を読んで、ラッドのアドバイザーたちってちょっと間違ってるんじゃないの?と思い始めたところだったのです。

ところで、あのビデオ作った人、確か大学生だったかな、TVで見たことありますが他にも面白いの作っててすごい!と思いました。

| triple D | 2008/06/24 10:55 | URL |

以前の通りすがりです。こんにちは。いつも楽しみに読んでますよ~。
たなか じゅんこ さんのこの質問、どこがそんなに悪かったのかわたしには分かりません。一国の首相ならば、どんな質問でも投げかけられる可能性はある訳で、礼に適った物であるならば適切に返答またはかわす事も、手腕のうちですよね?。例えば豪国営放送で日本国豪州大使に面と向かって「リサーチの為日本人を殺しても良いか?」と質問した番組がyoutubeでも見られます。
この たなか じゅんこ さんの質問は、実は彼の本心を鋭くついていたから怒りを買ったんだと思いますが、違うかな…。中国の反日教育は凄まじい物があり、徹底的にあることない事繰り返し繰り返し叩き込んでいます。それは本当に壮絶です。大きな捏 造も事実です。そういう事で彼の長い中国滞在中に感化されたのかもな、と思います。在中外国人でも、中国の教育を受けた人は、反日教育に触れる機会がたくさんあります。つまり、本心日本が嫌いなんじゃないかなーー?、なんて思っちゃったんですけど…。どう?。

| 通りすがり | 2008/06/24 12:10 | URL |

triple Dさんへ

そうですよね ハワードは庶民の気持ちを見事に操って 中国の好景気のおかげで お金持ちは超お金持ちに…という政策をガンガン進めてたので 私もあんまり好きじゃありませんでした。

ラッドさんは実は近距離で見かけたことがあるのですが 大変感じのよい方でした。 なので なんだかとっても残念…。バランスのとり方が上手じゃないなぁっていうのが最近の印象です。

あのビデオすごくいいですよね。他にも作ってるなら観てみます!

| プリシラ | 2008/06/24 19:26 | URL |

通りすがりさんへ

こんにちは。こんな人気もないブログ いつも読んでくださってるなんて ありがとうございます。

あの「日本人殺していいか」番組 ギャグ番組なんですよ。悪ふざけが過ぎるのがあの人たちの信条なのですが しかしアジア系の人を餌食にしやすいのが難点です。日本人に限らず 暴力に訴えませんからね…。

ラッドはどうなんでしょう 日本が嫌いというよりは 中国におもねざるを得ない状況で そこを突っ込まれたのでつい憤慨してしまったのでは? でも どちらにせよ 気分を悪くしたりはまだしも インタビュー断るのは メディア対策としてはどうかと真面目に思います。上記でTriple Dさんがおっしゃってるように アドバイザーがよくないのかも。前は メディアにはどんどん出てたのに 選挙以降 選んで出てるってのが 定評になってます。

| プリシラ | 2008/06/24 19:33 | URL |

この件、だんなから聞いたんですが、だんなは「ケビン、大人気ない」と斬って捨てました(笑) 私もそう思います。政治家なんだし、もっと大人な対応しましょう>ケビンくん。
彼の中国語の発音、中国人の友達もほめてました。

| suji | 2008/06/24 19:35 | URL |

sujiさんへ

こんにちは♪

大人気ない!
まさにそれがぴったりです!
やっぱりタンタンだから???苦笑

やっぱり中国人は皆さん発音ほめますよね。この台湾人の友達
「あなたが紹介してくれたシンガポール人より発音いいわぁ」
とまで言い シンガポール人立場なしです。

| プリシラ | 2008/06/24 21:29 | URL |

難しいところですねえ・・・

こちらを立てれば、あちらが立たず
ってなところですよね。

まあ、ラッドさんの中国びいきは、
政治からしからぬあからさまぶりですが。
でも、今のオーストラリアの状況からして、
中国へのゴマすりは過剰なくらいが良いのかも知れませんね・・・。

この不安定な経済を支えてるのも、
ひとえに中国の無謀なオーストラリア投資のお陰ですし。

うぅむ・・・難しい(--;)

| GC田舎っ子 | 2008/06/24 23:51 | URL |

GC田舎っ子さんへ

本当にあちらを立てればこちらが立たず。しかもインドネシアまで微妙に怒らせたりしてません?

難しいけど両方立てる道を上手に見つけるのが政治家というものでは? 日本の政治家にそれができてるとは思えませんが 理想像としてはそうではないかと思います。

確かにおっしゃる通り 中国がいなかったら今の景気はないし おかげでオーストラリア中でお給料が上がってるみたい…自分には関係ないのが悲しいのですが だからって今までのよきパートナーを怒らせるのも…。
がんばろう ラッド君(笑)。

| プリシラ | 2008/06/25 08:26 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/06/25 18:58 | |

ナイショコメさんへ

こんにちは。

そうですね 私もバランスのとり方がうまく行ってないと思います。
元外交官なんだからその辺もっと上手かと思ってたのでかえってビックリです。

これから世論をうまく読んで かわしていけるのかどうかが気になりますが・・・どうでしょう???

| プリシラ | 2008/06/25 21:59 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/557-73f29c3f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT