Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

急激に冷え込んだブリスベン。
そんなときはあったかスープにおうちでDVDを…ということで アメリカン・ギャングスターを観たのですが なかなかの秀作。

その感想はまた後にするとして つい比較してしまったのが インディ・ジョーンズ最新作のこれ。
インディ

日本でもそろそろ公開のようですが ひと足先の2週間前に観てきました。

感想を書くのが話題作だったわりに遅かった理由。
他にもたくさん観てておっつかなかった というのもあるけれど 一番の理由は

ちょっと期待外れ

だったこと。(⇒ この先少々ネタばれあり!)

面白かったことは面白かったのですが たとえて言うと

昔中学時代仲の良かった友達と久しぶりに会うのでわくわくして再会を楽しみに待ち合わせ。
どこかでじっくり腰を落ち着けて話そう!と スタバに入った。

5分後 スタバに来た人がいきなり友達に話しかけてくる。
どうも同じ中学校の友達で こちらは顔は見たことあるけどそれほど仲良くなかった人。
二人は楽しそうにおしゃべりを始め 何やら盛り上がりだした。
あの人やらこの人の噂話をしてて楽しそう。
話題にのぼった人たちのことは知ってるけど どうにも口がはさめない。
二人は話に熱中してて こちらは置いてけぼり。
そして2時間がたち

「あ~楽しかったね!また会おう!」

とその相手に言ってる友達。

おいおい こっちにその言葉はかけるべきでは???

と言う感じの映画。

そして何よりこの映画の欠点は 50年代とかのなつかし感が売りだったインディ・シリーズ またもやルーカス大好きなアメリカン・グラフィティだの 乱暴者へのオマージュだの 入れてるけど なんかそれが単に古めかしくなってしまってるところ。

そのうえ古めかしいのは映画だけじゃない 主役まで古めかしい…。

ハリソン 年とったなぁ 
うちの親父と年変わんないんだもんなぁ…

と アクションシーンを見るごとに

「ああ!お父さん大丈夫???無理したらだめ~」

といたわりたくなってしまうアクション・スターじゃやっぱりいかんでしょう!

せっかく若くてピチピチの シーア・ラブーフくんもほとんど活用されず オールド・ロマンス再燃なんて せっかくいい材料を仕入れたのに 調理法間違った って 感じでした。

ケイト・ブランシェットが熱演してるだけに もったいなさすぎ。
ロシア軍隊 女性がリーダーなんて 大人の男性客に受けるだろうに なんかもう少し色気あってもいいんじゃない? 

ファミリー映画だけに 残酷なシーンだのは出せない とかあるけど (それにしちゃ その扱いないだろう って人いたけど) なーんか いいもの揃えたのにうまくいかせてない 中途半端な大作。
たとえて言うなら

新鮮な材料が売りのレストラン 味は今ひとつ

とするとわかりやすいでしょうか。

どうせなら 思い切ってシーア・ラブーフ君を主役に据えてしまって その視点から描いて行った方がよかったかなあ。
そうした方が途中で判明する謎(ってほどでもないんだけど)も生きたし ついでに 敵役のケイト演じるイリーナ・スパルコとクリスタル・スカルをめぐって戦う中で ほのかに恋愛感情が芽生えたり とかで そんなの生かして ラストシーンなんかも もっと工夫できたのに!
そしたら シーアくんが次の映画で主役を張っても全然おかしくなく そのうえ インディ・ジョーンズシリーズも続けられる…誰もが得をする展開になったんでしょうに ああもったいない。

テレビシリーズもあったくらいなんだから それができなかったのは

1. ルーカスが「インディはハリソンじゃないとだめ」と主張した
2. ハリソンが「子供にお父さんまだまだやれる と いうとこを見せたい」と主張した
3. スタジオ側が「シーアじゃ客呼べない」と主張した

のどれかだったんでしょうか。

とりあえず 話題作だったし それに この映画を観た後で 昔のインディ観たくなったので 新しい観客さんたちに 旧作を観てもらうきっかけとなるかも? という点では良作だったと思います。
ホント いろいろ書いてるけど ふつーに面白いですから 観て損はないと思います。

あと 当時のロシアの超能力研究とかUFO関連に興味ある人には面白い と 思う(自分もその中の一人)。そのあたりでまたケイト・ブランシェットの熱演が見ものなんですがね。

いつか ケイトにほんもののコメディをやってもらいたいなぁ~ と 希望。
相手役はジョージ・クルーニーで 40年代っぽいのをやってもらいたいです(さらば ベルリンは忘れましょう…)。










スポンサーサイト

| エイガ | 11:52 | comments:14 | trackbacks:1 | TOP↑

やっぱりインディはハリソン

というのがスピルバーグだったかな、言ってましたね。だから、あの最後の帽子もいかにもそれを強調って感じでしたね。私は自分が年とったせいでしょうが、お年寄りにはなったが、でもやっぱこの役のハリソンフォードはチャーミングと思ってしまいました。

| triple D | 2008/06/15 16:09 | URL |

私もシーア君がまっと前面に出れば、と思ったんですけど、この子がインディの息子って説得力ない、って人もいて、それもそうだなと思いました。

もう一作作って、今度は別の女の別の子供にして、もっとインディの息子っぽい人使って仕切り直したらどうでしょうか。

| チュチュ姫 | 2008/06/15 20:13 | URL |

triple Dさんへ

ハリソン 悪くはないんですが やっぱりアクションは若者に任せて 前作のショーン・コネリーみたいに 口とダンディさで(まあヤンチャがインディのいいとこなんですが)勝負 ってしてくれたら もっと楽しめたし 体の心配しながらアクションシーンを見なくてよかったような気がするんですよー。

でもそう考えるとおじいちゃんになったわりには頑張ってましたよね。その点は認めなくては。

| プリシラ | 2008/06/15 22:41 | URL |

チュチュ姫さんへ

確かにインディには似てないけど そういう人もたまにいませんか?シュレックさんがその一人で お父さんにもお母さんにも似てません。誰に似たかというと おじさんだそうで…それもまた凄い。

別の女性との別の子供 いそうですね てか自分で他の女ともつきあったけど とか言ってたし それもいいかもしれません。でも シーアくん 可哀想…。トランスフォーマーじゃああんなにかわいかったのに。

| プリシラ | 2008/06/15 22:44 | URL |

いまひとつでしたか

あんまり評判良くないと思ったら、そうですか。やっぱり……
でも機会があれば見てみたいです。冒険もの好き。
親父のアドベンチャーですか。

| siorin | 2008/06/15 23:30 | URL | ≫ EDIT

プリシラさん、こんにちは。
私、「インディージョーンズ」はどれも見たことがなく、インディとの接点はディズニーSeaのアトラクションを体験したことくらいなのですが、プリシラさんの「中学生との再会」の例えを読んで、「これはインディを1から見て、映画もみてプリシラさんの例えを実感してみたい」という気持ちになりました。
ケイト・ブランシェットも出演しているのですね。やっぱり見ないと。

| bonheur | 2008/06/16 01:32 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

楽しいことは楽しいんですよ~。だから観てもいいとは思うのですが やっぱりちょっぴりパワーダウン?

こちらの期待が大きすぎたのかもしれません。

| プリシラ | 2008/06/16 10:02 | URL |

bonheurさんへ

一緒に行ったお友達も

「むか~し観たっきりだからもう一度観てみようかなぁ」

と言ってました。
そういう意味ではいい映画だったんじゃないか と 思います。
元々のファンのためのものだろうから まずDVDでおさらいしてからの方がより楽しめます!

| プリシラ | 2008/06/16 10:04 | URL |

別の女、いそうですね、つか、インディ・ジョーンズってスケこましで有名じゃないですか!

| チュチュ姫 | 2008/06/17 02:42 | URL |

チュチュさんへ

あ そうでしたっけ???
やはり 「年取った」という思い込みっていかんですね。そういえば 前作でもなんかおとーちゃんと恋のさや当てやってたの 思い出しました!

リバーくんならわかるんですが やっぱりシーアくんはちょっとなぁ…。こまし度低い気がします。私の中でこの子は ダイ・ハード4.0のあの子とかぶってます(←名前覚えろよ)

| プリシラ | 2008/06/17 07:15 | URL |

ええ~~~~!!!!

ジャスティン・ロング?!

アタシ、ジャスティン・ロング大好きなんですけど!!

| チュチュ姫 | 2008/06/18 02:45 | URL |

チュチュさんへ

そうそう その子!
ギャラクシー・クエストの子ですよね???

かわいいけど なんか頭の中でシーアくんと(シャイアくん?)かぶってるんですよ。何故???

| プリシラ | 2008/06/18 11:42 | URL |

ケイティ!

ブランシェット嬢は、さすがですね。娯楽ものとはいえ、手抜きなしで来ます。そういうスタイルなんでしょうけど。

まあ、おなじみの荒唐無稽な冒険カムバック!と思えばいいのかなとは思いました。

| ボー | 2009/07/26 13:52 | URL | ≫ EDIT

ボーさんへ

ケイト・ブランシェットは何をやってもいいですよね。
あ でもコメディとかはちょっと向かないかも。

なんかもうすでに記憶から抜け落ちてました この映画。
せっかくのインディなのに。

| プリシラ | 2009/07/28 20:17 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/549-97029cde

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

ひさびさ復活、インディアナ。19年ぶり、60代半ば?

| 或る日の出来事 | 2009/07/26 11:10 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT