Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストラリア永住権にまつわる話

シェアブログdokidokiに投稿


実は去年の9月の頭に手続きをしたものの、その後全然連絡がなかった移民局。

手紙には6~8か月待つように、との注意書きはあったので大人しく待ってたのですが、さすがに限界になり、先週の金曜日仕事が暇だったので電話してみました。実はその前にも何回か電話してたけど あまりに待たされるので我慢できなくて途中で切ってました。 つきあってられな~い!

さて 移民局の電話サービス 131 881 に電話。
待たされること5分。いつもなら切ってるけど今回は我慢。

最初に出たNatという女性(おそらく帰化した人 英語に訛りがあった)によれば、アプリケーション処理が遅れているので再度ビザ申し込むのがいいだろう、とのこと。

ええ~どういうこと???と思ってるとくわしくはブリスベン移民局から連絡するので電話番号を教えてほしい、と言われたので 携帯電話番号を伝えました。なんできちんと申し込んで再度申し込まねばならないのか、さっぱりわからないのですが、逆らうのもなんなのでとりあえずありがとう、と言って電話を終えました。

しかしその直後非常に心配になったので同居人に電話して事の次第を伝えると

「移民局また変なこと言ってうやむやにするから、俺から話してあげるよ。俺の番号に電話するように手配して」

と言われたので、再度移民局に電話。

今度は違うところにかけてしまったようで、違うところに回されたりしてやっとのことでチャーリーなる男性につながりました。するとチャーリーは言うのです。

「再アプリケーションなんて必要ないよ!移民局までどうなってるか経緯を審査してほしい、という手紙を出してください。書類は移民局サイトからダウンロードできるよ。書類番号は929だから」

ということでちょっと安心。
また書類を集めろなんてことになったら目も当てられない…。お金も時間もかかる。

しかしサイトを見ても929なんてものはあっても、内容が全然違う。なんか情報開示法とかの書類なんですが。私は情報開示をしてもらわなくちゃならないのか? 

次に番号違い?と979、424、474などを探すも全然似たような内容ではない。
仕方ないので、AからZまで順番に見て行ったけど、それらしきものは一切見当たらない。

これは困った。

仕方ない、移民局まで直接行ってもらってくるしかないだろうか、と覚悟を決めて営業時間を見ると

9時から4時まで

…もっと仕事してください…。

がっくりしてるとそこへ電話が。
出ると移民局の人(ジャニンとか言ったなぁ)。

くどくどしい話を短くすると

「あなたのアプリケーション処理するの忘れてた」

だそうで…。

あのー、それって9か月何もしないでどこかにほったらかし?てか担当者は一体何してたんでしょうか。

「これから私のところに書類を回してもらいますので、何か足りない書類があったら連絡しますね」
と言われました。

金曜日に手紙が届き、やっと永住ビザが下りた、とのこと。

その日付、5月28日。

電話を受けてからわずか3日。
やればできるじゃん!と思うと同時に、それまでかかった9か月は一体何?という疑問でいっぱいに。
単に誰かが整理整頓ができなくて、または仕事の順序をつけられなくて、放ったらかし、あるいは担当者が引き継ぎをせずに配属替えになったとか?ありそう~。
書留で送り、受け取り主に直接渡してください、って万全の備えをしても、受け取り主がほったらかしてはなんにもなりません。
いや、間違いを正直に認めて謝罪の言葉はなかったけれど、自分の間違いを言っただけでも素晴らしいのでしょう。

この話を知人にしたら盛り上がる盛り上がる。
皆さん、永住権の審査では苦労したので話すことは尽きないようです。

一人の方は無犯罪証明書をなくされたそう。
もう一人の方は何度も移民局へ呼ばれ、難癖をつけられたそう。
違う方はHIV検査を受けた結果をなくされ、幸い再検査はしなくてよかったのだけれど(一度受けるだけで2万円くらいかかるから大変な出費)面接を受けさせられることになり、それまためんどくさかったそう。
順調な人は順調だけど、そうじゃない人は大変。

それにしてもあいかわらず、電話に出る人たちが違うということが違うの、なんとかしてほしいんですけど…。





FREE TIBET
信仰信条の自由を求めるだけで弾圧されることのないように
微力ですが サポートを表明します。

国旗
スポンサーサイト

| 異文化体験 | 21:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

永住権ねー
やってるときは大変なんですが
取れた後は笑い話になりますね、本当に!
Dは、AUSTPOSTが信用できなかったので
直接移民局に殴りこみ手渡ししに行きました
アポイントなしでww

で、結果その時ブースにいた人が
いい感じで面倒くさがりさんだったので
”じゃ、どうせ書類全部あるし時間かけるのも面倒だから今日永住権あげるね♪”って
…Dは今のところ移民局のいい人ばかりに当たっているようです(運)

| D | 2008/05/31 23:09 | URL |

Dさんへ

そりゃ本当に運がいいですよ…。
だって無犯罪証明書をなくされた人、移民局で手渡ししたのになくされたそうですから…。

でも多分申請した時期場所によると思いますよ。
昔は一定期間住んでたらすぐくれたそうですが、最近は不法滞在者や申請が増えたので、審査が厳しくなってると移民局の知人が言ってました。その人が担当ならよかったんだけど、あいにくビジネスビザの担当でしかも配置替えで遠くへ行ってしまったので、何かヒントももらうこともできませんでした。残念。

| プリシラ | 2008/06/01 09:36 | URL |

はじめまして。

プリシラさん、はじめまして。

どうにもこうにも他人事と思えず、コメントしてしまいました(^^;)

オーストラリアでコールセンターと名のつくものは、
待たされる、たらい回しにされる、間違った案内をされる。
これ当たり前ですもんね(--;)

で、長年の経験で学んだのが、
・電話を掛ける時はスピーカーフォンにして、お茶でも入れてとりあえず30分待つ。
・事前に集められそうな情報は全部集める。(何か変な事言った時にすぐ突っ込めれば、かけなおさなくて済むから)
・話がひと段落しても、もう一回掛けなおして間違った事を言ってなかったか他の担当に確認する。
・手配が済んでから1週間後くらいに再度確認の電話を入れる。それもしつこく確認させる・・・。

面倒ですけど、これっきゃないですよね(TT)

| GC田舎っ子 | 2008/06/01 13:08 | URL |

ビザの話は尽きない

>この話を知人にしたら盛り上がる盛り上がる。
皆さん、永住権の審査では苦労したので話すことは尽きないようです。

ですよね。
私もその場にいたら一緒に盛り上がってたと思うわ~。
私は娘のも一緒に申請したので、2倍、いえ数倍トラブルが。

オーストラリアの移民局の話はいろいろ聞いたので、確認に確認を繰り返したにもかかわらず・・・。(くそ~)
パースで申請すると早くていいみたいね。どうなんだろう・・?
ブリスベンは要注意よね。
でも、一旦貰ったらもうこっちのもの?2度と移民局のお世話にはなりたくないわよね。(笑)

| cherry | 2008/06/01 21:42 | URL | ≫ EDIT

おめでとうございます

とりあえず。
なんかいかにもありそうですね。移民局。
私より先に出していたので当然ビザ下りてもいいはずと思っていたけれど出てなかったか!(しかも忘れたって云うな! 平気で)
私の場合、最初(一時ビザ)があまりにもだったので、後半早くてビックリしました。提出遅れたけど。

| siorin | 2008/06/01 21:43 | URL | ≫ EDIT

GC田舎っ子さんへ

いつもサイトみさせていただいてます。参考になることが多くてとっても助かってます。

本当にここでは予想もできないくらいの忍耐強さが試されますね…。人間ができるかもしれません。まだまだ時間がかかりそうですが。

教えてくださったアドバイスを元にコールセンターと戦ってみたいと思います!
でも移民局の人は皆さもさもわかってるよう~な口を利くのだけはやめてほしいです…。

| プリシラ | 2008/06/01 21:51 | URL |

Cherryさんへ

いつもお世話になってます。

cherryさんも苦労されたんですね…。お気持ちお察しいたします。

パース多分今ではあまり簡単には下りないのではないかと思います。ブリスベンと同じで移民が多いので、移民局、怪しい移民振り分けに結構時間かかるんじゃないでしょうか…。忘れはしないと思いますが(苦笑)。

ブリスベンの電話くれた人が開口一番「アプリケーションが多すぎて」とのたまわったのには参りました…。本当にしばらく、いえずっとかかわり合いにはなりたくありません!

| プリシラ | 2008/06/01 21:56 | URL |

Siorinさんへ

Siorinさんも運のいい口ですよね~。
ブリスベンだったらどんなことになってたか。多分知り合いの人のようにネチネチと呼び出し食らってたかも…。なんか、同じよ~に移民で来て、そのくせ威張ってる人が多かったりするのは何なんでしょうね。

公僕だけどサービス業だってことを忘れるな!って言いたいけど、自分より立場の弱い人を相手にするときはやっぱりエラソーになってしまうのかしら。

| プリシラ | 2008/06/01 21:58 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/536-b621c899

PREV | PAGE-SELECT | NEXT