Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人類で一番古い職業について考えた

シェアブログdokidokiに投稿

今は夜11時。普段はもう寝てる時間なのに いつもよりずいぶん夜更かししてるのは 明日が土曜日やっほう とかいうわけで ついテレビを見てしまったから。

それは

現在イギリスはロンドンにいる高級娼婦の生態について

だったわけで興味しんしん。
いや 自分がなりたいとか なろうと思ってもちょっと容姿に自信ないし 高級娼婦といって脳裏に浮かぶのはこの方だし↓
satine

しかし現実の高級娼婦さんたちは…うーん 確かにお金は持ってそうだし 身につけてる服や宝石は高級品だとすぐわかったけど なんというか品がない。
ろうたけた とか いうのはなくて その辺のおねーちゃんがたまたま そういうことを仕事にしてるだけで あっけらかんと

「私この仕事が好きなの! すごい人にも会えるしね!」

と言っていた。
まあ 私のごひいきジョージ・クルーニーの今のカノジョも半分それに近いような仕事してたので もしかしたらお金持ちの奥様とかなれるのかもしれないけど なんだか 好きな仕事をしてる 性的なことで困ってる人の力になれる とかって なんか言ってるほどには感じられない。

唯一 もとは医療系の仕事をしてた女性が 今の仕事と経験を生かしてセックス・セラピーと言うか そっち系のカウンセリングをしようと思う と 言ってたのがビジネスとしてはいいかなってとこ。 本格的な ではなくて 夫婦の刺激剤を…ってやつらしい。

とはいえその人は 旦那さんと子供がいて 偶然子供にばれちゃって

「最初は怒ってたけど今では受け入れてくれたようです 私も子供を愛してますし 子供も私を愛してます」

とか言ってて そりゃー子供はどんな親でも愛するもんだよ…と ちょっと不愉快だった。 子供はどんな親でも愛さないと愛し返してもらえないことを無意識のうちに知っているのに そんなのでセラピーとかって ちょっと違うんじゃないかなぁ。

そして全員に思ったのは

「エスコートなんぞという高級ぶった言葉を使わず 『売春婦やってるけど 稼ぎはいいし 体疲れないし いいわよー』と 言えばいいじゃないの」

という不満。

学生で授業料が高騰して払えない とか 借金があってどうしても返さなくちゃ とか 会社くびになっちゃった とか やむをえない理由で とか 上記のように人がなんと言おうとも好きだからやってる仕事 何が悪いの! って開き直りをする潔さが足りない。
皆 素敵な人に会えるだのごたくを述べてるけど ちょっと考えたら CEOの高級リムジンに乗っても自分自身がCEOになってるわけじゃない ひとときの気晴らしのためにたまたま消費されてるだけだ って 思ったら結構むなしくならないだろうか。 いやもしかしたら御贔屓になったら 半分お友達で家族や友達には言えないような悩みを相談されてる人もいたりするのかもしれないけど。

他にも 人にはいろんな人がいて 姿形が気にならなくなった と 言ってる女性がいたけど じゃあ 体や心に障がいがあるゆえに性的欲求を満たせない人たちのために ボランティアをしてあげたりしてるんだろうか とか ちょっと思う。 

お金をたくさん稼いでも

「身ぎれいにしてないと選んでもらえないのよー」

と消費するだけの彼女たちは やっぱり稼ぎを社会に還元しなくちゃ とかいう気持ちもないようだ。 いやしかし大企業のCEOなんかもそんなだけど やっぱりお金を稼ぐのと 社会への責任意識はなかなかに反比例している っていうのは本当なのかもしれない。

それに彼女たちが言うように 「偉い人」や「普通ではなかなか会えない人」 に会ったりして 違う自分に目覚めたならば そのコネを使って事業を始めるとかしてもいいと思うんだけど。 だって お金も時間も普通に働いている人よりあるんだし。

でもそんな風に考える人はきっと高級娼婦にはなれないんだろうなぁ。

もう一つ気がついたのは 意外に歯並びが悪い人が多いこと。
やっぱり歯列矯正には矯正具をはめなくちゃならないけど それじゃあお仕事に響きますもんね。

まあきついこと書いてますが こういう仕事も需要があればのこと。 
色々ごたくを並べて 自分の仕事はさげすまれるようなものじゃないんだ って言わなくちゃならないくらい やっぱり売春とかって 今だに社会のタブーなんだな と 実感したのでした。

いや それにしても出てくる女性見たら ふつーの容姿でもいいのね…と ちょっと安心。
こういう仕事はそんなことができる年齢じゃないのでしませんが。





FREE TIBET
信仰信条の自由を求めるだけで弾圧されることのないように
微力ですが サポートを表明します。

国旗
スポンサーサイト

| 日々の話 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

興味深い番組があったんですね。

Street Girlといわれている人たちに比べるとずいぶんいい職場環境(!?)に聞こえます。 女性は自由になったといわれながらも自ら(?)こういう職業に飛び込んでいく人がいる、ということ自体、本当の自由...なの?
SBSはGeisha Girlsから Call Girlsまで昨日はGirls特集♡という感じだったんですね。
歯並がわるいのは、典型的なイギリス人?

| Happy Gilmore | 2008/05/10 20:38 | URL |

Happyさんへ

私もそう思います Street Girlというより Geisha Girlsのように置屋にいるみたいですね。個人経営の女性もいましたよ。
春をひさぐ職業もあるんだからいいし 別に欲しいものを売ってる ということで 需要と供給の問題なのですから 本人納得してるならいいのですが 身ぎれいにして贅沢してるだけで満足してる精神性は本当に自由なのか???と 思います。

また ヨーロピアン系より それ以外の女性の方が多かったので やっぱり社会的構造で上へ上がれない人がそういう形で社会階層を上がろうとする というときに 性を利用するというのは あんまり変わってないのかな とも思います。

歯並び悪いのは…確かにそうかも!

| プリシラ | 2008/05/11 09:38 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/517-c23964a7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT