Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

アカデミーでダニエル・ディ・ルイスが主演男優賞を取り 正直

「またか…」

と思って観ないでいたのだけれど 監督がPTAだったので心変わりした結果 観てよかった と思った上に ダニエルのオスカーも当然か と 思った。
静かな中に狂気を秘めた男の姿をセリフに頼らず 描きだす。
言葉が少ないだけに 驚異のラストシーンの吐き出すようなセリフが怒涛のように押し寄せる。 

欲につかれた男の凋落していく姿 と 巷の映画評には書かれているものの そんな風には感じなかった。 どちらかというと 心の中では理想の家族というものがありひそかに家族を作るのを追い求めている というふうに見えた。 だけど 西部の厳しい環境の中 女性というものは見事に存在しない。 だからこそ あえて 血のつながりもない男の子を育てたし やみくもに突き進んだのも お金さえあれば幸せが買える と 思っていたから。 そう考えたらつじつまがあうような気がした。 他の人に成功されたくない 嫉妬深いんだ と 言ってもそれももしかしたら 家庭環境のせいかも と 思ったりして。

タイトルの ゼア・ウィル・ビー・ブラッド というのだけれど 映画を観る前は一体なんだろう と 思っていたけれど 全部観た後でよくわかった。
てか そういう終わりってありか???みたいな。

それもあるけれど 家族という血のつながり それから 映画の中で重要な役割を果たすファンダメンタル・クリスチャンの歌う 賛美歌に歌われる すべての罪を購うというキリストの血 それから現代社会の血液とも言える 石油 そのすべてをあらわす 非常に象徴的なタイトル。

そして アメリカの根本にある キリスト教原理主義の不気味さをも伝えたこの映画。 若い牧師を演じたポール・ダノは 穏やかな物腰の下に透けて見える 宗教ファナティックによく見られる 独善性と偽善。 演技達者なダニエルに引けを取らないすごさは マイ・リトル・サンシャインの無言の誓いを立てたおにーちゃんからは想像もできませんでした。 これから注目した方がいい役者さんです。 本当にポール・ダノ演じるイーライは 宗教者とは思えないような 不気味さで 善をほどこすというより まるで明るい砂漠の中にポツンと落ちた黒い影のようで禍々しさまで感じられました。

過酷なカリフォルニアの姿と 石油開拓のすさまじさ。
非常に力強い映画でした。今年必見の一作。





FREE TIBET
信仰信条の自由を求めるだけで弾圧されることのないように
微力ですが サポートを表明します。

国旗
スポンサーサイト

| オーストラリア | 22:12 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

観ました!

力強い映画でした。
デイ=ルイスに、ダノ君がよく対抗してましたね。彼あってこその映画でもありました。
音楽もよかったし、さすがの1本!でした。

| ボー | 2008/05/08 09:05 | URL | ≫ EDIT

ボーさんへ

ホント あの二人の映画でしたよね。
子役の子供もなかなかよかったのですが 女性の登場してないところがまた 当時を思わせます。
こんな感じの日本映画って 最近あるでしょうか? あったら観たいので お勧めをぜひお願いいたします。

| プリシラ | 2008/05/08 17:44 | URL |

女性が表に出てこなかったり…他に、このような映画、思いつきませんですね。
日本映画も詳しくないので、なおさら思いつきませぬ~。

| ボー | 2008/05/10 07:59 | URL | ≫ EDIT

ボーさんへ

やはり最近の日本映画にはありませんか…。古い映画を引っ張り出してみるしかないのでしょうか。
ちょっとさびしいですね。でも 考えてくださってありがとうございます!

| プリシラ | 2008/05/11 09:32 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/506-02189c86

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

ひとりの石油採掘人の強烈な生き方を描く。 ダニエル・デイ=ルイスの演技のうまさと、ポール・ダノのうさんくさい存在感。

| 或る日の出来事 | 2008/05/08 07:15 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT