Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Before the devil knows you're dead

先日観ました この映画 Before the devil knows you're dead。
聞いたところではこのタイトルはアイルランドのことわざからとったとか(違ってたらごめんなさい)。
ユーモアがアイルランドのとりえ と 言いますが 映画自体はとっても悲惨。

映画好きの友達にこの映画観たよ と 言ったら

「なんかさぁ~ 出てくる人物がだれも好きになれないんだって?」

と途端に言われてしまいました。

誰だ そんなことを言ったのは!
その通り過ぎるじゃないですか~!!!

誰一人として好きになれるキャラなし。
そのうえイヤ~なストーリー。
そして誰もがボソボソしゃべる。

観終わって気分がくら~くなること このうえなし。

悪い映画じゃないし評価も高いのですが 後味相当悪し。
気分悪いときに観ることは絶対お勧めしません!

話としては お金に困った兄弟が勝手知ったる親が経営する宝石店を襲おうと計画するものの 失敗に終わっただけではなく死者まで出てしまい 転げ落ちるかのように悲劇は加速化していく という もので 主役の兄アンディをフィリップ・シーモア・ホフマンが見せるんですよ。
演技が上手なだけに もうやりきれなくてやりきれなくて。

フィリップってば演技が上手なもんで 普通の役者さんなら

「何こいつ やなやつ」

とかで終わってしまいそうなアンディを 

会社の金に手をつけたヤク中のデブ

から 

弟に比べ親から注がれた愛情が不足していたからか 社会的には成功したものの自信が持てず ついついその空白をいやすために麻薬へ走ってしまい そのせいか美しい妻ともコミュニケーション不足で 持っていたものをすべて失い どん底へと転落していく

という風にまるでギリシャ悲劇の登場人物みたいに仕上げているんです。

いや ただのデブじゃあありません フィリップ。

映画の出だしで いきなりフィリップのラブシーンで始まり これまた度肝を抜かれてしまうわけですが このシーン 映画史上もっとも醜いヌードに選ばれてしまったとか。

しかし それこそがまさしくこの映画中のアンディそのもの。
おバカで弱い性格ながらもいつまでも少年っぽいせいか 誰からも愛されているようなイーサン・コーエン演ずるハンク (とはいえ 映画の間中 すっごいイライラしたけど)。
人は中身じゃない 外見だ と 言わんばかり。

誰だって醜く生まれたいわけじゃないし 美醜を決めるのは一体何?

そうやって考えていくと人生の不公平さは 最初から最後まで アンディの身に降りかかってきており かわいがられたと思しき弟をはめたり 自分を不当に扱ってきた親の鼻をあかしてやれる と 思ったときの復讐にも似た気持は なんとなくわかるような。

と 悪党アンディの人間としての悲しさ弱さを十分に演じたフィリップを ご堪能ください。

タイトルの言うところの 

悪魔に死んだと気づかれる前に

というのはきっと アンディが映画の初めで幸せなひとときを過ごした極楽ブラジルから 地獄とも言える彼の世界に戻ってきて 社会的な死を迎える前のひとあがき とでもいうことなのでしょう。
それとも 死とは 自分の魂が死ぬことを指しており アンディ ハンク そして父親のチャールズそれぞれが 自分の中にひそむそれぞれの悪魔が それに気づいてしまったからこそ 起きてしまった事件だ ということを指しているのか。
どっちにしても含蓄ありそうなタイトルです。

スポンサーサイト

| エイガ | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/483-ef7a3f11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT