Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【映画】スウィーニー・トッド

やっと久しぶりに映画を映画館で観ました。

しかしバレンタインデーというのに スウィーニー・トッド。
自分の選択眼が疑われますが これしか時間が合わなかったので・・・。

しかし 映画館はカップルわんさか。

あの~ 一応この映画 殺人 食人 血みどろ映画なんですけど…。
ま 二人で映画観るなら 別にいいのかな。
ホラー映画を観ると仲が深まるともいうし。

映画については きっと日本の熱狂的なジョニデファンの方たち 映画好きな方たちが書いてらっしゃるから まあ いいでしょう。
アラン・リックマンだの ティモシー・スポールだの 全体をイギリスでまとめたところに バートン監督のイギリス好き ロンドンへの思い入れが見られるような気がします。
画像的にも スリーピー・ホロウを思い出して 再見したくなりました。

久しぶりにミュージカルを観て ああ ジョニデ 歌上手だなぁと感心しちゃいました。
CD欲しくなったくらい。

しかしまあ あれですね 久しぶりにバートン監督 昔のパターンに戻りましたね。

異形のものが 現実世界へやってきて 結局おり合いつかなくて 元の世界へ帰って行く。

今回のジョニデさんを見るにつけ 

エドワード・シザーハンズ
しざーはんず

×フランケンシュタインの花嫁
エルザ

ってことで ほんと 久しぶりにバートンの大好きな ゴスゴスでした。
スウィーニー・トッド

いつも眉間に皺よせてるのも 復讐に燃える ってわけで苦悩してるんだろうけど エドワードもちょっとこんな感じだったよなぁ と。
いや スウィーニー・トッドは陰惨なのですが 床屋の椅子を改造してるとことか ホイホイと首を切っては ゴットンゴットン地下へ落としてるシーンとか なんか笑えるし ロベット夫人の空想なんて 観客の間から笑いがこぼれておりました。

そういえば トッドこと ベン・バーカーさんの娘ジョアナが なんとなく 痩せる前のクリスティーナ・リッチに似てたような気がするのですが 気のせい?
クリスティーナ 痩せてきれいなんだけど 昔のプヨプヨの方がよかったなぁ 天使っぽい感じがして と 思うけれど 彼女が幸せならそれでいいのかな。

真面目な感想を書けば セピアのロンドンに流れる血しぶき それは いつもしかめっ面で感情を表に出さない スウィーニー・トッドの涙だった ということを示すようなラストは 血みどろながらも美しい バートン監督の美学爆発映画でした。

スポンサーサイト

| エイガ | 21:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

ジョニーデップ

私の場合、ジョニーデップぐらいですか。なんとなく俳優に惹かれて見てみたくなるのは。
でも旦那がティムバートンに引くんですよねえ。
DVDのジャケット見たら、なんとなく分からんでもないけど(見たことないけど)。
でもとりあえず、血みどろだったら観てもいいかなあ。
ってそれはおかしい?

| siorin | 2008/02/15 18:58 | URL | ≫ EDIT

Siorinさんへ

ジョージ・クルーニーはだめでしょうか。

バートン なぜだめなんでしょうね?
ビッグ・フィッシュとか チャーリーとチョコレート工場なんて 特に問題ないと思うんだけど…。
もしかして ゴス嫌い???

血みどろ好きなら お勧めですよ~。

| プリシラ | 2008/02/15 21:03 | URL |

スィーニー・トッド 見ました~! が、、

お話自体は知っていたので、それをどうアレンジしてくるかなぁ…と思って見に行ったのですが、…なんか、えらく「さらり」としていたなぁ、と。確かに血しぶきはすごいけど、ドロドロじゃないし…?というのが感想です。本当は首をかき切って死なせるんじゃなくて、ただ改良した椅子を傾けて地下に落とすだけ(首の骨がぽっきり折れて、アーメン!)なんですが、それでは絵的に地味だから、派手に血しぶきを上げることにしたのでしょうね。

不満に思ったのは、あまりにもあっさり、誰でも殺しちゃうところ。入って行ったきり、誰も帰ってこないのでは、怪しまれて当然でしょう。ここでも本当のお話(噂話?)では、髪を整える間に相手のことを聞き出して、ロンドンの住民ではない(探しにくる者がいない)ことを確認した上で殺したとなっており、確実に復讐出来る機会を待つためにも、もっと、陰湿なくらいの用心深さが欲しかったです。

他にも、なぜ「肉」のことを疑われることになったのか、客の反応など、もっと描いて欲しかったし、浮浪者の女についても、もっと接点を持って欲しかったです。接点が少なすぎたおかげで、彼女に感情移入出来てないから、最後にもあまり悲劇感が感じられず、残念でした。

| valvane | 2008/02/18 00:16 | URL | ≫ EDIT

Valvaneさんへ

あんまりどくどくしちゃうと 美学に反するからでは?
最近のホラーって 異常に残酷ですからね…(例:ホステル)

まあ 元々ミュージカルだったので それにそって行くとああなったのかなぁ?と。
基本は ジョニデの歌と アラン・リックマンの歌でしょうか。
意外に歌が上手なのでビックリ。
反対に サーシャ・バロン・コーエンの扱いには ちょっと不満(衣装には大満足)。

| プリシラ | 2008/02/18 16:03 | URL |

ジョニデの歌

ああ、確かにあれは良かったですね。こう言っては何ですが、思うよりずっと、良かったです。
ここで成功したから、これから、ジョニデの歌の出番が増える?

| valvane | 2008/02/19 00:13 | URL | ≫ EDIT

Valvaneさんへ

ジョニデさんは昔バンドをやってたので 歌なんかはお手の物かと・・・。
胸に響くは君の歌声 で ジプシー役をやってました。
もしかして そのうちミュージシャン役なんかをやったりして?

| プリシラ | 2008/02/19 13:17 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/446-0e639fba

PREV | PAGE-SELECT | NEXT