Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【旅行】旅のはなし その10 -ヨーク編 その2-

シェアブログdokidokiに投稿

こんにちは。
ヨーク観光の続きです。
続きっていうか 鉄道のことしか書いてないんですけども。

さて ヨークと言うのは 城壁が残っており 元気な人は城壁の上を歩けます。
どこに行ってもそういうとこを歩くことにしてるのですが

「あの上を歩きたい!」

というと

「時間ないからダメ!」

と あっさり却下。
自分が列車博物館で時間2時間も使ったからだろうに…と ブチブチ思いながら どうやらメインストリートみたいなところを歩いたら これがまあ イギリスっぽいことこの上なし。
城壁のことはすっかり忘れてしまいました。
ゲンキン。

ヨークは イギリスでも有数の富裕都市なため 歩いてる人たちもなんだか優雅。
観光客もなんだか 近所から来たっぽく クリスマスのお買い物を楽しんでいるよう。

さて 観光案内にも載ってるのは これ↓ と
ヨークの名所1

これ↓
ヨーク大聖堂

だけど またもや £9の攻撃に遭い

「そんなにお金払って中見なくてもいいよね!」
「そうだよね 二人で£9なら まだしもね そのお金で何か買った方がいいよ」

と あっさり却下。
つくづく文化的な香りのしないこと。

街を歩いていて気づいたことは

Game

と書いてあるレストランが多いこと。

そっか~ 鹿とか狩猟してるのね…。

同居人は

「鹿なんてめったに食べられないから 食べたい!」

と言っていたのですが 前に知床で見た 目のくりくりしたエゾシカを思い出すととってもそんな気になれず…。
食べるなら一人で食べてチョーダイ と 言ったらあきらめたようでした。
すまない でも 食肉用に飼ってるわけでもないのに 季節の食べ物だからって 狩られちゃうのは やっぱりどうも食べる気になれないのです。
それに 似たような味だっていう カンガルーも食べたことあるけど なんか臭くておいしくなかったし~。

街はあいかわらずの 古き良きイギリスって感じで 夏に来たらもっときれいなんだろうなぁ~ と 感心。
ああいうのを保存するのって 相当な努力とお金が必要だろうし £9もそのために使われているんだろうけど でも やっぱり高い~。
せめて £5なら 気持ちよく払うんですけども。

日の落ちるのが早い冬だったので 同居人の提案により 日のあるうちに散策して そのあとどこかでお茶にしよう!ってことだったのですが どこでお茶するかで意見が分かれました。
同居人は駅で 私はシティで。

駅なんて これから旅する人が 他に行くとこなくて入ることが多いから 高くて雰囲気なくておいしくないことが多い!
それは 今まで見てきたイギリスの駅でわかってるじゃないか!

と 強硬に主張して シティでカフェに入ることになったのですが…。
なんかこう ピンと来るのがない。

いえ たくさんあるといえば あるんですが  

観光客向け
お金持ちの人向け
チェーン店

の どれかで この街ならでは みたいのが なかなか見つからない。

「も~~~~~~どこでもいいから 入ろうよ」

という同居人の声に 苛立ちの色を聞き取り焦る。
この人がこういう言い方をするのは 飽きてるか 疲れてるか おなかすいてるか カフェインが足りてないか の どれか。 
そしてそれからしばらく不機嫌になるので 素早い処置が必要。

そんな私を救うかのように 目の前に登場した 小さなカフェ。
中をのぞいてみると フツーの人々が座ってる。

よし ここにしましょう!

さっそく入ってみたところ。

うーん テーブルの上が片付いてない…。

前の人の使った食器やカップが片付けられてないし 食べ物のカスもこぼれまくり。

ま 忙しいからかしら と 思ってはみたものの いつまで経っても片づけに来る気配もありません。
しかも 他の人のところは片付けてる…。
なので 4人席のとこに移りました。

が 食器はないけど やっぱり食べカスはこぼれてる・・・。 

なかなか来ないウェイトレスさんをつかまえて やっとのことで注文を取ってもらいました。
ここまでに10分。

温かいものが食べたいから 今日のスープ二つ と注文したら ほどなく ウェイトレスさん戻ってきて

「今日 もうないから 他の物にして」

なので フォッカッチャとホッティー まあ ホットサンドですね それと コーヒー二つ。
ヨークのフォッカッチャ
ヨークのホッティ


そして テーブルの上を拭いてもらえるかなぁと思っててもそんな様子はまったくなし。
仕方ないので 手持ちのウェットティッシュで拭きました。

しかしですね。

ここで食べたフォッカッチャ もしかして イギリスで一番おいしかったかもしれません。
同居人も同意見で

「いや~ こんなうまいホッティー 食べたの久し振り」

だそうでした。

しかし サービスは最悪。
証拠写真↓
ヨークのコーヒーカップ

こんな汚いカップでコーヒー出されたこと 日本はおろか オーストラリアでもございません!!!

ウェイトレスさんたちは お客さんが来て座っててもおしゃべりに興じてて 注文を取りに行くわけでもなし 残ってるお皿やカップはそのまんま テーブルの上をふこうともせず。
わかーいウェイターさんもいて お店に置いてあるコーラをひと瓶 さっとポケットに入れちゃったり。

このアンバランスは一体なんなのでしょう。

これを見ると イギリスでワーホリしてるオージーの評判がいい っていうのも よくわかります。
だって これよりは はるかにマシですもの。
日本人なんていたら 私がカフェの経営者なら 絶対雇うことでしょう。

というわけで 同居人のこのカフェへの判定は↓
判定はいかに


…サイアク だそうです。

いやしかし イギリスでもなかなか味わえないおいしいサンドイッチを食べたくて なおかつ イギリスと言えば有名なサービスの悪さも同時に経験したい という 方にはお勧めです。
ヨーク訪問の際はお立ち寄りください。

というわけで ヨークはすでに日が暮れ 帰る時刻となりました。
夕暮れの中 駅へ戻ると こんなツリー↓があって クリスマス気分を盛り上げます。
ヨーク駅のツリー

しかし この日はこれで終わったわけではなかったのでした。

この話は また明日。

せっかくなので 写真を 続きに載せておきます。
興味のある方は ご覧になってくださると 嬉しいかも。




ヨークの川

ヨーク市街を流れる川。

城壁

ヨークの城壁です。

ヨークの建物

尖塔

お花屋さん

お花屋さんのウィンドー。
市庁舎

ヨークの町並み

こんなの発見↓
屋根の上のネコ

ヨークの夕暮れ
スポンサーサイト

| イギリス | 22:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

綺麗なところですね~

こちらにも。

そのカフェ、行きたいような気もします(笑)
ワーホリのオーストラリア人の評判が良いなんて、
凄いところですねぇ~
本当に下には下が…
そのコーヒーカップですが、その状態で出てきたのですか?
どんなおいしいコーヒーでも飲む気がしないですよね…

| ディーチ | 2008/02/04 23:11 | URL |

ディーチさんへ

ヨークは観光地としてとても有名だそうで それもうなずける風景ですよね。
収入もイギリスで指折り。

ワーホリのオーストラリア人 たぶん地元にいるような 「仕事ないから仕方なく」とかいうのではなくて 外国に行けて嬉しい!って人ばかりだからじゃないでしょうか。
前にブリスベンのフードコートで ワーホリのイギリス人の女の子にサンドイッチ作ってもらったら とっても楽しそうで 朝から元気でした。

コーヒーは 多少 カプチーノのココア汚れはありますが 出てきたときから こんな感じでした…。
おーい 洗ってるのかーーーーーって 聞きたくなりました。

| プリシラ | 2008/02/05 16:54 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/420-5a4de0ac

PREV | PAGE-SELECT | NEXT