Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【留学】オーストラリア 英語学校で何を勉強できる? その2

この記事は大人のための留学・ホームステイアイデアのテーマに投稿しています。

さて オーストラリア留学 英語学校にて何が勉強できるのかしら? 

というわけで 前には英語教員養成コースと 一般英語コースをご紹介しましたが 忘れちゃいけないこのコース。
オーストラリアならでは なのが IELTS準備コース。

IELTS って 日本では全然知名度ありません。

これはイギリス圏で大学へ入学するときに TOEFLと同様に使われる英語能力テストのことです。

TOEFLとの違いは まず コンピューター受験じゃないこと。
なので 教室に集まって 試験官の持ち込んだラジカセでリスニングをし・・・なので ちょっと遠い場所だったりしたら 点数悪くなりそうです。

そして スピーキングがあること。
これまた大変。
何せ 何が出題されるか見当がつけづらい。
万が一 自分の不得意なことを聞かれたりすると大変なことに・・・。

というわけで 準備をしないといい点が取れません。

現に私の友人が先日 移民申請をしようと思って IELTSってどんな感じだったかなあ~と思って IELTSを受験したそうです。
一応こちらで大学 大学院を卒業しているのですが 試験勉強しないでぶっつけ本番で受けてみた結果。

一般で 6.0・・・

大学入ったときより点数悪かったよ~

と 本人は笑っていましたが やっぱり試験には対策が必要だ ということです。

さて IELTSコースですが この試験に特化しているので まんべんなく能力が伸ばせてよいでしょう。
なにより日本で練習しようとしても 教材も少ないですしね。
特に日本人は スピーキングが苦手なので その練習もできるのがよい点。

試験会場というのは やっぱりちょっと特別な雰囲気があって たとえ能力の高い人でも その場では緊張してしまって実力が出せない ということもあるのですから 普段から練習ができるのはいいことです。

また IELTSの問題はTOEFLと違って 選択問題ではなくて記述式が多く その辺でも違いに戸惑うことが多いでしょうから 大学だの TAFEだの入ろう という方は ちょっとお金がかかってもいいから こうした特別クラスをしておいた方がいいと思います。

去年あたりからIELTS 規則が変わって 前は受験後3ヶ月は再受験不可でした。
というのも 一ヶ月やそこらでは実力が急に伸びるわけでもないし・・・というのが理由だったのでしょうが しかし 最近の留学生の増加 それから 受験者数が多すぎたり ついうっかり締切日に間に合わなかったり などの理由で IELTSを受験できないばかりに 学校へ入学できなかったり などあったのでしょう 毎月受験が可能になりました。

ですが 確かに 1ヶ月頑張ったからといって 急激に成績が伸びるわけでもないので 場数を踏んでみたほうがいいなぁ 自信をつけたいなぁ と考えるような方は こうしたコース受講をお勧めします。

IELTS特化と銘打つコースは あまり公立の大学付属の英語学校にはなく 私立の英語学校に多いようです。
これは 大学側はEAPという大学準備コースでカバーしているから というのが理由なようですが やはり試験用の勉強をしたい・・・と 思う方にもやはり お勧めです。

IELTSは やはり ちょっと素直じゃない問題が多いので こういうコースを取ってみるのが 高得点獲得のための近道かもしれません。

と IELTSコースのことを書いたので 次回はちょっと趣向を変えて IELTSはどんなものか について ご紹介したいと思います。




[ブロ記者]
スポンサーサイト

| 留学 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/381-845759d6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT