Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【カフェ】老舗のカフェ in ブリスベン

シェアブログ1732に投稿
シェアブログdokidokiに投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


昨日 長年のおつきあいのお友達と久々にランチした途中 ヘンな輩にからまれた話は昨日書きましたが 今日はその後 気を取り直してから行ったお店のハナシ。

私も友達も適当な性格 と言うか 友達は学生で しかも毎週二科目しか受講していないため 相当ヒマ。
ヒマなので夜更かししてネットで遊び 朝は遅くまで寝てるそうなので 朝ご飯も当然遅く おなかすいてないから ということで ランチは遅めになりました。

久しぶりで出る都心は どこもセールをやっておらず 当然だけど少々寂しい・・・。
それでも 老舗 デビッド・ジョーンズで 台湾人社長のお嬢さんである友人Cちゃんから クロエへの憧れと ジューシー・クチュールダイスキぶりを聞かされ

「そうか・・・ 若いお嬢さんの間では まだ流行ってるのねこれ」

とナットクしたり 日本では最近人気が出てきてるらしい フレンチブランドが 何気なくバーゲンコーナーに置かれており しかし お値段高いのにもかかわらず ボンッ と 放ったあったり オーストラリアブランドのデザイナーで有名な人のコレクションの中に どうみても近所のアフリカのおばちゃんが着てるようなのがあって それがまた バーゲンでも 500ドルもしたり と あちこち冷やかして入ったのが 学生さん御用達の和食屋さん H。

ここは もう一店お店を出してるところからして人気店で お店の中には中国系の人たちに混じって 白色人種もちらほら。
お手ごろ値段の割りにボリュームあるのも 人気の一つなのでしょう。

Cちゃんは オムライスを注文。
オムライス

最初 オム焼きそばと間違いそうになりましたが 無事注文できました。
私はレジの前で 味噌カツ という言葉を発見し 親子丼から急遽チェンジ。
味噌カツ

お弁当箱に入って登場しました。

さて 味噌カツを一口かじったところ。

・・・気のせいだろうか 何か生臭い匂い。

生揚げ? と 思って 齧ったところを見てみても 中まできちんと火が通っていました。
気にしながらも 多分 味噌カツなんて食べたことないので この味噌ソースのせいだろう・・・と 自分を納得させて食べ進みました。

Cちゃんは前はとても痩せていたのですが 

「すんごい太っちゃったの~~~服が入らなくって!」

と嘆いておりましたが 前は病気かと思うくらいに痩せていたので 今のほうがはるかに健康的で私はいいと思うんですが やはり女の子 太ってるのはいやだそうで オムライスも1/3残して

ごめんね ごめんね

と謝っておりました。

さて その後 コーヒーでも ということになり シティの中心 クイーンストリートを歩いてると 人だかり発見。
覗いてみると 透明ケースの中に人がいます。
ボックス

ボックス2

これは Ageing つまり 年齢を経ること ぶっちゃけ高齢化 老化 というものについて 普通の人たちがどんなことを考えてるか知りたい ということで 中に入ってるこの女性が 中から外の人に読めるように鏡文字で質問を投げかけ、外の一般の人が自由に自分の意見を この箱の壁に書き込み 討論する というもの。

私が見てたところでは 

人間を職場において労働力と決定するのは年齢だろうか?

という質問に対して 上の写真の男性が 一所懸命鏡文字で

Functionality などだ とか お答えしておりました。

しばらく見てたけど 自分では書き込みする気になれなかったので とりあえず カフェへ。

Cちゃんは 某有名コーヒーチェーンの割引券を持っているのですが ふと 老舗カフェは行ったことないことに気づき 隣り合わせだし 雰囲気いいから そっちにしましょう・・・と お誘いしました。

この店 同居人のお気に入りで 

コーヒーもいいし ケーキもいいけど 何より内装がよくて」

と言われてたので好奇心があったのも事実。

肝心の内装は こんな感じでした。
シングルイン

シングルイン2

シングルイン3

ここは元々 今のクイーンプラザがあったところに創業当初からあったのですが 再開発の前にあえなく撤去。
しかし今では シティでは 元の場所の斜め向かいにあるマッカーサー・スクエアの地下と  図書館ビルの前に位置する Shingle Inn という老舗ケーキ店 兼 カフェ
その他 大手ショッピングセンターには軒並み入ってるようです。

ここのケーキは前からおいしい と 評判ですが 正直言って 甘味が強いものが多くて 当たりハズレが大きい気がします。
前に チーズケーキとぺカンパイを食べたところ チーズケーキはまあまあだったけど パイは非常~~~~~に甘く 半分食べたくらいで 甘味と油分の混合で 

「もう・・・いいです おなか一杯」

となってしまいました。

とはいえ コーヒーはお店で豆をひいており 期待できます。
何よりお昼食べ過ぎて ケーキはどう頑張っても入らなさそうなので コーヒーだけを注文。

お店で MUG と あったら それは大盛りのこと。
つまり 普通のカップではなく マグカップに入って来ます ということなので 大抵それを注文するのは 貧乏性がなせる業?

コーヒーが来るのを待ちつつ メニューを手に取ると おやレトロ↓
シングルインメニュー

歴史がありそう と 思うと 創業70年だそうです。
きっとその頃から味があんまり変わってなさそう・・・。

やってきたマグ入りカプチーノ↓
シングルインカプチーノ

さて お豆までひいたコーヒーですが 

う~む 何か期待してたより おいしくない カモ・・・。

というのは 微妙にぬるいせい。

コーヒーって こう 淹れたての熱いときの香りがいいのですが 微妙にぬるくて ちょっと冷めてる感じで すぐに飲めるからいい といえば いいのだけど やっぱり香りも楽しみたいもので とってもガッカリ。

そしてさらにガッカリすることに コーヒーを飲み終わらないうちに お店の人がチラッ チラッ と カップをチェックしに来て 他にもお客さんいるからサービスなんだろうか? と 思ってると どうやら閉店時間らしく 外ではイスを片付けてるではないですか。

でも まだ 4時 なんですけど・・・。
入って 30分も経ってないんですけど・・・。

古いお店って 場所が新しくなっても 営業時間は昔ながらのままなんだねぇ 新しくする気はないんだねぇ~

と ぶうぶう言いながら 

「次にお茶を飲む時は ここには来ないか それとも 本当のお昼に来ようね」

と 誓ったのでした。
このお店 一応ハイ・ティーもやってるそうで お値段25ドルから27ドルくらいの間。
何が出されるかは問い合わせしてください とのことなので 詳しいことはわからないけど 暑い暑いオーストラリアで イギリス流のハイ・ティーを試してみるのもいいかもしれません。
ま ここ以外でも ハイ・ティーを提供してるカフェは多いらしいので ブリスベンには おハイソな奥様方が増えてきたのでしょうね。

ブリスベンで老舗のカフェに行ってみたい 歯の浮きそうな甘~~~~~~いペカンパイを食べてみたい方 (その次の日は絶食必須)は こちらのサイトでご確認ください。
ケーキの注文もインターネットでできますので とってもベンリ。

さて 後日談。

昨日食べた味噌カツのせいか 今日は朝から腹痛を起こし 食欲があまりない状態です。
なにか食べると胃腸が一気に痛くなるので ジュースだの トーストだのを食べて過ごしております。
もしかして 油がよくなかったのかなぁ~ と・・・。
揚げもの 普段食べないのと もしかして 何回か使いまわししてる???ので たとえ漉していても やっぱり不純物が混ざってるせいで調子悪くなったのでは?

とりあえず 食中毒じゃなくて よかった・・・。

↓ポチッと一押し どうぞよろしく
スポンサーサイト

| 日々の話 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

Shingle Inn

Shingle Innはおとどし
ブリスベン新人の友達に連れられて
はじめて入りました。
あの機会がなければ未だにはいってなかったと思います。

サンドイッチもキッシュも、
パサパサだったので
成功の上にあぐらをかいてるの?と思いました。
微妙にぬるいコーヒーというのも
その辺の延長?

でもあの椅子には吸い寄せられてしまいそうです。

| Happy Gilmore | 2007/10/03 23:03 | URL |

Happy Gilmoreさんへ

Shingle Inn 一昨年 ということは マッカーサースクエアのほうでしょうか?
それにしても パザパサのサンドイッチにキッシュ・・・(絶句)。
いくら 老舗でも オーストラリア人の唾液量が多くても それはいけませんよねー。
しかも4時に閉まるなんて・・・。

最近 新しくケーキ屋さん できてきたので オバサマたちくらいしか 行かなくなってしまうかもしれませんね。
そのとき どう出るか が 楽しみです!

| プリシラ | 2007/10/04 12:23 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/346-53cda00d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT