Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【留学】ややこしい学位システム

この記事は海外移住レポート(オーストラリア編)のテーマに投稿しています。

この留学記事は ブロ記者に投稿しているものです。


前回は どういう教育機関へ留学するか その種類をご紹介しましたが 今回は英語学校をのぞく教育機関を無事に修了すると どんな学位がもらえるのか ということについて ご説明していきます。

日本だと 

中卒
高卒
高専卒
短大卒
専門学校卒
大卒
大学院卒

なんて感じですが オーストラリアは微妙に違っています。

Year10と呼ばれる高校一年相当で義務教育は修了です。
その後 職業専門学校に通ったり 直接働き始めたり と 就職する人たちと Year11と進んで大学 TAFEへ進む人に基本的に分かれます。

ここで大体取れるのが ディプロマ と呼ばれる資格で 日本で言えば短大卒くらいにあたるものでしょう。

しかし それ以前に サティフィケート1から4までがあり それがYear 10を修了した生徒は一番下のレベルから受講が可能。
そして サティフィケート1から順々に上へ上へと上がって行き ディプロマまで取得・・・ということも可能。

そして教育機関によっては大学と提携しており ディプロマを取得すれば大学1年度免除 となっております。
日本も今では短大卒だと大学2年を飛ばせるので それと一緒ですね。

そして ディプロマにもそのうえがあり それは アドバンスド・ディプロマ。

この2つの違いがわからなかったので 調べてみました。

で わかったこと。 

ディプロマ も アドバンスド・ディプロマも 理論的知識と実技が学べますが アドバンスド・ディプロマは
それに加えて 学んだことを実際の現場で適用 集団で働くと同時に 自分の仕事に責任を持ち 誰かの監督なしで働けるようになり 得た知識も プロフェッショナル補助レベル ということで 管理的な仕事もできる・・・というのが 違いのようです。

この他にもちょっとだけ 見学してみたい 自分に選んだコースがあってるか知りたい という人には TAFEでは ショートコースもありますので 観光ビザで渡ってきて それだけやることも可能かも。
でも それはもしかしたら 現地の人だけに許されているかもしれないので まずは問い合わせが必要です。

私立の専門学校も殆ど似たシステムで ただし もう少し期間が短いので お値段が少々高くなりますが時間のない方には最適でしょう。

さて 大学に移りますと 通常の一つだけ専攻するのではなく 2つ専攻することも可能です。
ただし その場合 学費は当然払わなくてはなりませんが・・・。
また ディプロマと 学士号のダブル取得も大学によっては可能です。

大学を卒業すると 今度は修士号。

これがまた3種類あり 1学期で終わるのが グラデュエート・サティフィケート 2学期で終るのが グラデュエート・ディプロマで  3学期で終ってマスターズ となります。
これもまた 学部学科 大学によって異なり 1年で修士号を取れるコース 大学もあれば 2年かかるところもあり 様々です。
この修士号も一学期ずつ終えることができる学校が多いので 予算と時間があわない・・・というのであれば とりあえず 1学期だけのグラデュエート・サティフィケートをとってもいいですよね。

とまあ 複雑なオーストラリアの学位システムをご紹介しました。
少しはお役に立ったでしょうか・・。

[ブロ記者]

↓ポチッと一押し どうぞよろしく
スポンサーサイト

| オーストラリア | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/342-8d36a1c0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT