Lost in Australia 

オーストラリアから 映画と英語と暮らしのことなど 色々と

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【留学】進路決定

シェアブログ1732に投稿

シェアブログに投稿するために必要な表示です


水曜日 留学の話でした。

自分ですっかり忘れてて お土産のこと書いてました・・・。

で 留学するしかないー!と決意は固まりましたが 今度は何をするかというと 留学できる期間にあわせて どこで何を勉強するか を決めなくては。

前はオーストラリアは安い留学先 ということで 人気があったのですが 今ではとてもとても 

安い

なんて言葉はあてはまりません。

どっちかといえば 高い? 方かも。

それでも 気候は穏やかだし (しかし北国出身の私には ブリスベンの夏は暑すぎる・・・) 前より随分危険になったとはいえ それでも治安はまだまだマシ。

こちらへ来る前に会ったオーストラリア人に

「治安はどれくらいいいの?」

と質問すると

「北海道が100として アメリカを10とすると 50か60くらいかなー (ワタシじゃないです オージーが言ったんです)」

と答えていましたので まあ普通ですか。

そういうわけで 学費に加えて 生活費 家賃 光熱費 とか 女性ならお化粧品だの 色々とお金がかかったりするわけですので 帰国後を頭にいれて 予算を組まなくてはいけません。
勿論資金が潤沢にあれば そんな心配はないのですが。

それに 日本に帰るならその後の就職に役立つことを 勉強した方がいいですので そこまで考えて進路を決定したとします。

例えば

「自分はスキルはもうあるので 英語力を向上させたい」
「英語を本場で勉強してみたい」

なんて考えなら 英語学校でもいいと思います。

「針路変更したいなぁ」

という場合は 専門学校が 公立と私立であるので どちらか好きなほうを選べばいいです。
公立のTAFEだと 料金は安めだけれど期間が長い。
お休みも途中にあったりして さっさと帰って働きたい人には どちらかといえば 不向きです。

私立はその点 期間が短いし TAFEもそうですが 大学1年目が免除されるところもあるので 例えば IELTSの点数が微妙に足りないとか いきなり大学を始めるには不安がある という方には向いてるかも。

上記のどちらも 授業がそれほど難しいわけじゃないので 1年くらい何かを英語を使って勉強したい人には 一番でしょう。
卒業証書ももらえるし 一応短大卒 くらいの扱いにはなりますので 飾るものももらえます。
卒業式もちゃんとあったりします。

さて 大学ですが これは 相当大変です。
大変なのは内容もですが 金銭面でも。

昨年のことですが いわゆる文系で一年間で 13000ドルですから ほぼ130万円。
これが 例えば心理学とか 経済とかで 2000ドルくらい値上がり 法学部で 一番いいところなら 20000ドルっていうのもあったりして。
理系も同様の金額です。

そのうえ 教科書代も結構な値段。
半年というか 3ヶ月しか使わないのに 1冊150ドルとかあります。

そして 肝心の授業ですが 留学生だから といって大目にみてくれたりすることは殆どありません。
中には辞書すら使わせてくれない教官 なんてのもいます。(学校では 基本的に辞書は持ち込みOKです)
勿論成績が悪ければ 単位は貰えず さらに日本なら再試で救済されることが多いけれど ここでは成績が悪ければ 再試だろうとなんだろうと 平気で落とします・・・。

ということは 次回同じ科目を再受講する必要がある ということで それはつまり またお金を払わなくてはならない・・・ということ。
高い授業料がさらに高く。

というわけですので 本当に勉強したい人にしかお勧めできません・・・。

しかも これは聞いた話なので本当かどうかわかりませんが オーストラリア大学は アメリカやイギリスの大学より比べてレベルが低いと日本では一般には思われているそうで 実際のレベルに関係なく 一段 いや数段下に見られることも多々あるとかないとか。

ですが 環境学 海洋学 獣医学 などなど 理系は本当に充実しているし 環境も整っているので そういうことを真剣に勉強されたい方にはお勧めです。
授業は本当にタフだそうですが それはまあ 日本の理系も一緒ですので あまり変わりのないところもいい点ですね。

もう一度 繰り返しになりますが 自分に許された時間と予算 それから 留学後のキャリア を考えて 進路を決められることをお勧めします。

ただ 

「留学しました」

だけでは 今では日本ではあまり役に立たない とも聞いています。
それくらい留学 っていうのは 一般的になったんですね。
自分を差異化するのは なかなか大変・・・。

次は それぞれの教育機関について 今まで見てきて気づいたことを つらつらと書いていきたいと思います。
経験者の方からの意見もできたら うかがいたいと思いますので どうぞよろしくお願いします。

<↓ポチッと一押し よろしくお願いします>
スポンサーサイト

| オーストラリア | 16:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

大学

授業料高いんですよね~。
私も、もしかして行こうかと考えたりもしますが、このごろ歳のせいか、脳の働きが鈍いような気がします。
そして、英語。英語が怖い。

| siorin | 2007/09/20 18:48 | URL | ≫ EDIT

身にしみるお金

>昨年のことですが いわゆる文系で一年間で 13000ドルですからほぼ130万円。
どちらの大学なのかわかりませんが、UQの場合ですと、一番安い文系(人文学部系・社会学教育系)の年間最低学費は16480ドルです。同じ授業を受けた場合のHECS Studentsの年間学費は3840ドルですので、、怖いですね~・・・ 誰のおかげで新しいバス停と新しいビルができてるんだ・・

ちなみに今はわかりませんが、2006年の場合、その一番安い文系学部の学費が1教科2000ドル(つまり今年また値上げしてるんですね・・)、ビジネス・経済・法律系が2200ドル、理系だと3000ドルです・・理系ほど高いですね・・

| kyohhei_in_brisbane | 2007/09/20 22:09 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

初めまして とってもさんこうになりました
と言うのは、この夏娘がブリスベンのシャフストンカレッジにキャンプに行き 帰るなり留学すると言い出しました
知り合いのオーストラリア人の主婦にきいていますが、ご自分のお子様が通った高校以外はあまり知らないらしく 情報を探していました。
今月中に情報を集め来月 英語学校及び 高校を見に行く予定です。 ここは如何?と思われるところがありましたらぜひ教えて下さい  宜しくお願い致します。

| katsuko | 2007/09/21 09:29 | URL |

Siorinさんへ

大学 高いですよね~。
HECS使ったら安いけど 後で返却しなくちゃならないし。
Ph.D.まで行くと 政府から補助が出るそうですが ホントかな?

大学で会った方 会社のエグゼクティブでしたが Ph.D.もとる と言ってたので年齢には関係ないですよ!

| プリシラ | 2007/09/22 13:42 | URL |

Kyoheiさんへ

UQは一流大学なので お高いです。
それにしても 高すぎ。
ワタシのときは 6500でしたが それでも随分と高いなぁと思いました。
HECSは後で返却しなくてはならないそうなので 今は安くても後で困ると思います。
昔ならそれでも たいしたことない金額だったので 返却もそうは辛くなかったでしょうが UQくらいになると 留学生と在学生の差は殆どないですから・・・。

理系は日本でもそうですが 実験など設備費が必要ですよね。
実験室やラボ ラボの機器など。
それに比べて文系は講義室さえあれば大抵賄えるので安いわけです。

親孝行するなら文系ですね。

| プリシラ | 2007/09/22 13:45 | URL |

Katsukoさんへ

はじめまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

英語学校ですが 高校まで進学なさることをお考えでしたら 私立の高校で英語学校付属のところが何件かあります。
知っているところですと Bald Hillsというところに一校ありますが 英語の成績が基準に達しないとなかなか高校生になれません・・・。

後は 高校同士で提携していて 一年間の交換留学をしているところもあります(ワタシの高校もそうでした)。
なので お嬢さんの高校でもしかしたらそういうシステムもあるかもしれませんので 問い合わせてみてもよいかと思います。
学校同士で提携しているなら きちんとしたところだし 苦情があった場合も 連絡をつけやすいからです。
エージェントを介すると エージェントの質にもよりますが 苦情をきちんと伝えないこともありますので・・・。実際 働いていたエージェントさんで 他のエージェントさんが放りっぱなしにしてた生徒さんの親御さんから連絡が入って どうにかしてくれ と なき疲れてこともありました。他のエージェントさんなので どうすることもできず とにかく親御さんに直接学校と連絡を取るように勧めることしかできませんでしたが。

知っている生徒さんは 日大関係でIndroopillyの州立高校に通っていましたが とても楽しく過ごされていました。
Katuskoさんのお嬢さんも楽しい生活が送れるといいですね。

何か知り合いから情報がありましたら お伝えしますね。

| プリシラ | 2007/09/22 13:52 | URL |















非公開コメント

http://queenofthedesert.blog72.fc2.com/tb.php/331-1d6ccc64

PREV | PAGE-SELECT | NEXT